ニートだった私が「自立したい!」と決心してからしたこと

私がニートになった理由は前の会社の上司でした。『プロフィール』にも長々と書きましたが、何度も怒られる日々が続いて、精神的に病んでしまったのです。

 

それからは実家に引きこもりがちになりました。でも、心のどこかでは「自立したい!」「これ以上親に心配かけたくない!」と思っていたのです。

 

そしてあるきっかけによって、私はニート状態から自立の道へと歩み始めることになります。今回は、そんな落ちこぼれニートが自立するために行ったことを書いていきたいと思います。

Sponsored Link

ニートが自立したいならキッカケは大事だと思う

思うに、今ニートをしている人でも「本当は自立したいんだ!」と思っている人は多いのではないでしょうか?

 

しかし、何か事情があったり、社会に出る勇気が持てなかったりして、前に進むことに躊躇しているのです。

 

だからこそ、私は「自立したい!」と強く思えるキッカケが重要だと感じています。

 

例えば私なら、ニートだった時に顔を合わせた友人が皆、立派な社会人として働いているのを見て、猛烈に情けなくなったことがキッカケです。仕事をしている友人同士は仕事の話やボーナスの話で盛り上がりますが、私はその話に少しも入っていくことが出来ませんでした。

 

ニートをしている人はどうしても外出する機会が減ってしまいますが、機会があればみんなが集まる場所に出向いてもいいのかなと思います。そうすることで何か感じることもあるでしょう。

 

または、単発のアルバイトでもいいので、社会と関わるきっかけを作ってみてはどうですか?こうした些細なことが自立への第一歩になるかもしれません。

自立したいなら正社員を目指す

私の場合は、ニートの次の段階として単発のアルバイトを始めましたが、今振り返ったら、そんなことをせずに初めから正社員を目指しておけば良かったと軽く後悔しています。

 

というのも、結局単発のアルバイトは2回しか行わなかったからです。

 

その後は正社員になるべく、転職サイトを利用することになるのですが、もしまだあなたが20代であるなら、若い人向けの求人サイトを使うことをおすすめします。ちなみに私は「就職Shop」を利用しました。

 

通常、社会人未経験のニートの人は大手人材紹介会社から登録を断られるのですが(転職できる見込みがないため)、若い人向けのものはニートでも丁寧に内定へのサポートをしてもらえます。

 

私も専属アドバイザーさんに模擬面接や選考のスケジュール管理をしてもらったので、面接だけに集中することが出来ました。

 

このように、ニートの人でも使いやすいサービスを利用することも、早く自立するための1つの方法です。ただし求人は優良中小企業中心ですので、どうしても大手に行きたい人には向いていませんので、あしからず。

ニートを脱出したいなら最初から正社員を狙え!

最後に。年齢はとても大事!

長く引きこもってしまったニートの人だと、あまり人と関わりたくないと思ってしまうことが多くなると思います。また、まともに働いたことのない人は仕事に自信が持てないでしょう。

 

ですが、そうしていくうちに30代に突入してしまうと、いよいよ働き口が無くなってきます。そしてその段階になって始めて「もっと早くからチャレンジしておけばよかった…」と後悔するのです。

ニートは何歳まで?せいぜい29歳が限界だと思う

 

私も仕事中は失敗ばかりですが、もがいて失敗した分だけ経験が蓄積し、いつの間にかそれが財産に変わっているのだと信じています。「やるなら早いうちから!」という考えは仕事に就く上で非常に大切です。

未経験の20代ニートが使えるおすすめ転職エージェント3選

【保存版】大きな差がつく求人サイトの使い方とは?

リクナビNEXTで希望の企業像を絞る

「どんな企業に就職したいですか?」

この質問に答えられないようなら、リクナビを使って興味ある業界の求人を片っ端から見ていきましょう。

「○○に貢献したい」「週休2日制は譲れない」などのように、具体的な希望を言えるようになって、初めて理想的な企業への就職が近づきます。

無知は罪なり!

>>リクナビNEXT<<

ミイダスで自分の市場価値を客観視する

仕事の経験が全くない人が大手企業の選考ばかり受けて、無事に就職できるでしょうか?答えはNoです。

このように、自分の市場価値が客観的に理解できてない人は、永遠に的外れな企業に応募し続けることになり、やがて就活意欲がそがれてしまいます。

ミイダスには200万人以上のデータ、7万人以上の転職事例があります。自分と似た立場の人を見つけ、客観的に自分の価値を判定してみましょう。

「どんな企業にチャレンジできるのか?」「どの程度の年収が見込めるのか」など、目安が分かります。

>>MIIDAS(ミイダス)<<

就職Shopで希望を伝え、求人を紹介してもらう

就職Shopは、リクナビでお馴染みの大手人材紹介会社「リクルートキャリア」による若者向け転職エージェントです。

18~29歳までしか利用できませんが、その分、若者を採用したがっている求人にアプローチすることが可能です。

すべての求人の企業が訪問取材済み、利用も完全無料。求人なくして就活は成り立たないので、まずはどんな求人があるのか紹介してもらいましょう。

>>就職Shop<<

第二新卒エージェントneoも並行して利用

第二新卒エージェントneoは、第二新卒以外にも、社会人経験のない既卒、フリーター、ニート、大学中退、高卒など、18~28歳の若者が利用可能です。

最大2時間の初回面談ではキャリアプランなどを練ってくれ、1人10時間の手厚いサポートで内定までをアシストしてくれます。

複数の人材紹介会社でサポートを受けることによって、多角的に求人を紹介してもらえ、可能性が広がり、より希望に近い求人を探すことができます。

納得のいく就職活動をするためにも、人材紹介会社は2~3社は利用するようにしましょう。

>>【第二新卒エージェントneo】<<

関東の求人に強いハタラクティブも利用する

もし関東で求人を探そうと考えているのなら、ハタラクティブも使ってみましょう。

ハタラクティブは関東周辺の求人を主に扱っています。逆に地方の求人は少ないので、利用が向いていない人もいます。

ニート、高卒の支援実績も多いので、自分にPRポイントがなく、自信がない人でも頼ることができます。

まずは気軽に、面談だけでもしてみましょう。

>>ハタラクティブ<<

 

1つの求人サイトだけで就職活動をすると、必ず偏りが出てきてしまいます。自分の将来のためにも、便利なサービスは複数利用していきましょう。

ニート
Sponsored Link
転職のお兄さんをフォローする
就活ガッツ