第二新卒がUターン転職するために出来ること

生まれ故郷から遠く離れた場所で就職すると心細いものです。私も一時期、出身の東京から愛知へ転勤していたことがありますが、友人とも離ればなれになってしまい、家族とも会えなくなってしまったので、不安だらけでした。

 

また、「今の会社の勤務体制に不満があって、やっぱり地元に戻って再就職したい」「家の事情があるからUターン転職したい」と考えている人もいるでしょう。

 

そこで、今回は第二新卒として転職を経験したことのある私が、Uターン転職するための方法や注意点を紹介していきたいと思います。転職するにも様々な方法があるので、あなたに一番合うものを探してみてください。

Sponsored Link

Uターン転職の準備として出来ること

転職には多少のリスクが付き物ですから、しっかりと準備をしなければなりません。その準備とは転職先のリサーチです。

 

Uターン転職をしたいのであれば、まず、これから帰る地元に求人を募集している会社が無ければいけません。これは絶対条件です。「Uターンしたはいいけど自分に合った会社が見つからない…」なんて事態は避けなければならないのです。

 

では、転職先のリサーチ方法を以下に紹介していきます。

求人数の多い転職サイトで地元の企業を調べる

一番手っ取り早くて簡単なのが、求人数の多い転職サイトに登録し、実際に会社を調べてみることです。

 

就活ガッツリクナビネクストHP画像

 

例えば、リクルートが運営している「リクナビNEXT」は非常に有名な求人サイトなので、たくさんの企業が利用します。そのため、地元の求人も見つけやすいのです。実際に登録してみて自分の希望に近い企業があるかどうか探してみましょう。

公式サイト⇒リクナビNEXT

ハローワークで地元の求人を探す

近くにハローワークがあれば、足を運んで求人を調べてみる方法もあります。どんな企業でも無料で求人情報を掲載できるので、ブラック企業が入り込んでいる可能性も高いですが、それだけ多くの企業が利用しています。

 

就活ガッツハローワークHP画像

 

ただ、私も一度ハローワークを利用したことがありますが、求人を探す時に使うデータベースのシステムが古く、非常に画面が見づらくて扱いにくかったです。なので、リクナビ等の求人サイトで思うように求人が見つからなかった時に使えばいいと思います。

公式サイト⇒ハローワーク

地元のジョブカフェを利用する

ジョブカフェとは、経済産業省が運営する国の機関で、正式名称は「若年者のためのワンストップサービスセンター」と言います。簡単に言えば、若者向けの就職支援サービスのことです。

 

例えば、以下の動画は東京のジョブカフェ「東京しごとセンター」のものです。

 

 

ジョブカフェは地元に根付いた就職支援を行ってくれるので、Uターン転職を希望しているなら理想の支援を受けることが出来ると思います。ちなみに、ジョブカフェの対象年齢は基本15~34歳となっています(各地により多少の変動有)。

 

休日などを利用して地元のジョブカフェを利用してみると、貴重な情報が手に入るかもしれません。

公式サイト⇒ジョブカフェ

面談が行える求人サイトを利用する

今は「リクナビNEXT」のような、ただ登録して自分で求人情報を探すタイプの求人サイトのほかに、専属アドバイザーさんと面談を重ねながら求人情報を探すタイプの求人サイトもあります。なんというか、ジョブカフェに似ています。

 

 

例えば、「ジェイック」は、全国規模で求人を扱っているので、多くの人が使いやすいです。求人は中小企業の紹介がメインですが、「若者が欲しい!」と言っている企業ばかりなので転職がスムーズに行きます。

公式サイト⇒ジェイック

Uターン転職する時の注意点

Uターン転職にもいくつか注意点があります。以下を読んで確認していきましょう。

将来性のある企業に出会えるか分からない

現在の日本は地方の過疎化が進んでおり、大きな企業は必然的に都心に集まるようになっています。実際は国もこうした状況に危機感を感じており、地方に進出する企業には色々な待遇を用意しているようですが、それでもまだ一極集中の状態は改善されていません。

 

そのため、Uターン転職をするにも、将来性・成長性の見込める会社があるかどうかは分かりません。今の会社を辞める前に、よく考えましょう。

第二新卒は不利な立場であることを認識する

第二新卒は数ヶ月から数年で会社を退職した人のことを指しますが、やはりすぐに会社を辞めている人はどこの企業からも警戒されます。私が転職活動をしていた時は、必ず面接官から退職理由を聞かれました。

第二新卒の面接における退職理由7つの例文

 

第二新卒者は自分の立場をわきまえた上で、上記で紹介したサービス・機関をフル活用していくべきです。普通の転職活動と同等に考えていると、厳しい現実を突き付けられます。

まとめ

Uターンする場所にもよりますが、地方に戻るということは、都心に比べて必然的に求人が減ります。だからこそ、人一倍準備に時間をかけたほうがいいと思っています。

 

転職には「将来どうなるか分からない…」という不安が当たり前のようにありますが、戦略的に準備を行うことで成功率を格段に上げることは可能です。

 

自分が出来そうなもの、簡単そうなものから少しずつ始めていってください。

【保存版】大きな差がつく求人サイトの使い方とは?

リクナビNEXTで希望の企業像を絞る

「どんな企業に就職したいですか?」

この質問に答えられないようなら、リクナビを使って興味ある業界の求人を片っ端から見ていきましょう。

「○○に貢献したい」「週休2日制は譲れない」などのように、具体的な希望を言えるようになって、初めて理想的な企業への就職が近づきます。

無知は罪なり!

>>リクナビNEXT<<

ミイダスで自分の市場価値を客観視する

仕事の経験が全くない人が大手企業の選考ばかり受けて、無事に就職できるでしょうか?答えはNoです。

このように、自分の市場価値が客観的に理解できてない人は、永遠に的外れな企業に応募し続けることになり、やがて就活意欲がそがれてしまいます。

ミイダスには200万人以上のデータ、7万人以上の転職事例があります。自分と似た立場の人を見つけ、客観的に自分の価値を判定してみましょう。

「どんな企業にチャレンジできるのか?」「どの程度の年収が見込めるのか」など、目安が分かります。

>>MIIDAS(ミイダス)<<

就職Shopで希望を伝え、求人を紹介してもらう

就職Shopは、リクナビでお馴染みの大手人材紹介会社「リクルートキャリア」による若者向け転職エージェントです。

18~29歳までしか利用できませんが、その分、若者を採用したがっている求人にアプローチすることが可能です。

すべての求人の企業が訪問取材済み、利用も完全無料。求人なくして就活は成り立たないので、まずはどんな求人があるのか紹介してもらいましょう。

>>就職Shop<<

第二新卒エージェントneoも並行して利用

第二新卒エージェントneoは、第二新卒以外にも、社会人経験のない既卒、フリーター、ニート、大学中退、高卒など、18~28歳の若者が利用可能です。

最大2時間の初回面談ではキャリアプランなどを練ってくれ、1人10時間の手厚いサポートで内定までをアシストしてくれます。

複数の人材紹介会社でサポートを受けることによって、多角的に求人を紹介してもらえ、可能性が広がり、より希望に近い求人を探すことができます。

納得のいく就職活動をするためにも、人材紹介会社は2~3社は利用するようにしましょう。

>>【第二新卒エージェントneo】<<

関東の求人に強いハタラクティブも利用する

もし関東で求人を探そうと考えているのなら、ハタラクティブも使ってみましょう。

ハタラクティブは関東周辺の求人を主に扱っています。逆に地方の求人は少ないので、利用が向いていない人もいます。

ニート、高卒の支援実績も多いので、自分にPRポイントがなく、自信がない人でも頼ることができます。

まずは気軽に、面談だけでもしてみましょう。

>>ハタラクティブ<<

 

1つの求人サイトだけで就職活動をすると、必ず偏りが出てきてしまいます。自分の将来のためにも、便利なサービスは複数利用していきましょう。

第二新卒
Sponsored Link
転職のお兄さんをフォローする
就活ガッツ