第二新卒が最速最短で正社員になるための方法

第二新卒になってしまった人の中には、「もう正社員になるのは難しいのではないか…?」「正社員への転職は厳しいんじゃ…?」と考えてしまう人もいると思います。私も最初に就いた仕事を辞めた後は、「資格がないと正社員に転職できないかも…」と弱気でした。

 

しかし、現在あなたが第二新卒であるならば、正社員の道を諦めるのは非常にもったいないことです。よく、「第二新卒は正社員になることは出来ない」と言われますが、これはむしろ逆です。第二新卒は正社員になれます。

 

こう言い切れるのは、実際に私が第二新卒から正社員になれたからです。また、同じ時期に転職活動をしていた第二新卒の知り合いもみんな正社員への転職を成功させています。

 

そこで今回は、私も実践した、第二新卒が最速最短で正社員になる方法を紹介していきたいと思います。

Sponsored Link

第二新卒が最短で正社員になるための方法

もし、第二新卒から正社員になりたいのであれば、それ相応の思考と行動を起こさなければなりません。では、以下を読み進めてみてください。

大手企業への転職は一旦諦める

第二新卒は正社員になることが出来ます。ですが、有名企業・大企業ばかりにこだわっていると正社員になれる確率は格段に下がります。なぜなら、大手企業にはライバルとなる多くの求職者が集まり、また、そもそも大手は第二新卒を欲しがらないからです。

第二新卒が大手企業を目指すのは無理?厳しい2つの理由

 

そのため、一旦大手企業へのこだわりは捨て、正社員になることに集中しましょう。

ホワイトな中小企業を探す

第二新卒が目指すべき道は、中小企業の正社員です。ただ、中小企業と言ってもブラック企業ばかりではありません。この部分を勘違いしてはいけません。

 

例えば、私が見つけた求人情報の中には、70年も続く老舗中小企業大手企業を取引先としている安定中小企業高い技術を持っていて大手企業の子会社になった中小企業など、頼もしい会社がたくさんありました。

 

他にも中小企業には良い点があります。それは、人材不足気味な企業が多いことです。人材不足の会社は、決まって将来性のある若い人材を欲します。だから第二新卒にとって有利なのです。

知ってる?第二新卒であることのメリットとデメリット

 

是非、求人情報を探す時は、ホワイトな中小企業を探すように心掛けてください。

転職サイトに頼る

転職活動をする上で大切なことは求人探しです。いかにして運命の会社を見つけ出すかが重要なのです。

 

そこで、第二新卒に強い転職サイトを活用することをおすすめします。例えば、私が利用した『就職Shop』は、実際に企業に足を運んで情報収集をしたアドバイザーさんが、面談を通して私に適した求人を紹介してくれました。

 

逆に、1人で転職サイトを使って求人情報を検索したり、ハローワークで1人黙々と会社を探していると、時間がかかる割には収穫がないんです。そして独断と偏見が大きなミスマッチを生み出します。これではまたすぐに会社を辞める羽目になってしまうでしょう。

 

そういった理由から、求人情報を探す時はなるべく転職サイトの専属アドバイザー(または面談が行えるジョブカフェなど)を積極的に頼ったほうがいいです。

第二新卒向けのおすすめ転職サイト

第二新卒の私はたった1ヶ月で正社員になることが出来た

私は、上記の方法により、たった1ヶ月で正社員の地位を獲得することが出来ました。それも、前に働いていた公務員を4ヶ月で辞めている状態からです。誇れない職歴があっても、第二新卒にふさわしいやり方で転職活動を行えば、正社員になることは十分可能なのです。

 

また、正社員として経験を積めば、今後大手企業への転職の道も開けます。将来の選択肢が増えるということです。

 

だから今の第二新卒には、簡単に正社員を諦めてほしくないのです。

第二新卒だった私が転職成功のために実践した3つのテクニック

まとめ:第二新卒は正社員を目指すべきだと思う

明確に目的があって資格の勉強をしたかったり、正社員じゃ無理だけどどうしてもやりたい仕事があって契約社員を目指すのはいいでしょう。

 

しかし、「正社員は無理だから…」のような後ろ向きな理由で派遣社員・契約社員に転職しようと考えているのなら、もう一度よく考えてみくてださい。正社員にはある福利厚生、ボーナス、昇給、将来への安心感がなくても満足できるでしょうか?

 

私が思うに、第二新卒は簡単に正社員になることは可能です。だからこのページで紹介しているやり方を実践して、後悔しない転職を実現させてください。

【保存版】大きな差がつく求人サイトの使い方とは?

リクナビNEXTで希望の企業像を絞る

「どんな企業に就職したいですか?」

この質問に答えられないようなら、リクナビを使って興味ある業界の求人を片っ端から見ていきましょう。

「○○に貢献したい」「週休2日制は譲れない」などのように、具体的な希望を言えるようになって、初めて理想的な企業への就職が近づきます。

無知は罪なり!

>>リクナビNEXT<<

ミイダスで自分の市場価値を客観視する

仕事の経験が全くない人が大手企業の選考ばかり受けて、無事に就職できるでしょうか?答えはNoです。

このように、自分の市場価値が客観的に理解できてない人は、永遠に的外れな企業に応募し続けることになり、やがて就活意欲がそがれてしまいます。

ミイダスには200万人以上のデータ、7万人以上の転職事例があります。自分と似た立場の人を見つけ、客観的に自分の価値を判定してみましょう。

「どんな企業にチャレンジできるのか?」「どの程度の年収が見込めるのか」など、目安が分かります。

>>MIIDAS(ミイダス)<<

就職Shopで希望を伝え、求人を紹介してもらう

就職Shopは、リクナビでお馴染みの大手人材紹介会社「リクルートキャリア」による若者向け転職エージェントです。

18~29歳までしか利用できませんが、その分、若者を採用したがっている求人にアプローチすることが可能です。

すべての求人の企業が訪問取材済み、利用も完全無料。求人なくして就活は成り立たないので、まずはどんな求人があるのか紹介してもらいましょう。

>>就職Shop<<

第二新卒エージェントneoも並行して利用

第二新卒エージェントneoは、第二新卒以外にも、社会人経験のない既卒、フリーター、ニート、大学中退、高卒など、18~28歳の若者が利用可能です。

最大2時間の初回面談ではキャリアプランなどを練ってくれ、1人10時間の手厚いサポートで内定までをアシストしてくれます。

複数の人材紹介会社でサポートを受けることによって、多角的に求人を紹介してもらえ、可能性が広がり、より希望に近い求人を探すことができます。

納得のいく就職活動をするためにも、人材紹介会社は2~3社は利用するようにしましょう。

>>【第二新卒エージェントneo】<<

関東の求人に強いハタラクティブも利用する

もし関東で求人を探そうと考えているのなら、ハタラクティブも使ってみましょう。

ハタラクティブは関東周辺の求人を主に扱っています。逆に地方の求人は少ないので、利用が向いていない人もいます。

ニート、高卒の支援実績も多いので、自分にPRポイントがなく、自信がない人でも頼ることができます。

まずは気軽に、面談だけでもしてみましょう。

>>ハタラクティブ<<

 

1つの求人サイトだけで就職活動をすると、必ず偏りが出てきてしまいます。自分の将来のためにも、便利なサービスは複数利用していきましょう。

第二新卒
Sponsored Link
転職のお兄さんをフォローする
就活ガッツ