第二新卒を採用してくれる企業の特徴

新卒で入社した企業を3年以内に辞めてしまい、第二新卒となってしまうと、次はどうやって就職すればいいのか分からないですよね?

 

「新卒の人たちと同じように就職活動をすればいいのか…?」

「中途採用枠で就活をすればいいのか…?」

「そもそも第二新卒を採用してくれる企業などあるのだろうか…?」

 

いったい、第二新卒はどんな方法で自分に合った企業を探せばいいのでしょうか?今回は、第二新卒を経験した私が、第二新卒にふさわしい企業探しの方法を紹介していきたいと思います。

Sponsored Link

第二新卒を採用してくれる企業の特徴

企業にも色々な種類があります。

 

大手企業のように、たくさんの新卒が選考を受けにくるような人気企業。ベンチャー企業のように、若いうちから自分の実力を試せるチャレンジ企業。中小企業のように、目立たない存在だけれども日本の技術を下支えしている縁の下の力持ち企業。

 

そして、第二新卒を採用してくれる企業は、ベンチャー企業や中小企業が多いです。

 

なぜなら、どれだけ優秀な事業をしていても、知名度がない分、新卒が集まらず、常に人材不足気味だからです。また、たとえ新卒に内定を出しても、内定辞退をされてしまう可能性がとても高いのです。

 

すると、第二新卒のように、内定を出してあげたらすぐに働き始めることが出来る人材を採用したほうが効率的。

 

ですので、第二新卒が転職活動をする時は、大手企業を狙うよりも、ベンチャーや中小企業を中心に職探ししたほうが早く転職することが出来ます。

第二新卒を採用してくれる企業の探し方

第二新卒が企業を探すにしても、自分1人では膨大な数の企業の中から自分にマッチした企業を探し出すのは至難の業です。

 

私も、最初は新卒が就活をするかのように、リクナビNEXTを使ってなんとなくで企業を探していました。ですが、求人情報の文面だけだと、企業の本当の姿を知ることは難しいんですよね。何が本音なのか分かりませんから。

 

私の場合、選考の応募をしても、1ヶ月後にお断りメールが届いたことがあります。この時はショックでしたし、「なぜ返信にこんなに時間がかかったんだ?この企業は誰かを採用する気があるのか?」と疑いました。

 

ではいったいどうやって第二新卒にふさわしい企業を探せばいいのでしょうか?

 

答えは、若者だけが使える人材紹介会社を使うことです。

 

 

例えば、就職Shopのような人材紹介会社は、若者だけを支援しており、扱っている求人も若者を積極採用する企業ばかりなので、とてもマッチングがしやすくなっています。

 

また、どの企業にも取材をしていて、最低限の福利厚生を備えた優良企業なので、ブラック企業に当たることはほぼありません。店舗も全国にありますから、転職に失敗したくない人は是非使ってみましょう。

公式サイト⇒就職Shop

まとめ

私が第二新卒の時は、リクナビNEXTのように自分1人で転職活動をする求人サイトを利用したり、ハローワークに通ってみたりしました。

 

しかし、どれも自分にあった転職方法ではありませんでした。ハローワークなんて、どの年代の人も使えて、求人は無料で掲載できるのでブラック企業も混ざっていますからね。アピールできる社会人スキルがない第二新卒にとっては厳しい環境なんです。

 

なので、第二新卒は自分にとって有利な環境で戦っていくことをおすすめします。

【保存版】大きな差がつく求人サイトの使い方とは?

リクナビNEXTで希望の企業像を絞る

「どんな企業に就職したいですか?」

この質問に答えられないようなら、リクナビを使って興味ある業界の求人を片っ端から見ていきましょう。

「○○に貢献したい」「週休2日制は譲れない」などのように、具体的な希望を言えるようになって、初めて理想的な企業への就職が近づきます。

無知は罪なり!

>>リクナビNEXT<<

ミイダスで自分の市場価値を客観視する

仕事の経験が全くない人が大手企業の選考ばかり受けて、無事に就職できるでしょうか?答えはNoです。

このように、自分の市場価値が客観的に理解できてない人は、永遠に的外れな企業に応募し続けることになり、やがて就活意欲がそがれてしまいます。

ミイダスには200万人以上のデータ、7万人以上の転職事例があります。自分と似た立場の人を見つけ、客観的に自分の価値を判定してみましょう。

「どんな企業にチャレンジできるのか?」「どの程度の年収が見込めるのか」など、目安が分かります。

>>MIIDAS(ミイダス)<<

就職Shopで希望を伝え、求人を紹介してもらう

就職Shopは、リクナビでお馴染みの大手人材紹介会社「リクルートキャリア」による若者向け転職エージェントです。

18~29歳までしか利用できませんが、その分、若者を採用したがっている求人にアプローチすることが可能です。

すべての求人の企業が訪問取材済み、利用も完全無料。求人なくして就活は成り立たないので、まずはどんな求人があるのか紹介してもらいましょう。

>>就職Shop<<

第二新卒エージェントneoも並行して利用

第二新卒エージェントneoは、第二新卒以外にも、社会人経験のない既卒、フリーター、ニート、大学中退、高卒など、18~28歳の若者が利用可能です。

最大2時間の初回面談ではキャリアプランなどを練ってくれ、1人10時間の手厚いサポートで内定までをアシストしてくれます。

複数の人材紹介会社でサポートを受けることによって、多角的に求人を紹介してもらえ、可能性が広がり、より希望に近い求人を探すことができます。

納得のいく就職活動をするためにも、人材紹介会社は2~3社は利用するようにしましょう。

>>【第二新卒エージェントneo】<<

関東の求人に強いハタラクティブも利用する

もし関東で求人を探そうと考えているのなら、ハタラクティブも使ってみましょう。

ハタラクティブは関東周辺の求人を主に扱っています。逆に地方の求人は少ないので、利用が向いていない人もいます。

ニート、高卒の支援実績も多いので、自分にPRポイントがなく、自信がない人でも頼ることができます。

まずは気軽に、面談だけでもしてみましょう。

>>ハタラクティブ<<

 

1つの求人サイトだけで就職活動をすると、必ず偏りが出てきてしまいます。自分の将来のためにも、便利なサービスは複数利用していきましょう。

第二新卒
Sponsored Link
転職のお兄さんをフォローする
就活ガッツ