ニートを脱出したいなら最初から正社員を狙え!

もしあなたがニートであり、これからニートを脱出したいと考えているのなら、最初からきっちり正社員を狙うべきです。時間を無駄にしたり、回り道をしてはいけません。

 

たまに、「アルバイトやパートから正社員になる方法がある」「資格を取って就職を有利に進めたほうが良い」といったことが言われますが、これらはどれも回り道であると感じます。

 

そこでこのページでは、どうしてニートの人は最初から正社員を目指すべきなのかを説明していきたいと思います。現在ニートをしていて将来的に正社員になりたいと思っている人は読んでみてください。

Sponsored Link

ニートの「まずは資格を…」は単なる逃げである

「特に何も資格を持っていない…」

「大した職歴がない…」

このようなニートは確かに就職に不利です。なぜなら、就職に有利な人というのは、実力のある人か、若くて将来の戦力になってくれそうな人だからです。

 

しかし、そこで「このままだと就職に不利だから何か資格を取ろう…」なんて考えるのはただの逃げであると感じます。働きたくないから、または、就職を先延ばしにしたいから、「まずは資格を…」と言っているのです。

 

仮に資格を取るとしても、いったい何の資格を取るというのでしょうか?将来的にしたい仕事があって、そのために取るのでしょうか?それとも、無難に持っておけばどこの会社でも評価されそうな資格を取るのでしょうか?

 

後者であれば、それは時間の無駄です。

 

いくら資格だけ持っていようとも、実力が伴っていなければ会社から評価されるようなことはほとんどありません。例えば、通訳の仕事の面接で、TOEICで満点の人と、過去にアメリカに10年住んでいた人が受けに来ていたなら、アメリカで生きた英語を身に着けている人のほうが採用されるでしょう。理由としては、資格を持っていても実践で使えなければ意味がないからです。

 

それであれば、資格の勉強に時間を割くより、正社員で雇ってくれそうな会社の選考をいくつも受けたほうが有意義です。

 

また、これと同様にアルバイトやパート、派遣社員などから正社員を目指そうというのも逃げです。最初から正社員になることを諦めていて、正社員になろうとすらしていません。きっと、「正社員になったら責任が大きい」「残業が多くて大変」などと考えているのでしょう。

 

本当に正社員になりたいと考えているのであれば、回り道をすることなく、最初から正社員を目指すべきです。

ブラック企業に引っかからないためにできること

ニートの人が懸念することが、「ブラック企業にしか入れないんじゃ…?」ということ。

 

職歴がなく自分に自信がない人ほど、「もう良い会社には入れない…」と嘆きます。しかし、実際はそんなことはありません。

 

まだあなたが20代であれば、ニートの人でも利用できる人材紹介会社があります。それが『未経験の20代ニートが使えるおすすめ転職エージェント』です。特に就職Shopやジェイックが使いやすいのではないでしょうか?

 

これらの良いところは、1人1人に専属のアドバイザーさんが付いてくれて、書類作成のアドバイスや模擬面接、選考の日程決め等を行ってくれるところです。

 

私も利用しましたが、紹介してくれる求人はどれも最低限の福利厚生があり、優良中小企業が多かったです。すでに設立から70年以上経っている企業や全国展開している企業などもあり、業績が安定した会社の正社員になりたいと思っている人でも満足できると思いました。

 

自分1人では探すのが大変な求人も、既存のサービスを利用することでだいぶ楽をすることが出来ます。是非使ってみてください。

まとめ

もし正社員になりたいのなら、回り道をすることなく、一直線に正社員を目指してください。でないと、時間がどんどん経ってしまって、将来的に正社員になれる可能性が減ってしまいます。

 

正社員になるには年齢がかなり重要です。20代と30代以上では需要に大きな差があります。

 

私は職歴に傷がある状態(前の会社を4ヶ月で退職)でしたが、この時は年齢がまだ20代前半だったということもあり、人材紹介会社を使うことで、たった1ヶ月で内定をもらえてしまいました。だからこそ若さの重要性を強く感じています。

ニート生活たった2ヶ月で焦りと不安がピークに達した

【保存版】大きな差がつく求人サイトの使い方とは?

リクナビNEXTで希望の企業像を絞る

「どんな企業に就職したいですか?」

この質問に答えられないようなら、リクナビを使って興味ある業界の求人を片っ端から見ていきましょう。

「○○に貢献したい」「週休2日制は譲れない」などのように、具体的な希望を言えるようになって、初めて理想的な企業への就職が近づきます。

無知は罪なり!

>>リクナビNEXT<<

ミイダスで自分の市場価値を客観視する

仕事の経験が全くない人が大手企業の選考ばかり受けて、無事に就職できるでしょうか?答えはNoです。

このように、自分の市場価値が客観的に理解できてない人は、永遠に的外れな企業に応募し続けることになり、やがて就活意欲がそがれてしまいます。

ミイダスには200万人以上のデータ、7万人以上の転職事例があります。自分と似た立場の人を見つけ、客観的に自分の価値を判定してみましょう。

「どんな企業にチャレンジできるのか?」「どの程度の年収が見込めるのか」など、目安が分かります。

>>MIIDAS(ミイダス)<<

就職Shopで希望を伝え、求人を紹介してもらう

就職Shopは、リクナビでお馴染みの大手人材紹介会社「リクルートキャリア」による若者向け転職エージェントです。

18~29歳までしか利用できませんが、その分、若者を採用したがっている求人にアプローチすることが可能です。

すべての求人の企業が訪問取材済み、利用も完全無料。求人なくして就活は成り立たないので、まずはどんな求人があるのか紹介してもらいましょう。

>>就職Shop<<

第二新卒エージェントneoも並行して利用

第二新卒エージェントneoは、第二新卒以外にも、社会人経験のない既卒、フリーター、ニート、大学中退、高卒など、18~28歳の若者が利用可能です。

最大2時間の初回面談ではキャリアプランなどを練ってくれ、1人10時間の手厚いサポートで内定までをアシストしてくれます。

複数の人材紹介会社でサポートを受けることによって、多角的に求人を紹介してもらえ、可能性が広がり、より希望に近い求人を探すことができます。

納得のいく就職活動をするためにも、人材紹介会社は2~3社は利用するようにしましょう。

>>【第二新卒エージェントneo】<<

関東の求人に強いハタラクティブも利用する

もし関東で求人を探そうと考えているのなら、ハタラクティブも使ってみましょう。

ハタラクティブは関東周辺の求人を主に扱っています。逆に地方の求人は少ないので、利用が向いていない人もいます。

ニート、高卒の支援実績も多いので、自分にPRポイントがなく、自信がない人でも頼ることができます。

まずは気軽に、面談だけでもしてみましょう。

>>ハタラクティブ<<

 

1つの求人サイトだけで就職活動をすると、必ず偏りが出てきてしまいます。自分の将来のためにも、便利なサービスは複数利用していきましょう。

ニート
Sponsored Link
転職のお兄さんをフォローする
就活ガッツ