第二新卒には合同説明会よりも人材紹介会社が向いている

第二新卒になると、どこで求人を探せばいいのか迷ってしまうことはありませんか?合同説明会に行くべきなのか、それともハローワークに行くべきなのか、はたまた人材紹介会社へ行くべきなのか…。

 

新卒の場合は、定番のリクナビ・マイナビを利用したり、合同企業説明会に参加にして求人を探せばいいのですが、第二新卒にとってはどんな方法が定番なのか分からないですよね。

 

そこで、このページでは第二新卒の状態から転職に成功した私の体験から、どんな方法で転職活動を進めていけばいいのかを簡単に解説していきたいと思います。すでにこのページのタイトルが「第二新卒には合同説明会よりも人材紹介会社が向いている」なので、ある程度内容が予想できてしまっているかと思いますが、お付き合いください。

Sponsored Link

第二新卒は合同説明会に向いていない

私は、第二新卒は合同企業説明会に向いていないと考えています。なぜなら、合同説明会に参加して一方的に会社の人事の方から話を聞いても、客観的な視点で会社を見ることは出来ないからです。

 

合同説明会では基本的に、会社は入社した時のメリットしか話しません。例えば、「従業員は若者が多くて非常に元気がいい」「業界ナンバーワン」「うち会社にしかこの技術はない」など。これらの話が本当かどうかは、実際に入社してみないと結局分からないのです。

 

一方的に話を聞くだけなら、ホームページや紙面で求人情報を読むのとさほど変わりません。要するに、合同説明会に行くのも求人情報をただ読むのも、客観的に会社を見ることが出来ない点で同じです。

 

すると、転職に焦っている第二新卒の人などは、会社が提示した好条件(メリット)に安易に飛びつき、転職後に「やっぱりこの会社は自分には合わない…」と後悔することになりかねないのです。

第二新卒は人材紹介会社に向いている

第二新卒のほとんどは、次こそ自分に合った会社へ就職したいと思っているはずです。ちなみに私は前の職場を人間関係で辞めているので、絶対に失敗したくありませんでした。

 

そのような場合は、独断で会社を選ぶのではなく、第三者の考え・意見を利用したほうが現実的です。例えば第三者というのは、人材紹介会社の専属アドバイザーさんハローワークの職員ジョブカフェの職員などです。

 

ただ、その中でも人材紹介会社の専属アドバイザーさんは、営業の一環として実際に求人を出してくれている企業に出入りしているので、会社内部の様子(社風)をよく把握しています。私が『就職Shop』を使っていた時の専属アドバイザーさんは、「この会社は体育会系の営業部長がいるよ」「従業員は理系でおとなしめの人が多かったよ」などと教えてくれました。

 

このように、人材紹介会社はただ求人情報を探すためだけではなくて、気になる会社を第三者目線で客観的に知るためにも活用できます。そのため、慎重に、かつ、的確に会社の情報が知りたいのであれば、合同説明会に行くよりも人材紹介会社へ行って話を聞いたほうが圧倒的に有益なのです。

まとめ

別に合同説明会が絶対的に悪いというわけではありません。行かないより行ったほうが、どんな会社が第二新卒を求めているのか分かるので勉強になると思います。ただ、企業からの一方的な情報だけで判断を下してしまうのは危険だと思っているのです。

 

私が第二新卒になった時は、リクナビNEXTで大手に応募して門前払いされたり、ハローワークへ行って失望した経験があります。また、他にも辛い思いや漠然とした不安な気持ちになったことも多々あります。だからこそこれから新たな未来を掴もうとしている第二新卒の人たちには失敗をしてほしくありません。

 

現在は第二新卒にとって便利なサービスがたくさんあるので、少しでも自分の転職活動が有利になるように活用していってください。

20代の若者向け人材紹介会社

【保存版】大きな差がつく求人サイトの使い方とは?

リクナビNEXTで希望の企業像を絞る

「どんな企業に就職したいですか?」

この質問に答えられないようなら、リクナビを使って興味ある業界の求人を片っ端から見ていきましょう。

「○○に貢献したい」「週休2日制は譲れない」などのように、具体的な希望を言えるようになって、初めて理想的な企業への就職が近づきます。

無知は罪なり!

>>リクナビNEXT<<

ミイダスで自分の市場価値を客観視する

仕事の経験が全くない人が大手企業の選考ばかり受けて、無事に就職できるでしょうか?答えはNoです。

このように、自分の市場価値が客観的に理解できてない人は、永遠に的外れな企業に応募し続けることになり、やがて就活意欲がそがれてしまいます。

ミイダスには200万人以上のデータ、7万人以上の転職事例があります。自分と似た立場の人を見つけ、客観的に自分の価値を判定してみましょう。

「どんな企業にチャレンジできるのか?」「どの程度の年収が見込めるのか」など、目安が分かります。

>>MIIDAS(ミイダス)<<

就職Shopで希望を伝え、求人を紹介してもらう

就職Shopは、リクナビでお馴染みの大手人材紹介会社「リクルートキャリア」による若者向け転職エージェントです。

18~29歳までしか利用できませんが、その分、若者を採用したがっている求人にアプローチすることが可能です。

すべての求人の企業が訪問取材済み、利用も完全無料。求人なくして就活は成り立たないので、まずはどんな求人があるのか紹介してもらいましょう。

>>就職Shop<<

第二新卒エージェントneoも並行して利用

第二新卒エージェントneoは、第二新卒以外にも、社会人経験のない既卒、フリーター、ニート、大学中退、高卒など、18~28歳の若者が利用可能です。

最大2時間の初回面談ではキャリアプランなどを練ってくれ、1人10時間の手厚いサポートで内定までをアシストしてくれます。

複数の人材紹介会社でサポートを受けることによって、多角的に求人を紹介してもらえ、可能性が広がり、より希望に近い求人を探すことができます。

納得のいく就職活動をするためにも、人材紹介会社は2~3社は利用するようにしましょう。

>>【第二新卒エージェントneo】<<

関東の求人に強いハタラクティブも利用する

もし関東で求人を探そうと考えているのなら、ハタラクティブも使ってみましょう。

ハタラクティブは関東周辺の求人を主に扱っています。逆に地方の求人は少ないので、利用が向いていない人もいます。

ニート、高卒の支援実績も多いので、自分にPRポイントがなく、自信がない人でも頼ることができます。

まずは気軽に、面談だけでもしてみましょう。

>>ハタラクティブ<<

 

1つの求人サイトだけで就職活動をすると、必ず偏りが出てきてしまいます。自分の将来のためにも、便利なサービスは複数利用していきましょう。

第二新卒
Sponsored Link
転職のお兄さんをフォローする
就活ガッツ