ニートは何歳まで?せいぜい29歳が限界だと思う

「ニートをしているけど、なかなか就職活動に踏み切れない…。いったいニートは何歳まで通用するのだろう…?」なんて考えることはないでしょうか?

 

基本的には、すでに社会人であるならばニートが通用することはないのですが、あえて言うならば29歳までだと思っています。要するに30代になる手前です。

 

そう感じた理由を書いていきます。

Sponsored Link

年齢は就職に大きく関わる

「ニートは何歳までなら大丈夫か?」という視点はとても良いと思います。なぜなら、年齢と就職は強く関係しているからです。

 

一般的に、年齢は高いほど就職に不利に働きます。

 

年齢が高い人は、若い人よりも頭の柔軟性がなく、素直でないので扱いにくいです。また、費用対効果の観点からも、年齢が高い人は若い人よりも長く働けないので、嫌われる傾向にあります。

 

そのため、将来的に就職したいと思っているのであれば、少しでも若いうちに条件の良い会社を見つけて就職したほうがいいのです。そして、そのリミットが29歳です。

ニートでも29歳までなら希望がある

たとえ職歴がなく、何の取り柄もなかったとしても、29歳までなら拾ってくれる会社は比較的多くあります。

 

その証拠に、20代専用(29歳まで)の求人サイトが最近増えてきています。

 

詳しくは『未経験の20代ニートが使えるおすすめ転職エージェント』のページで紹介していますが、例えば就職Shopやジェイックは未経験の人をサポートする仕組みが整っていまっす(専属アドバイザーや無料就職講座)。

 

企業側も現在人材不足に陥っているところが多いので、20代であれば職歴がないような人でも積極的に採用したいと思ってくれているのです。

30歳を超えると途端に需要がなくなる

怖いのが、30歳を超えたニートにはほとんど需要がないことです。そもそも職歴がないような人、即戦力にならないニートは30歳以降、使える求人サイトがなくなります。

 

有名どころには「en転職」や「DODA」などがありますが、求人サイトも商売ですので、需要のない人にはサポートしてくれません。登録してもだいたい断られてしまいます。これは、30歳以上のニートには需要がないことを人材紹介会社が知っているのです。

 

頼れるのは国が運営しているハローワークのみとなり、まともな求人を探すのに悪戦苦闘します。

 

これが、ニートは29歳までにしておいたほうがいい理由です。

まとめ

もともとニートは社会的に認められていませんから、それ自体長くやらないほうがいいですが、せめて、29歳になるまでには就職しておくべきです。

 

同じニートでも、20代と30代とでは天と地の差がありますから、十分注意してください。

ニートを脱出したいなら最初から正社員を狙え!

【保存版】大きな差がつく求人サイトの使い方とは?

リクナビNEXTで希望の企業像を絞る

「どんな企業に就職したいですか?」

この質問に答えられないようなら、リクナビを使って興味ある業界の求人を片っ端から見ていきましょう。

「○○に貢献したい」「週休2日制は譲れない」などのように、具体的な希望を言えるようになって、初めて理想的な企業への就職が近づきます。

無知は罪なり!

>>リクナビNEXT<<

ミイダスで自分の市場価値を客観視する

仕事の経験が全くない人が大手企業の選考ばかり受けて、無事に就職できるでしょうか?答えはNoです。

このように、自分の市場価値が客観的に理解できてない人は、永遠に的外れな企業に応募し続けることになり、やがて就活意欲がそがれてしまいます。

ミイダスには200万人以上のデータ、7万人以上の転職事例があります。自分と似た立場の人を見つけ、客観的に自分の価値を判定してみましょう。

「どんな企業にチャレンジできるのか?」「どの程度の年収が見込めるのか」など、目安が分かります。

>>MIIDAS(ミイダス)<<

就職Shopで希望を伝え、求人を紹介してもらう

就職Shopは、リクナビでお馴染みの大手人材紹介会社「リクルートキャリア」による若者向け転職エージェントです。

18~29歳までしか利用できませんが、その分、若者を採用したがっている求人にアプローチすることが可能です。

すべての求人の企業が訪問取材済み、利用も完全無料。求人なくして就活は成り立たないので、まずはどんな求人があるのか紹介してもらいましょう。

>>就職Shop<<

第二新卒エージェントneoも並行して利用

第二新卒エージェントneoは、第二新卒以外にも、社会人経験のない既卒、フリーター、ニート、大学中退、高卒など、18~28歳の若者が利用可能です。

最大2時間の初回面談ではキャリアプランなどを練ってくれ、1人10時間の手厚いサポートで内定までをアシストしてくれます。

複数の人材紹介会社でサポートを受けることによって、多角的に求人を紹介してもらえ、可能性が広がり、より希望に近い求人を探すことができます。

納得のいく就職活動をするためにも、人材紹介会社は2~3社は利用するようにしましょう。

>>【第二新卒エージェントneo】<<

関東の求人に強いハタラクティブも利用する

もし関東で求人を探そうと考えているのなら、ハタラクティブも使ってみましょう。

ハタラクティブは関東周辺の求人を主に扱っています。逆に地方の求人は少ないので、利用が向いていない人もいます。

ニート、高卒の支援実績も多いので、自分にPRポイントがなく、自信がない人でも頼ることができます。

まずは気軽に、面談だけでもしてみましょう。

>>ハタラクティブ<<

 

1つの求人サイトだけで就職活動をすると、必ず偏りが出てきてしまいます。自分の将来のためにも、便利なサービスは複数利用していきましょう。

ニート
Sponsored Link
転職のお兄さんをフォローする
就活ガッツ