≫当サイトお役立ち記事ピックアップまとめ≪
PR

2024年6月|退職代行サービス20社を比較!自分に合った代行業者の見つけ方・選び方

この記事は約23分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
転職お兄さん
転職兄さん

この記事を読めばこんなことが分かるよ↓

  • いくつもの退職代行サービスをわかりやすく比較できる
  • 自分の立場に合った退職代行業者を選べる
  • 安心して使えるお得な退職代行業者を探し出せる
  • 納得した状態で、自信を持って退職代行サービスが使える

近年、『退職代行』が知名度を上げてきています。昔から退職代行サービスはあったようですが、今は退職代行の専門業者もあるくらいで、少しずつメジャーなサービスになりつつあります。

 

「退職なんて自分でやれよ」と言う人もたくさんいます。しかし中には、退職代行サービスに頼らざるを得ないくらい追い詰められている人も存在するのです。

 

― 退職代行 ―

これは「今の時代(人手不足や格差社会)が生み出したサービス」と言っても過言ではないと思っています。現在の日本は人手不足で、中小企業は人材を手放したがりません。ただでさえ、社員が退職するとなれば上司の評価に傷が付きますし、再度人材を見つけ出すにも労力とお金がかかります。たとえ人材を確保できたとしても、一から指導するのは大変です。

それでいて、私たち社員からすれば、賃金は上がらず、いくら働いても貯金は貯まらない。社員の労働環境を改善せず、夜中までサービス残業させるのを当たり前にしている企業もたくさんあります。

転職兄さん
転職兄さん

実際にサービス残業が常習化している企業で働いてたことがあるけど、当たり前のように20時にタイムカードを打刻して、23~24時まで働いてた上司がいたよ。で、部下も真似して同じことしてた。こういう企業じゃ社員は帰りづらいし、今思えばブラック企業の典型だったね

 

さてこのページでは、退職代行の利用を検討している人がわかりやすいよう、数ある退職代行サービスの比較をしています。また、退職代行業者の種類と自分に合った選び方、注意点も解説していきます。

 

初心者の方でも理解しやすいように利用前の心構えも書いたので、ぜひ参考にしてみてください。

  1. 退職代行業者20社の簡単比較表
  2. 退職代行を頼む前の4つの心構え
    1. 1. 退職はお金を払わなくてもできる
    2. 2. なぜ退職代行を依頼する必要があるのか?
    3. 3. 退職代行業者にも種類がある
    4. 4. 退職代行の使い分けは自分の立場を考えて決める
  3. 良心的費用で一刻も早く退職代行を頼みたい場合3選
    1. 東京都労働委員会認証の労働組合【退職代行ガーディアン】
    2. 東京都労働委員会認証の労働組合【退職代行CLEAR】
    3. 労働組合が運営する【退職代行SARABA】
  4. 万全のサポートを依頼したいなら?弁護士2選
    1. 弁護士法人みやびの退職代行サービス
    2. 弁護士法人が運営する【退職110番】
  5. その他
    1. セラピストの顧問弁護士監修【退職代行Jobs】
    2. 実績とノウハウを兼ね備えた【退職代行ニコイチ】
    3. 労働組合と提携【退職代行モームリ】
    4. 引っ越しサポートもある【トリケシ】
    5. 転職成功でキャッシュバック【退職代行ネルサポ】
    6. 完全後払い制でスピード重視【退職代行 即ヤメ】
    7. いざとなれば弁護士を紹介してくれる【ABAYO】
    8. 後払いサービスあり【辞めるんです】
    9. 労働組合が対応【男の退職代行】
    10. 労働組合が対応【わたしNEXT】
    11. 行政書士事務所の【retry(リトライ)】
    12. 有料の転職サポートあり【キャリアサンライズ】
    13. 後払い可能【ピンチヒッター】
    14. 退職に関するサポート多数【退職代行OITOMA】
    15. 退職スターターキットあり【J-NEXT】

退職代行業者20社の簡単比較表

まずは当ページで比較している退職代行サービスをさらっと見てみましょう。詳しい解説はあとでするので、軽く見るだけでOKです。

料金(税込)追加料金返金保証対応スピード弁護士の有無
キャリアサンライズ15,000円なしあり即日対応可能
退職代行CLEAR18,000円なしあり即日退職可能労働組合が対応
退職代行J-NEXT20,000円なしあり即日退職可能記載なし
退職代行モームリ12,000~22,000円なしあり即日対応可能弁護士監修&労働組合が対応
ABAYO22,000円退職のみならなし記載なし即日退職可能弁護士監修
退職代行ネルサポ22,000円なしあり即日対応可能弁護士監修&労働組合が対応
退職代行SARABA24,000円なし完全後払い制即日対応可能労働組合が対応
退職代行OITOMA24,000円なしあり即日退職可能記事を弁護士監修・労働組合は不明
退職代行 即ヤメ24,000円なしあり即日退職可能弁護士監修&労働組合が対応
退職代行ガーディアン24,800円なし記載なし即日退職可能労働組合が対応
トリケシ25,000円なしあり即日退職可能労働組合が対応
ピンチヒッター25,000円なしあり即日対応可能弁護士の指導
男の退職代行19,800~26,800円なしあり即日退職可能弁護士の指導&労働組合が対応
退職代行ニコイチ27,000円なしあり即日退職可能弁護士監修
辞めるんです27,000円なしあり即日退職可能弁護士監修
退職代行Jobs27,000~29,000円なしあり24時間即日対応弁護士の指導
わたしNEXT19,800~29,800円なしあり即日退職可能弁護士の指導&労働組合が対応
retry(リトライ)20,000~30,000円なしあり即日対応可能
退職110番43,800円場合によってあるあり即日対応退職弁護士が対応
弁護士法人みやび 退職代行サービス55,000円場合によってあるなし即日円満退職弁護士が対応

料金は2~3万円が多い印象です。弁護士が対応してくれるところだともう少し高くなります。

 

では、退職代行サービスを比較していく前に、利用前の心構えを確認していきましょう。

退職代行を頼む前の4つの心構え

1. 退職はお金を払わなくてもできる

退職代行業者がこんなにもあると、まるで業者を通さないとすんなり退職ができないように思えてしまいます。ですが、わざわざ退職代行業者に頼まなくとも退職することは可能です(当たり前ですが)。

 

なぜなら、退職する権利が存在するからです。だから通常は退職を申し出ればすんなりと受け入れられます。民法では、雇用期間が定められていない者(正社員など)が退職を申し出てから2週間経てば雇用が終了すると決められています。

 

退職するのにお金を払う必要なんて全くないのです。

 

例えば、私が企業に退職を伝えた時の流れはこうでした↓

退職までの流れ
  • 1日目出社すぐ
    上司に退職したい旨を伝える
    「ちょっとお話したいことがあるのですが…」と上司に退職届を渡し、退職したいことを伝える。すると改めて午後に話すことになった。
  • 1日目夕方
    上司と話し合い
    「もうちょっと続けてみたら?」「親御さんが悲しむんじゃない?」などと引き留めようとしてくる。でも辞める意志を突き通す。
  • 2日目
    退職が認められる
    上司から退職が認められる。この日は普通に仕事をする。
  • 2日目仕事後
    同僚とも話す
    同僚は驚いた様子で、引き留めようとしてくれた。でも辞める意志を突き通す。
  • 3日目午前
    社宅から出る準備
    実家から離れた社宅に住んでいたので、衣類や日用品、自転車などは実家に発送。家具はレンタルしてたので返却。
  • 3日目午後
    貸与品を返す
    職場へ行き、会社から借りていた携帯やファイルなどをすべて返す。と同時に職場に置いていた自分の物を回収。
  • 4日目
    本部長と話し合い
    本社の本部長とも話をする。頑張って苛立ちを抑えているような様子だった。少し申し訳ない気持ちになる。
  • 後日
    いろいろ
    本社の総務から電話がある。まだ健康保険証を返してなかったことに気付き、郵送。また、退職関係の書類についてはしばらくしたら郵送で実家に送ることを伝えてもらう。

人によっては現在取り組んでいる仕事のキリがいいところまで勤務を続けたり、引き継ぎに時間を要することもあります。

 

なんにせよ、良識ある企業であれば、退職のために淡々と動いてくれます。ですので、自分から退職を言い出せるのであれば、自分から伝えたほうがいいでしょう。

2. なぜ退職代行を依頼する必要があるのか?

本来、退職は自分から会社に伝えるもの。そして、退職はすんなり受け入れられるものです。

 

しかし、人間関係が原因で言いにくい環境だったり、上司が高圧的だったり、法律を無視して理不尽な対応をされることもあります。

  • 勇気を出して退職したいことを伝えたらうやむやにされた
  • 退職したいことを伝えたら「無責任なことを言うな!」と怒鳴られた
  • 退職したいことを伝えたら「しばらく休んで考え直して」と言われた
  • 上司のパワハラが怖くて退職を言い出せない
  • 人手が足りない職場だから自分から退職するのを伝えづらい
  • まだ入社したばかりだから退職を伝えづらい
  • ストレスの多い職場で、もう上司と顔を合わせるのも辛い
  • 精神的に本当に限界の状態で夜も寝れないくらい

こういった事態に陥った時に、退職代行の出番です。第三者(退職代行業者)が間を取り持ってくれることで、しつこい引き留めや嫌がらせを受けず、退職することができます。

 

利用したことがない人からすると「退職代行を使っても断られるんじゃないか…」と思うところですが、法律で退職する権利が認められているからこそ、会社は無視することができないのです。

退職代行から連絡が来ると、まず企業側は驚きます。そして「本人と連絡させてほしい」と要求してきます。しかし、退職代行業者は「本人への連絡は代行業者を通してください」と釘を刺すことが多いので、ほとんどの場合それに従うしかありません。代行業者への対応の仕方によっては会社に傷がつきますし、悪い噂が立つ危険性だってあります。退職代行を使ってまで強い意志で辞めようとしている人を時間かけて引き留めるくらいなら、迅速に退職処理を終わらせて次の人材確保に力を入れたほうが合理的と言えます。

こうした理由から、ほとんどの場合は何もトラブルが起きずに退職が完了します。

3. 退職代行業者にも種類がある

退職代行業者にもいくつか種類があります。

  • 退職代行を専門に行っている業者:会社に退職を伝えるだけ
  • 電話代行業者:会社に退職を伝えるだけ
  • 労働組合:会社に退職交渉をしてくれる
  • 弁護士事務所:会社に退職を伝え、その他交渉もやってくれる

基本的に、退職代行業者(電話代行業者)のやることは「会社にあなたの退職の旨を伝えること」、ただそれだけ。たいていの企業は退職を了承するので、代行業者は退職までの間を取り持ってくれます。

 

しかし、ある程度の期間勤務していた人は、退職金がもらえるか心配なこともあると思います。また、劣悪な企業だと給与や残業代の未払いをされていることもあるでしょう。

 

こういった不安やトラブルを抱えている場合は、弁護士に頼まないと解決できません。なぜなら、交渉事は弁護士しかやってはいけない法律になっているから。もしただの退職代行業者が交渉してしまうと、非弁行為(違法行為)になってしまいます。

非弁行為とは、弁護士の資格を持たない者が、報酬を得る目的で弁護士法72条の行為(弁護士業務)を行うこと

だから退職代行は伝えることしかしません。それでも効果があるのは、そもそも退職の権利が認められているから。これがあるから、退職するだけならわざわざ弁護士に頼まなくてもできてしまうのです。

 

しかし、細かく交渉などをしてほしいなら弁護士に頼まなくてはなりません。弁護士のいない退職代行業者でも、有休消化等を伝えるだけしているところもあります。いい企業なら交渉されなくても、言われただけで「有休消化を認めよう」となるかもしれません。しかし、中には認めない企業もありますから、要求したいことがあるなら弁護士に頼むのが無難です。

 

有休消化を伝えることも、退職日の調整をすることも、本来なら弁護士がやるべきで、退職代行業者が行うこと自体がグレーだと言われています。しかし、企業側も揉め事にしたくないので、滅多に通報するようなことはしません。また、退職代行業者がグレーなことをしていても、依頼者側が罰せられることはないので、利用者はあまり気にする必要はありません。

退職代行業者の中には、顧問弁護士がいたり、弁護士の指導のもと業務を行っていたり、非弁行為にならないよう努めているところもあります

 

さて、最後に労働組合による退職代行サービスですが、これもまたグレーというか、抜け道をうまく使っているような感じです。労働組合には労働組合法6条があるので、交渉は可能となっています。

【労働組合法6条】

労働組合の代表者又は労働組合の委任を受けた者は、労働組合又は組合員のために使用者又はその団体と労働協約の締結その他の事項に関して交渉する権限を有する。

しかし「退職代行サービスを目的として作られた労働組合は労働組合と言えるのか?」といった指摘があります。また、労働組合の退職代行サービスの規約を読むと「退職代行の内容及び範囲は組合員の退職交渉となります」なので、弁護士並みの内容は望めません。

 

結局のところ、正式に交渉できるのは弁護士だけ。労働組合も交渉可能ですが万能というわけではなさそうです。一般の退職代行業者は「交渉」ではなく、有休消化などを「お伝え」という形でそれとなく伝えることがあり、その点はグレーだと言われています。

4. 退職代行の使い分けは自分の立場を考えて決める

退職代行業者にはいろいろと種類がありますが、これは自分の立場を考えて、どれを使うか決めていきましょう。

 

ただ辞めたいだけなら、普通の退職代行業者を使えばいいでしょう。退職代行の成功率は非常に高いので、実績のある業者や弁護士監修、労働組合のところを使えば十分です。

適当な業者の中には、親になりすましたり、やってはいけない交渉をするような悪徳業者もあります。めちゃくちゃやられてトラブルに発展し、「結局退職できなかった」じゃ最悪なので、実績は考慮したほうがいいでしょう。

 

退職金が心配給与や残業代の未払いがある有休を消化してから退職したいなどの問題を抱えているなら、弁護士事務所か、費用の範囲内で弁護士が出てきてくれるところが安心です。弁護士が対応してくれるところだと、基本料金のほかに「成功報酬(退職金、残業代など)の20%」を支払う必要が出てくることが多いです。

 

と、このように自分の立場を考えて、どこを使うか決めていけばいいのです。

良心的費用で一刻も早く退職代行を頼みたい場合3選

一刻も早く退職したいと考えているのなら、弁護士よりも退職代行業者に依頼したほうが良いでしょう。というのも、費用の振込確認後にすぐ対応してくれるからです。料金も一律のところがほとんどなので、料金面では安心して利用できます。

 

ただし、ある程度の実績があるか、労働組合か、弁護士が指導(監修)しているところを選ぶのが無難です。そういったところならノウハウがあり、不要なトラブルを避けることができます。

東京都労働委員会認証の労働組合【退職代行ガーディアン】

退職代行ガーディアン
料金24,800円(税込)
追加料金なし
返金保証記載なし
対応スピード即日退職可能
弁護士の有無労働組合が対応
実績メディア掲載実績多数
その他20年以上の歴史を持つ労働組合のサービス

退職代行ガーディアンは、東京都労働委員会に認証されている労働組合「東京労働経済組合」が運営する退職代行サービスとのこと。設立は1999年なので20年以上もの歴史があります。

退職代行サービスの中には退職代行を目的として労働組合を作っているところもありますから、歴史がある労働組合は安心感があります。

 

「退職代行ガーディアンは本当に違法じゃないのか?」については以下のように書いてあります。

【ガーディアンは違法じゃないの?】

ガーディアンは労働組合法に基づき東京都労働委員会に認証されている法人格を有する法適合組合です。よって、憲法および労働組合法の保護を受け、労働者のための代理/交渉が可能となっているので違法ではありません。

 

ただ、東京都労働委員会のホームページには以下のような記載がありました。

【労働組合の「認証」といわれる行為について】

最近、東京都労働委員会から「認証」を受けている旨を労働組合のホームページ等で見かけたが、労働委員会では「認証」を行っているのかという問合せが寄せられています。

当委員会は、労働組合に対する「認証」を行っておりません。

「認証」はありませんが、労働組合資格審査というものはあり、これを通過すると労働組合資格証明書が発行されます。この証明書は申請した組合が自主的な労働組合といえるかどうか、及び、民主的な労働組合に必要な規約を備えているかどうかを証明するもので、すべての労働組合に必要な手続きではありません。

退職代行ガーディアンがいう「認証」とは、おそらく労働組合資格証明書のことを言ってるものと思われます。

 

さて、ほかの退職代行サービスとは違って返金保証の記載はありませんが、そもそも確実に退職できるので返金について言及する必要もないようです。

【合法的に確実に退職】

辞められないというケースは過去一度もありません。退職を認めず嫌がらせ行為などをする違法企業にはあらゆる労働法を行使し使用者を追及していきます。

費用もほかの退職代行サービスと大きくは違いません。

 

まとめると、弁護士ほど費用をかけず、歴史ある労働組合に安心して代理交渉などをお願いしたい場合は退職代行ガーディアンを選ぶと良いでしょう。

\退職代行ガーディアンに依頼する/

東京都労働委員会認証の労働組合【退職代行CLEAR】

退職代行CLEAR
料金18,000円(税込)
追加料金なし
返金保証あり
対応スピード即日退職可能
弁護士の有無労働組合が対応
実績退職成功実績全国5万件以上

メディア掲載実績多数

その他10年の歴史を持つ労働組合のサービス

退職代行CLEARも「東京都労働委員会に認証されている法適合の労働組合」とのことですが、おそらく労働組合資格証明書を有しているのだと思われます。

 

組合は「日本労働基準組合」で、設立は2013年です。

 

退職代行CLEARの大きな特徴は、退職代行サービスの中でかなり費用が安いことです。破格の安さと言っていいでしょう。

 

「労働組合に頼みたいけどあまりお金をかけたくない…」「とにかく安さを重視したい」という人におすすめです。

\退職代行CLEARに依頼する/

労働組合が運営する【退職代行SARABA】

退職代行SARABA
料金24,000円(税込)
追加料金なし
返金保証あり
対応スピード即日退職可能
弁護士の有無労働組合が対応
実績メディア掲載実績多数
その他

行政書士監修の退職届プレゼント

有給消化サポート

労働組合が運営している退職代行SARABA。退職代行に関することはすべて『労働組合SARABAユニオン』が行ってくれます。

  • 相談回数無制限
  • 電話回数無制限
  • 職歴関係なし
  • 24時間対応
  • 即日退職可能
  • 全額返金保証

これらが追加料金一切なしで、かつ、業界最安級で対応してくれるので、利用しやすい退職代行サービスの1つです。

 

労働組合なので団体交渉権があり、会社が労働組合に対応しないと不当労働行為になるので、以下のようなことも対応可能となっています。

有給消化サポートもあります。

 

ほかにも、退職後に転職を考えている人には転職サポートもあり、希望する人には人材紹介会社を案内してくれます。

 

費用も安いほうなので候補の1つに挙がるかと思います。

\退職代行SARABAに依頼する/

万全のサポートを依頼したいなら?弁護士2選

「退職金をしっかりと交渉してほしい」「非弁行為の可能性があるのは嫌だ」などと考えているのなら、弁護士に退職代行を頼めば間違いありません。

 

ただ、弁護士にお願いする場合、着手金(基本料金)のほかに成功報酬の20%や、対応内容により料金が変動することもあります。また、委任契約を結ぶ(委任契約書にサインする)ので、退職代行してもらうまでに時間がかかったり、あとから費用を請求されたら支払わなければなりません。

 

弁護士に頼めば安心ですが、委任契約を結ぶ前に無料相談で疑問を解消しておきましょう。

弁護士法人みやびの退職代行サービス

弁護士法人みやび 退職代行サービス
料金55,000円(税込)
追加料金

回収額の20%(残業代・退職金請求など)

郵送料など

返金保証記載なし
対応スピード即日円満退職
弁護士の有無弁護士が対応
実績メディア掲載あり
その他弁護士だからあらゆる交渉に対応

弁護士法人みやびは弁護士が対応してくれるので、残業代請求、退職金請求、損害賠償請求への対応などが可能です。

着手金は55,000円。ほかの費用としては残業代・退職金請求などで回収できた金額の20%や、郵送料などがかかります。費用がかかる分、依頼人に有利になるような心強いサポートを受けられます。

 

いきなり申し込んで費用を払うのではなく、最初はLINEやメールで無料相談ができるので、要求したいことや疑問点をまとめて伝えておくと安心です。納得した上で依頼するかどうかを決められます。

\弁護士法人みやびの退職代行サービスに依頼する/

弁護士法人が運営する【退職110番】

退職110番
料金43,800円(税込)
追加料金

回収額の20%(労働審判の場合は25%。裁判の場合は30%。双方期日ごとに別途2万円)

社宅退去の仲介・借入金返済の交渉:別途10万円

訴訟対応:別途請求を退けた額の35%相当額

など

返金保証あり
対応スピード面談不要で即日対応
弁護士の有無弁護士が対応
実績社会労務士および弁護士資格あり

(様々な労働問題に関する知見・ノウハウを有する)

その他弁護士だからあらゆる交渉に対応

退職110番は弁護士が対応する退職代行サービスなのであらゆる交渉が可能です。交渉内容の具体例は記載がありました。

金銭が絡む請求については別途成功報酬が発生します。

 

退職110番とのやり取りは基本的にメールのみで完結。

 

近年は残業代の未払いも問題になっており、それが原因で退職する人も増えています。こういった個人では対応しづらい事柄も弁護士を通せば助けてくれるので、悔いのない退職をしたい人は弁護士に依頼してみましょう。

\退職110番に依頼する/

その他

セラピストの顧問弁護士監修【退職代行Jobs】

退職代行Jobs
料金

27,000円(税込)

労働組合による交渉を可能にしたい場合は+2,000円(税込)で合計29,000円

追加料金なし
返金保証あり
対応スピード24時間即日対応
弁護士の有無弁護士の指導
実績メディア掲載実績多数
その他退職届テンプレート・業務引継書テンプレートプレゼントなど

Jobsは顧問弁護士の指導のもと、適正な範囲内で退職代行してくれる業者です。

 

退職代行業者の中には「弁護士の指導を受けてます」と書いてても、どこの弁護士を利用しているのか分からないことが多いです。しかしJobsは顧問弁護士が顔を出しているので非常に安心して利用できます。また、ホームページのQ&Aを見ても正直に書いてあるので、非弁行為の心配はしなくていいでしょう。

※この弁護士さんが退職代行業務をしてくれるわけではありません

 

また、弁護士さん自体が過去に仕事に悩み、うつ状態になってしまった経験があります。Jobs利用者は、セラピストである弁護士さんの動画セミナーを見ることもできるので、精神的なストレスが原因で仕事を辞めようと考えている人は退職代行Jobsの利用も視野に入れてみましょう。

 

ほかにも、27,000円にプラス2,000円することで、労働組合による交渉が可能になります。

\退職代行Jobsに依頼する/

実績とノウハウを兼ね備えた【退職代行ニコイチ】

退職代行ニコイチ
料金27,000円(税込)
追加料金なし
返金保証あり
対応スピード即日退職可能
弁護士の有無弁護士の指導
実績

退職成功人数51,417人

退職代行実績17年

退職成功率100%

その他

有給消化サポート

転職届テンプレートプレゼント

転職サポートあり

電話代行業者ニコイチの退職代行サービス。設立2004年の企業なので実績があり、電話対応のノウハウも十分に兼ね備えています。退職成功率は100%で、退職成功人数も業界トップクラスです。

 

最近できたばかりの新興企業とは違って経営が長く続いているので、料金も安く抑えられています。「退職代行」は誰でもできてしまうからこそ、安心して依頼できる業者を選びたいところ。

 

弁護士による指導のもと、非弁行為に当たらないような運営を心がけているので、実績重視&退職のみの依頼で探しているなら、ニコイチもおすすめです。

\退職代行ニコイチに依頼する/

労働組合と提携【退職代行モームリ】

退職代行モームリ
料金正社員:22,000円(税込)

アルバイト:12,000円(税込)

追加料金なし
返金保証あり
対応スピード即日対応可能
弁護士の有無弁護士監修・労働組合と提携
実績神奈川県労働委員会の審査に合格した「労働環境改善組合」と提携
その他

転職相談無料

顧問弁護士監修の退職届テンプレートあり

利用後1年間は再利用する場合割引あり

退職代行モームリは顧問弁護士監修なので法律に則った適正な業務を行っています。また、神奈川県労働委員会の審査に合格した「労働環境改善組合」と提携しているので、会社との交渉が必要になった場合は労働組合が対応してくれます。

 

ほかにも以下のような特徴があります。

  • 退職できなかった場合の全額保証
  • 退職や勤務に関しての相談は何度でも何時間でも無料
  • 退職代行料金の1ヶ月までの後払いが可能
  • 日本全国365日24時間いつでも連絡・即日対応可能
  • 相場より圧倒的に安い料金設定
  • アルバイト雇用での退職代行料金を破格に設定
  • 代行サービス利用後、1年間は当社再利用50%off!
  • 女性スタッフ在籍のため、ジェンダーの問題も問い合わせしやすい

料金が安いので頼みやすいです。

\退職代行モームリに依頼する/

引っ越しサポートもある【トリケシ】

トリケシ
料金25,000円(税込)
追加料金なし
返金保証あり
対応スピード即日退職可能
弁護士の有無労働組合が対応
実績メディア掲載実績あり
その他

転職支援無料

退職に関する給付金の申請や転職に伴う引越しのサポートあり

退職代行トリケシはすべてのやり取りがLINEで完結するので気軽に依頼できます。また、離職票や雇用保険被保険者証などの必要書類も受け取りまでしっかりサポートしてくれます。

 

労働組合は「日本労働産業ユニオン」で設立は2022年。

 

アフターフォローに引っ越しサポートもあるので、退職と同時に地元に帰りたい人などは退職と同時に引っ越しまで一直線で行えるので便利です。

\トリケシに依頼する/

転職成功でキャッシュバック【退職代行ネルサポ】

退職代行ネルサポ
料金キャンペーン価格22,000円(税込)

リピーター:20,000円(税込)

追加料金なし
返金保証あり
対応スピード即日対応可能
弁護士の有無弁護士監修・労働組合が対応
実績累計退職者5000人突破
その他

弁護士監修の退職届テンプレートありト

転職サポートあり(お祝い金5万円)

退職代行ネルサポは2021年設立の労働組合「合同労働組合ユニオンネルサポート」が対応してくれます。会社に団体交渉申込書を送付することで交渉が可能です。

 

特徴としてはアフターフォローとして転職サポートがあり、これを利用して転職に成功すると5万円キャッシュバックがあることです。

※初勤務日から3ヶ月経過後にキャッシュバックされる

 

転職後のキャッシュバックがあれば退職代行にかかった費用以上に収入が得られるので、今後すぐに転職するつもりでお金に困っている人におすすめです。

\退職代行ネルサポに依頼する/

完全後払い制でスピード重視【退職代行 即ヤメ】

退職代行 即ヤメ
料金24,000円(税込)
追加料金なし
返金保証完全後払い制(審査あり)
対応スピード即日対応可能
弁護士の有無弁護士監修・労働組合が対応
実績記載なし
その他退職届テンプレートプレゼント

退職代行 即ヤメも退職代行ネルサポと同じ労働組合「合同労働組合ユニオンネルサポ―ト」が代行サービスを実施してくれます。

 

完全後払い制を導入しており、審査はあるものの、それに通ればすぐに退職代行手続きを行ってくれます。支払うのは退職日が受理されてから1ヶ月以内となっています。

\退職代行 即ヤメに依頼する/

いざとなれば弁護士を紹介してくれる【ABAYO】

ABAYO
料金22,000円(税込)

※有給の消化、未払い残業代の請求、弁護士に相談する場合などは別途弁護士代が必要

追加料金退職のみなら追加料金なし
返金保証記載なし
対応スピード即日退職可能
弁護士の有無弁護士監修
実績労務に強い弁護士紹介可能
その他

再就職支援あり

ABAYOは弁護士監修で、非常に安い費用で代行を請け負ってくれます。また、会社と交渉したい場合は提携している弁護士を紹介してくれるので、臨機応変に対応可能です。

 

ほかにも大手派遣会社とも提携しているので、次の仕事のあてがない人はつなぎとして派遣社員として仕事を始めることができます。派遣社員を希望している人には一石二鳥です。

\ABAYOに依頼する/

後払いサービスあり【辞めるんです】

辞めるんです
料金27,000円(税込)
追加料金なし
返金保証あり
対応スピード即日退職可能
弁護士の有無弁護士監修
実績実績件数10,000件以上
その他

退職届テンプレートプレゼント

有給消化サポート

退職実績10,000件を誇る「辞めるんです」の主な特徴は後払いサービスを導入しているところです。

 

多くの退職代行サービスは先に支払いを済ませてから代行業務をスタートさせますが、辞めるんですは先払いのほかに後払いも採用。後払いにしたい場合は会社への入電希望日を決定した時点で予約が完了し、退職代行を進めてくれます。

 

先払いに不安がある方に嬉しいサービスです。

\辞めるんですに依頼する/

労働組合が対応【男の退職代行】

男の退職代行
料金

正社員・契約社員・派遣社員・内定辞退など:26,800円(税込)

アルバイト・パート:19,800円(税込)

追加料金なし
返金保証あり
対応スピード即日退職可能
弁護士の有無弁護士の指導&労働組合が対応
実績

JRAA(日本退職代行協会)「特級認定」取得

メディア掲載実績多数

その他転職サポートあり

男の退職代行は、合同労働組合「退職代行toNEXTユニオン」の退職代行サービスです。退職代行業務は合同労働組合が実施することと、弁護士の指導を受けていることから、比較的安心して利用できます。

 

男の退職代行は転職サポートサービスとも提携しているので、退職と転職をセットで行いたい人に便利です。

\男の退職代行に依頼する/

労働組合が対応【わたしNEXT】

わたしNEXT
料金

正社員・契約社員・派遣社員・内定辞退など:29,800円(税込)

アルバイト・パート:19,800円(税込)

追加料金なし
返金保証あり
対応スピード即日退職可能
弁護士の有無弁護士の指導&労働組合が対応
実績

JRAA(日本退職代行協会)「特級認定」取得

メディア掲載実績多数

その他転職サポートあり

わたしNEXTも、男の退職代行と同じ合同労働組合「退職代行toNEXTユニオン」が運営するサービスです。

 

女性利用者の声も記載されてるので、気になる方はホームページを見てみましょう。

\わたしNEXTに依頼する/

行政書士事務所の【retry(リトライ)】

retry(リトライ)
料金正社員・派遣社員・契約社員:30,000円(税込)

アルバイト・パート:20,000円(税込)

追加料金なし
返金保証あり
対応スピード即日対応可能
弁護士の有無
実績行政書士事務所が対応
その他

高砂、加古川や播磨町、稲美町、加西市、小野市、太子町、たつの市や三木市在住のお客様には自宅訪問可能

退職代行サービスのretry(リトライ)は兵庫県高砂市にある行政書士事務所のサービスです。高砂、加古川、播磨町、稲美町、加西市、小野市、太子町、たつの市、三木市在住のお客様には自宅訪問による対応も可能です。

 

弁護士や労働組合ではないですが、行政書士事務所なので法律にのっとり、お客様にきちんと向き合って問題解決することをモットーにしています。

\retry(リトライ)に依頼する/

有料の転職サポートあり【キャリアサンライズ】

キャリアサンライズ
料金15,000円(税込)

オプション:転職支援サービス10,000円(税込)

追加料金なし
返金保証あり
対応スピード即日対応可能
弁護士の有無
実績人事・採用の経験者が対応
その他有料で転職支援サポートあり

キャリアサンライズは人事・採用の経験者が対応してくれる退職代行サービスです。ホームページ上では出来ること出来ないことをはっきりと明記しています。

出来ることは退職の連絡有給休暇取得の申し出

 

出来ないことは有給休暇の日数の調整各種保険の手続き上司の解任依頼ハラスメント等への対応などです。

 

キャリアサンライズの特徴は人事の経験を生かした転職支援サポートが受けられることです。

オプション価格は1万円(税込)ですが、企業を選ぶポイントやブラック企業の見分け方、書類の書き方、面接対策まで行ってくれます。

\キャリアサンライズに依頼する/

後払い可能【ピンチヒッター】

ピンチヒッター
料金25,000円(税込)
追加料金なし
返金保証あり
対応スピード即日対応可能
弁護士の有無弁護士による指導
実績退職成功率100%

※退職が完了しないと費用が発生しないので実質100%

その他人材紹介会社の紹介可能

ピンチヒッターは後払いも可能となっています。条件は以下の通りです。

  1. 現住所が確認出来る身分証の提示をお願いします
  2. 期日は30日以内とさせていただきます。
  3. 期日をお守りいただけなかった場合は、法的措置(少額裁判)を行います。
  4. 3の際、代行費用(税込)はもちろんですが、その他諸費用も追加請求いたします

\ピンチヒッターに依頼する/

退職に関するサポート多数【退職代行OITOMA】

退職代行OITOMA
料金24,000円(税込)
追加料金なし
返金保証あり
対応スピード即日退職可能
弁護士の有無記事を弁護士監修・労働組合は不明
実績メディア掲載実績多数
その他

弁護士士監修の退職届テンプレートあり

業務引継ぎ書テンプレートあり

無料転職サポートあり

退職代行OITOMAは「弁護士士監修の退職届テンプレート」「業務引継ぎ書テンプレート」「無料転職サポート」など退職に関するサポートを多く用意してくれています。OITOMAが執筆する記事は弁護士が監修しているので信頼性は高そうです。

 

ただ「労働組合が運営」というのは、どこの労働組合が運営しているのか見つけることができませんでした。関連サイトとして日本労働組合総連合のリンクは貼られていました。また、退職代行のサービス内容は以下の通りです。

オイトマは、お申込みと次条1項の入金を確認した後、ご本人様と合意した日および方法で、退職に関してお勤め先にお伝えを希望する事項の打合せをご本人様と行い、打合せのとおりに、ご本人様の意思をお勤め先にお伝えします。

基本的に伝えるのみとなっています。

交渉については一切行いません↓

  • 退職届等退職に関する書類の作成や提出
  • 退職の可否および退職日の交渉
  • 未払い賃金、退職金、有給休暇に関する交渉
  • その他退職に関わる条件の交渉
  • 弁護士法第72条(非弁行為)その他法令に違反する行為

退職可否の交渉が行えないとのことなので、労働組合が運営というのは本当なのか疑問が残りました。

\退職代行OITOMAに依頼する/

退職スターターキットあり【J-NEXT】

退職代行J-NEXT
料金20,000円(税込)
追加料金なし
返金保証あり
対応スピード即日退職可能
弁護士の有無記載無し
実績記載無し
その他

退職スターターキットプレゼント

引っ越し紹介割引サービス

無料の転職サポート

J-NEXTは人事経験者が退職代行をしてくれます。サポート内容としては以下のようなものがあります。

  • 退職スターターキットプレゼント(退職届や郵送封筒など退職に必要な書類を一式郵送でプレゼント)
  • 引っ越し業者紹介割引サービス(提携先の引っ越し業者の特別ご優待専用ダイヤル)
  • 無料の転職サポート(提携している転職エージェントを紹介)

業界の中でも費用は安いほうです。

\J-NEXTに依頼する/

転職兄さん
転職兄さん

退職代行サービスを使えば、引き留めなど面倒なことに巻き込まれることなく最短で会社を辞めることができる。何らかの理由で退職を言い出せない人や、上司の顔を見ずに退職したい人は利用してみては?