第二新卒が大手企業を目指すのは無理?厳しい2つの理由

私が第二新卒になったばかりの頃は、「どうにかして大手企業へ転職したい!」と考えていました。それもそうですよね。だって大手企業のほうが業績が安定していて、福利厚生もしっかりしていますから。

 

しかし、少しずつ転職活動を進めていくにつれて、第二新卒が大手企業を目指すのは難しいと実感するようになってきました。そして、結果的に大手企業から中小企業への転職を目指すようになりました。

 

ではどうして、第二新卒は大手企業へ転職するのが難しいのでしょうか?

 

今回はその理由を2つ説明していきたいと思います。今は「絶対大手企業に就職したい!」と考えていても、以下を読むと考えがガラッと変わるかもしれません。私の経験談も含まれているので、参考程度にどうぞ。

Sponsored Link

第二新卒が大手企業を目指すのが難しい2つの理由

1.大手企業を目指すと多くのライバルと内定を争うことになる

大手企業は先程も言った通り、業績安定・充実した福利厚生完備なところが多いので非常に人気です。するとどうなるでしょう?

 

あなただけではなく、スキルアップのために転職を考えている人や、新卒の就活生など、多くの人が選考に集まってくることになるのです。必然的にライバルが多くなり、内定までの道が険しくなります。

 

もしこうしたライバルと対等に戦うためには、それ相応の武器が必要です。例えば、その大手企業にとって魅力的な資格・スキルを取得していたり、TOEICで高得点を取っていたり。あなたは即戦力として働けるだけの人材でしょうか?

 

新卒でも就職が難しいと言われる大手企業に、一度会社を辞めている第二新卒が太刀打ちできるのか、厳しいところです。

 

ちなみに私の場合は4ヶ月で公務員を辞めていたので、特に誇れるビジネススキルもなく不利な状況でした。

2.大手企業は新卒を欲しがる傾向にある

大手企業は第二新卒よりも、新卒の就活生を欲しがる傾向にあります。その理由は明白で、すぐに会社を辞めるような第二新卒よりも、これから未来のありそうな新卒を採用したほうが会社の利益につながりそうだからです。

 

さらに、大手企業はその知名度から毎年十分過ぎるほどの数の新卒から応募が殺到します。要するに、大手は人材を選び放題なわけですね。だから大手企業はわざわざ第二新卒を採用しようとも思ってくれないのです。

 

以前こんなことがありました。私が第二新卒になったばかりの頃、転職サイト経由で大手企業に選考の応募を行いました。しかし、数週間後、なんと選考お断りのメールが届いたのです。これにはなかなかショックを受けましたし、今後の転職活動に不安を覚えました。

第二新卒が大手企業を狙うためにはどうすれば良いのか?

それでも大手企業を目指したいのであれば、それ相応の準備が必要になると思っています。

自分には即戦力となるスキルは備わっているか?

そもそも、自分には転職してから即戦力となり得るスキルがあるでしょうか?または、最初に就職した会社で何かアピールできるような実績を残せたでしょうか?

 

こういった自己PRの材料がないのに大手企業を目指しているのであれば、それはただの高望みの可能性があります。身の丈に合わない環境ではいくら待遇が良くても長くはやっていけません。

明確な転職理由を伝えることは出来るか?

第二新卒の立場で転職するとなると、面接ではかなりの確率で転職理由を聞かれます。これは前の会社の退職理由を聞かれるということでもあります。

 

この時、面接官を納得させるだけの説明が出来るでしょうか?

 

基本的に面接官は「第二新卒のあなたを採用することが会社の利益につながるか?」を考えます。その疑問を解消させることが出来なければ、内定を獲得することは至難の業です。

私が大手企業ではなく中小企業に方向転換した理由

確実に正社員になりたかった

私は転職活動を始めてから比較的早く中小企業に狙いを定めるようになりました。大手は考えないようにしたのです。

 

その理由は、どうしても正社員になりたかったから。

 

内定の難しい大手企業ばかり狙って転職活動をするよりも、私のような第二新卒は中小企業一本に絞ったほうが就職しやすいのは明らかです。また、中小企業でも正社員になることが出来れば、派遣社員や契約社員よりは明らかに内容のいい福利厚生を受けることが出来ます。

早く就職したかった

ただ単に「早く就職したい!」と考えているだけでは転職に失敗する危険性もありますが、それでも周りの友人が順調に社会人として働いているのを見て、私も「早く働きたい!」と思うようになりました。

 

そうすると当然、大手企業より中小企業を狙ったほうがスムーズに転職を成功させることが出来ます。私の場合は『20代の若者向け求人サイト』で紹介しているような転職サイトを利用していたのですが、こういったサービスは私の希望をよく聞いて求人を紹介してくれたので、すんなり内定を獲得することが出来ました。

まとめ

決して第二新卒が大手企業に就職できないというわけではないので、諦める必要はありません。ただ、難しいのです。実際に転職活動をしてきて、私に大手企業を狙うだけの能力はありませんでした。

 

しかし、今は中小企業に入社していても、今後ビジネススキルを磨いてから大手企業に転職することは可能です。だからどんな立場にいようと目標を持っておくことが大事ですね。

 

自分にはどのような道がふさわしいのか?

 

今の自分を見つめることが、より自分に合った環境を手に入れるための方法だと思っています。

【保存版】大きな差がつく求人サイトの使い方とは?

リクナビNEXTで希望の企業像を絞る

「どんな企業に就職したいですか?」

この質問に答えられないようなら、リクナビを使って興味ある業界の求人を片っ端から見ていきましょう。

「○○に貢献したい」「週休2日制は譲れない」などのように、具体的な希望を言えるようになって、初めて理想的な企業への就職が近づきます。

無知は罪なり!

>>リクナビNEXT<<

ミイダスで自分の市場価値を客観視する

仕事の経験が全くない人が大手企業の選考ばかり受けて、無事に就職できるでしょうか?答えはNoです。

このように、自分の市場価値が客観的に理解できてない人は、永遠に的外れな企業に応募し続けることになり、やがて就活意欲がそがれてしまいます。

ミイダスには200万人以上のデータ、7万人以上の転職事例があります。自分と似た立場の人を見つけ、客観的に自分の価値を判定してみましょう。

「どんな企業にチャレンジできるのか?」「どの程度の年収が見込めるのか」など、目安が分かります。

>>MIIDAS(ミイダス)<<

就職Shopで希望を伝え、求人を紹介してもらう

就職Shopは、リクナビでお馴染みの大手人材紹介会社「リクルートキャリア」による若者向け転職エージェントです。

18~29歳までしか利用できませんが、その分、若者を採用したがっている求人にアプローチすることが可能です。

すべての求人の企業が訪問取材済み、利用も完全無料。求人なくして就活は成り立たないので、まずはどんな求人があるのか紹介してもらいましょう。

>>就職Shop<<

第二新卒エージェントneoも並行して利用

第二新卒エージェントneoは、第二新卒以外にも、社会人経験のない既卒、フリーター、ニート、大学中退、高卒など、18~28歳の若者が利用可能です。

最大2時間の初回面談ではキャリアプランなどを練ってくれ、1人10時間の手厚いサポートで内定までをアシストしてくれます。

複数の人材紹介会社でサポートを受けることによって、多角的に求人を紹介してもらえ、可能性が広がり、より希望に近い求人を探すことができます。

納得のいく就職活動をするためにも、人材紹介会社は2~3社は利用するようにしましょう。

>>【第二新卒エージェントneo】<<

関東の求人に強いハタラクティブも利用する

もし関東で求人を探そうと考えているのなら、ハタラクティブも使ってみましょう。

ハタラクティブは関東周辺の求人を主に扱っています。逆に地方の求人は少ないので、利用が向いていない人もいます。

ニート、高卒の支援実績も多いので、自分にPRポイントがなく、自信がない人でも頼ることができます。

まずは気軽に、面談だけでもしてみましょう。

>>ハタラクティブ<<

 

1つの求人サイトだけで就職活動をすると、必ず偏りが出てきてしまいます。自分の将来のためにも、便利なサービスは複数利用していきましょう。

第二新卒
Sponsored Link
転職のお兄さんをフォローする
就活ガッツ