知ってる?第二新卒であることのメリットとデメリット

第二新卒になると不安や疑問がたくさん出てくると思います。例えば、「前の会社をすぐに辞めてしまったんだけど、転職は出来るのか?」とか、「第二新卒には利点があるのか?」とか。

 

こればっかりは実際に第二新卒をやってみないことには分かりません。そこで今回は、公務員を4ヶ月で辞めて第二新卒になった私が感じた、第二新卒のメリット・デメリットを紹介していきます。

 

最後まで読み進めれば、第二新卒の初歩的な疑問は解消されると思うので、是非参考にしてみてください。

Sponsored Link

第二新卒のデメリット

まずは第二新卒であることのデメリットを確認していきます。すでに知っている内容もあるとは思いますが、お付き合いください。

“すぐに会社を辞めた”というレッテルを貼られる

第二新卒というのは、新卒時に入社した会社を数ヶ月から数年の間に辞めてしまった人のことを言います。

何歳までを「第二新卒」と呼ぶのか?

 

そのため、どこの企業の面接に行っても“会社をすぐに辞めた人間”として見られます。これが第二新卒の厳しい現実です。当然のことながら退職理由も高確率で聞かれます。

 

私が第二新卒になった時も、退職理由を考えるのが大変でした。

第二新卒の面接における退職理由7つの例文

大手企業に転職するのは難しい

一度第二新卒になってしまうと、「大手企業に転職したい!」と思ってもなかなか難しいです。

 

そもそも大手企業には、新卒採用社会人経験を3年以上積んだ中途採用しか設けてないところも多いので、第二新卒では大手に転職できない場合もあるのです。

 

実際、私がリクナビNEXTで転職活動を始めた時も、大手企業への選考受付を断られたことがあります。この時はメールでお断りの案内が届きました。

 

また、第二新卒者が選考を行っても、ライバルとして立ちはだかるのはたくさんの新卒者です。大手企業は誰からも人気があり、高学歴な人材も集まるので、その中を勝ち抜くためにはそれ相応の魅力がなければなりません。

 

そうした理由から、第二新卒の人は特別なスキル・資格・魅力がない限り、高望みできないんだと理解しておきましょう。

第二新卒が大手企業を目指すのは無理?厳しい2つの理由

社会人としての能力は低いと捉えられる

前の会社を1年以上続けていれば別ですが、1年以内で会社を辞めてしまった第二新卒は、面接官から“社会人としての能力はまだ低い”と捉えられることがあります。

 

実際、集団面接の場で隣にいた人が面接官から「会社に勤めたのが6ヶ月じゃあ、まだ仕事というものがどんなものか分かってないよね?」と言われていました。

 

このように第二新卒は、社会人経験のない新卒のようなイメージをもたれることも少なくないのです。

第二新卒のメリット

「第二新卒にメリットなんかないんじゃないか?」と不安に思っている人もいるかもしれませんが、実はメリットもあるのです。それぞれ見ていきましょう。

若いから採用されやすい

第二新卒のメリットは、その若さにあります。

 

「40代にもなると転職は難しい」なんて言葉を聞いたことはあると思いますが、これは20代の人にも関係しています。どういうことかというと、転職の場においては40代よりも30代が転職しやすく、さらに30代よりも20代のほうが圧倒的に転職しやすいのです。

 

なぜ若い人材が重宝されるのか?その理由は費用対効果にあります。企業からすると、若い人材を採用して仕事を教え込めば、年齢の高い人より長い期間会社へ利益を生んでくれます。また、すぐに仕事を覚えられる柔軟な頭も持ち合わせています。どう考えても若い人材を採用したほうが企業にとってお得なのです。

内定後すぐに働ける

新卒と違って第二新卒が内定をもらうと、比較的早く入社することになります。新卒のように4月入社ではないのです。だから形としては中途採用と同じです。私の場合は内定をもらってから約1ヶ月で入社しました。

 

このように、第二新卒にはすぐ働けるという特徴があるので、「すぐに人材が欲しい!」と思っている人材不足の中小企業に需要があります。中小企業といっても、ホワイトな優良企業も多いので、そういった会社を探すとライバルも少なく内定を獲得しやすいです。

第二新卒専用の求人サイトが使える

第二新卒のような20代しか登録できない求人サイトがあります。

 

私は『就職Shop』を利用しましたが、専属アドバイザーさんが模擬面接を行ってくれたり、直接企業と連絡を取って選考の日程決めをしてくれたりしたので非常に助かりました。

 

アドバイザーさんと一緒に転職活動を行うタイプは、様々なサポートを無料で受けられるのでとても心強かったです。

20代の若者向け求人サイト

まとめ

ではメリット・デメリットを改めてまとめてみましょう。

 

【第二新卒のデメリット】

  • “すぐに会社を辞めた”というレッテルを貼られる
  • 大手企業に転職するのは難しい
  • 社会人としての能力は低いと捉えられる

 

【第二新卒のメリット】

  • 若いから採用されやすい
  • 内定後すぐに働ける
  • 第二新卒専用の求人サイトが使える

 

第二新卒が転職活動をする時に大事なのは、自分の身の丈にあった企業を探すことです。これは、決して「ブラック企業に入れ」と言っているわけではなく、「中小企業の偏見を無くせ」ということです。

 

中小企業の中にはとても優秀な会社があるにも関わらず、未だに偏見を持って「中小企業はブラックだ!」「中小企業に入ったら終わりだ」と考えている人がいるようです。このような考えではいつまでも自分に適した企業を探し当てることは出来ません。

 

事実、現在正社員として働いている人の6割は中小企業のサラリーマンだと言われています。

 

これから第二新卒として転職活動を始めるのであれば、自分の能力・スキルをよく考えた上で、企業探しを行いましょう。

【保存版】大きな差がつく求人サイトの使い方とは?

リクナビNEXTで希望の企業像を絞る

「どんな企業に就職したいですか?」

この質問に答えられないようなら、リクナビを使って興味ある業界の求人を片っ端から見ていきましょう。

「○○に貢献したい」「週休2日制は譲れない」などのように、具体的な希望を言えるようになって、初めて理想的な企業への就職が近づきます。

無知は罪なり!

>>リクナビNEXT<<

ミイダスで自分の市場価値を客観視する

仕事の経験が全くない人が大手企業の選考ばかり受けて、無事に就職できるでしょうか?答えはNoです。

このように、自分の市場価値が客観的に理解できてない人は、永遠に的外れな企業に応募し続けることになり、やがて就活意欲がそがれてしまいます。

ミイダスには200万人以上のデータ、7万人以上の転職事例があります。自分と似た立場の人を見つけ、客観的に自分の価値を判定してみましょう。

「どんな企業にチャレンジできるのか?」「どの程度の年収が見込めるのか」など、目安が分かります。

>>MIIDAS(ミイダス)<<

就職Shopで希望を伝え、求人を紹介してもらう

就職Shopは、リクナビでお馴染みの大手人材紹介会社「リクルートキャリア」による若者向け転職エージェントです。

18~29歳までしか利用できませんが、その分、若者を採用したがっている求人にアプローチすることが可能です。

すべての求人の企業が訪問取材済み、利用も完全無料。求人なくして就活は成り立たないので、まずはどんな求人があるのか紹介してもらいましょう。

>>就職Shop<<

第二新卒エージェントneoも並行して利用

第二新卒エージェントneoは、第二新卒以外にも、社会人経験のない既卒、フリーター、ニート、大学中退、高卒など、18~28歳の若者が利用可能です。

最大2時間の初回面談ではキャリアプランなどを練ってくれ、1人10時間の手厚いサポートで内定までをアシストしてくれます。

複数の人材紹介会社でサポートを受けることによって、多角的に求人を紹介してもらえ、可能性が広がり、より希望に近い求人を探すことができます。

納得のいく就職活動をするためにも、人材紹介会社は2~3社は利用するようにしましょう。

>>【第二新卒エージェントneo】<<

関東の求人に強いハタラクティブも利用する

もし関東で求人を探そうと考えているのなら、ハタラクティブも使ってみましょう。

ハタラクティブは関東周辺の求人を主に扱っています。逆に地方の求人は少ないので、利用が向いていない人もいます。

ニート、高卒の支援実績も多いので、自分にPRポイントがなく、自信がない人でも頼ることができます。

まずは気軽に、面談だけでもしてみましょう。

>>ハタラクティブ<<

 

1つの求人サイトだけで就職活動をすると、必ず偏りが出てきてしまいます。自分の将来のためにも、便利なサービスは複数利用していきましょう。

第二新卒
Sponsored Link
転職のお兄さんをフォローする
就活ガッツ