就活・転職|面接を確実に上達させる方法

自分の面接の対策を不十分に感じていませんか?または、どのような方法を使えば、面接を上達させることが出来るのか悩んではいないでしょうか?

 

面接は就活・転職をする上でかなり重要視されているため、事前に出来る限りの対策をしておく必要があると感じます。そこで、ここでは面接の対策を基礎から行えるように解説ページを用意しました。具体的な対策の方法を数多く紹介しているので、時間があるのなら是非すべてを読み進めていってほしいと思っています。

Sponsored Link

面接対策の基礎を知る

基礎から習得!就活の面接対策5つのステップ

面接は様々な要素から成り立っています。例えば、自己紹介や志望動機、立ち振る舞い、的確な受け答えなどです。しかし、一気に対策をするのは無謀なので、まずは面接の基礎を習得していきましょう。以下のページでは5つのステップで面接対策の全体像を把握することが出来ます。読んでみてください。

⇒『基礎から習得!就活の面接対策5つのステップ

面接で頻出する質問を把握する

頻出必至!面接官が問う定番の質問50選

面接官から問われる質問は基本的なものが多く、だいたい予想することが出来るんです。そのため、頻出する質問の対策をしておけばある程度対応することは可能です。しかし、問われる質問が分かったところでどう回答すればいいのかが分からなければ、対策に手こずってしまうでしょう。

 

そこで、このページでは質問を50個選出すると同時に、1つずつに具体的な回答例を用意しました。これを読めば知識がない人でも、どんな内容のことを答えればいいのか想像することが出来るはずです。これで面接をスムーズに進めていきましょう。

⇒『頻出必至!面接官が問う定番の質問50選

戦略的な自己紹介の作り方

面接における戦略的な自己紹介の作り方と自己PRとの違い

面接では一番最初に自己紹介を頻繁に聞かれますよね。ただ、自己紹介と聞いて何を答えれば良いのか明確に分かっていない人が意外と多いです。

 

私は、自己紹介は内容を戦略的に考えることで、面接を有利に進めていけると感じています。そこで、下のページでは良い自己紹介と悪い自己紹介を例に挙げ、どのように仕上げていけばいいかを解説しています。これを読んで、面接を円滑に始められるように準備しましょう。

⇒『面接における戦略的な自己紹介の作り方と自己PRとの違い

自分を最大限にアピールする自己PRの作り方

就活の面接でかなり使える自己PRの具体的な作り方

自己PRを面接官に伝えることは、面接の中でもメインとなる項目です。しかし、ただ単に自分勝手にアピールしたいことを言っているだけの求職者が多すぎます。面接は、相手が求めている人材像を見つけ出し、それと自分の強みをすり合わせることで大きな威力を発揮するのです。

 

また、自己PRは、自分が会社で働いている具体的なイメージを面接官に伝えられるかが大切になってきます。「自己分析シート」などを活用して、ベストな自己PRを作成していきましょう。

⇒『就活の面接でかなり使える自己PRの具体的な作り方

退職理由の具体案

第二新卒の面接における退職理由7つの例文

新卒で入社した会社を数ヶ月~数年で退職してしまった第二新卒の人にとって、退職理由を答えるのは非常に難しいと思います。正直に言えば即不合格になり兼ねませんし、また、はぐらかすにも不自然になっては意味がありません。

 

そのため、以下のページでは、よくある退職理由を例に挙げ、具体的な回答例も紹介していきます。少しでも参考にして面接を不利な状況に追い込まないように心掛けましょう。

⇒『第二新卒の面接における退職理由7つの例文

何度も面接を落ちる人の原因

ことごとく就活の面接で落ちる人の6つの原因

面接に受かる方法ばかり考えるのではなく、面接に落ちやすい人の特徴・原因も把握しておいたほうが間違った方向に進まなくて済みます。もし今の段階で何度も面接に落ちているようなら、すぐにこのページを読み進めて自分の行動を改め、そして、前向きに面接に取り組むようにしてほしいと思います。

⇒『ことごとく就活の面接で落ちる人の6つの原因

 

サイトトップ【就活ガッツ