20代なら大丈夫!スキルなし職歴なしの無職が就職を成功させる方法

「もう20代後半…、職歴がない人って企業に採用されるの…?」

「スキルがないと雇ってくれるところなんてないんじゃ…」

「自分が働いてる姿が想像できない…、働ける自信がない…」

 

これまで働いた経験がなく、資格もスキルもないような人は、正直言って就職するのは難しいです。なぜなら、企業が人を採用する時は、常に有能な人材を確保しようと必死だからです。

 

大手企業には偏差値の高い大学出身者が多い傾向にありますし、人材は30代よりも可能性の高い20代が好まれます(若い人材が有利)。

 

なので、長年無職をしていた人がちょっとした努力で就職できるほど、世の中は甘くないんです。

 

だからといって、就職を諦める必要はありません。というのも、職歴に傷を負った私でも1ヶ月で転職できるようなサービスが存在しているからです。

 

そこで今回は、スキルなし職歴なしの人でも就職できる方法を、私の体験談を交えながら紹介していきたいと思います。就職活動をする時に心掛けたいコツなども解説しているので、是非参考にしてみてください。

Sponsored Link

スキルなし職歴なしの無職が就職を成功させる方法

20代のうちに就職することが重要だと思っている

私は、20代のうちに就職することがとても重要だと思っています。その理由は、実際に20代で転職経験をして、20代であることの重要性を強く感じたからです。

 

まず、20代専門の就職サイトがあることが、20代の需要の高さを物語っています。

 

また、私が就職サイトを利用し、アドバイザーから求人を紹介してもらっている時、人材不足に困っている企業が山ほどあることを知りました。そして、これらの企業は少しでも若い人材を欲していました。若いほうが長く働いてくれますし、適応力もありますから。

 

これが30代・40代になると、自分流のやり方が染みついていたり、柔軟性も衰えているので、面接官から敬遠されやすくなるのです。

 

だから、少しでも若いうちに(20代で)就職することが望ましいです。

ビジネスマナーを知っていると強みになる

たとえスキルや職歴がなくとも、20代というだけで、それは就職活動をする上で大きなアドバンテージになります。

 

ただこれだけでは、30代・40代には勝てても、同じ年代の人と比較された時に面接で負けてしまいます。

 

例えば、私は新卒で就いた職を4ヶ月で辞めていますが、転職活動をした時、たった4ヶ月の職業経験がアピール材料になりました。

 

若い人材が面接でよく聞かれる質問の1つに、「社会人マナーは大丈夫?」があります。この質問の意図は、「入社した時に最低限のマナー研修は省いても大丈夫か?」です。具体的にマナーとは、名刺交換や電話対応のことを指しています。

 

実際、マナーができる人材かどうかによって、面接官の受け取り方は大きく異なりました。マナーが分かっているだけで、面接官はかなり安心してくれたんです。

 

資格や専門的なスキルをすぐに取得することはできなくても、現在、最低限の社会人マナーを習得することは簡単です。人材紹介会社の中には、ビジネスマナーを教えてくれるところもありますから。

 

ただし、ハローワークの職業訓練は研修期間が2ヶ月~2年(多いのは3ヶ月、半年)と長いので、早く就職したい人はやめておいたほうがいいかもしれません。

自分の立場に合った就職サイトを探して使う

自分の立場に合った就職サイト選びはかなり大切だと思っています。

 

先ほど私は「20代専門の就職サイトがある」と言いましたが、あなたが20代であるなら真っ先にこれらの就職サイトを使ったほうが良いです。

 

【20代専門の就職サイト】

  • ハタラクティブ
  • ジェイック(JAIC)
  • いい就職.com
  • マイナビジョブ20’s
  • Re就活
  • 就職Shop
  • 第二新卒ナビ

など

 

ただ、今は本当に多くの就職サイトがあり、どれを選べばいいのか迷ってしまうと思います。私も転職活動を始めたばかりの頃は、何を使えばいいのか分からず翻弄されていました。

 

でも今ならそれぞれの違いが分かるので、自分の立場に適したサイトを選ぶことが可能です。

 

もし私がスキルも職歴もない20代ニートで、スムーズに就職したい場合は、ジェイック(JAIC)を利用します。

公式サイト⇒ジェイック

 

なぜジェイックを選ぶかというと、無料の就職講座が無条件でついており、たった10日間で最低限のビジネスマナーが習得できるからです。求人を紹介するだけではないところが大きな魅力となっています。

 

ちなみに、他の就職サイトではビジネスマナー講座などは行っていません。

 

普通に考えると、働いた経験がないのにいきなり就職するなんて、不安だらけではないでしょうか?私なら、社会人スキルが何もない状態で社会に放り出され、基礎がガタガタの状態でよく分からない業務に取り組むなんて、心が折れます。

 

もちろん、新卒のように同期がたくさんいれば気持ちは楽だと思いますが、中途半端な時期に就職するとなると、同期なんて居ても1人くらいです。

 

そう考えると、スキルや職歴のない人は、就職すること以外に、スムーズに社会に溶け込める方法も考えていくべきだと思います。

過去のことは具体的ポジティブでかき消す

誇れるようなスキルがない…、職歴もない…。こういった人がとても困る面接の質問があります。それは「これまで何をしていましたか?」です。

 

「公務員になるためにずっと勉強をしていた」「アルバイトをしていた」など、面接官が納得しやすいエピソードがあればいいです。しかし、何もしておらずただただニートを続けていたような人は、なんて答えればいいのか悩むところです。

 

そういった場合は、具体的なポジティブ発言で危機を回避するのが無難です。

 

例えば、「正直なところ、これまでは自分が何をしたいのかよく分からず、就職をしないままここまで来てしまいました。しかし、次第に“親を安心させたい”という思いや、“自分の力を試してみたい”という思いが強くなりました。そんな時にテレビで〇〇を知り、私も〇〇といったことに貢献したいと思い、御社を志望しました」のように。

 

過去のネガティブなことは無難に受け流し、「自分は具体的に何をしたいのか(信念)」「なぜそれをしたいと思ったのか?(具体的な理由)」などポジティブ要素は具体性を増し、企業に合うように作っていきます

⇒『頻出必至!面接官が問う定番の質問50選

 

問われたことだけにシンプルに答えることも1つの手ですが、私は、すべての質問をアピールチャンスだと思い、面接に臨んでいました。

まとめ

長くなりましたが、上記のアドバイスを活用すれば、少しは就職できる可能性がアップすると思います。

 

また、私の経験上、ハローワークに頼るよりも営利目的で運営されている就職サイト(人材紹介会社)を利用したほうが、サポートの質が高いと感じました。求人についても、就職サイトの場合は、企業が求人情報を載せるのに費用がかかりますから、ブラック企業は少ない印象でした。

 

ぜひ、自分が気に入ったものを積極的に利用してみてください。

公式サイト⇒ジェイック

【保存版】大きな差がつく求人サイトの使い方とは?

リクナビNEXTで希望の企業像を絞る

「どんな企業に就職したいですか?」

この質問に答えられないようなら、リクナビを使って興味ある業界の求人を片っ端から見ていきましょう。

「○○に貢献したい」「週休2日制は譲れない」などのように、具体的な希望を言えるようになって、初めて理想的な企業への就職が近づきます。

無知は罪なり!

>>リクナビNEXT<<

ミイダスで自分の市場価値を客観視する

仕事の経験が全くない人が大手企業の選考ばかり受けて、無事に就職できるでしょうか?答えはNoです。

このように、自分の市場価値が客観的に理解できてない人は、永遠に的外れな企業に応募し続けることになり、やがて就活意欲がそがれてしまいます。

ミイダスには200万人以上のデータ、7万人以上の転職事例があります。自分と似た立場の人を見つけ、客観的に自分の価値を判定してみましょう。

「どんな企業にチャレンジできるのか?」「どの程度の年収が見込めるのか」など、目安が分かります。

>>MIIDAS(ミイダス)<<

就職Shopで希望を伝え、求人を紹介してもらう

就職Shopは、リクナビでお馴染みの大手人材紹介会社「リクルートキャリア」による若者向け転職エージェントです。

18~29歳までしか利用できませんが、その分、若者を採用したがっている求人にアプローチすることが可能です。

すべての求人の企業が訪問取材済み、利用も完全無料。求人なくして就活は成り立たないので、まずはどんな求人があるのか紹介してもらいましょう。

>>就職Shop<<

第二新卒エージェントneoも並行して利用

第二新卒エージェントneoは、第二新卒以外にも、社会人経験のない既卒、フリーター、ニート、大学中退、高卒など、18~28歳の若者が利用可能です。

最大2時間の初回面談ではキャリアプランなどを練ってくれ、1人10時間の手厚いサポートで内定までをアシストしてくれます。

複数の人材紹介会社でサポートを受けることによって、多角的に求人を紹介してもらえ、可能性が広がり、より希望に近い求人を探すことができます。

納得のいく就職活動をするためにも、人材紹介会社は2~3社は利用するようにしましょう。

>>【第二新卒エージェントneo】<<

関東の求人に強いハタラクティブも利用する

もし関東で求人を探そうと考えているのなら、ハタラクティブも使ってみましょう。

ハタラクティブは関東周辺の求人を主に扱っています。逆に地方の求人は少ないので、利用が向いていない人もいます。

ニート、高卒の支援実績も多いので、自分にPRポイントがなく、自信がない人でも頼ることができます。

まずは気軽に、面談だけでもしてみましょう。

>>ハタラクティブ<<

 

1つの求人サイトだけで就職活動をすると、必ず偏りが出てきてしまいます。自分の将来のためにも、便利なサービスは複数利用していきましょう。

ニート
Sponsored Link
転職のお兄さんをフォローする
就活ガッツ