第二新卒な私が履歴書を手書きにする2つのメリット

就活・転職をする時に必ず企業に提出する書類と言えば履歴書ですね。そして、この履歴書には作成方法が2つ存在します。それが、手書きパソコン作成です。

 

これから履歴書を作成しようと思っている人の中には、どちらのほうが面接官に好印象なのか、どちらが主流なのか、分からない人もいるのではないでしょうか?これについてはそれぞれにメリット・デメリットがあり、私は手書きを推奨しています。

 

そこで、ここからは手書きとパソコン作成のメリット・デメリットをそれぞれまとめ、第二新卒であった私が履歴書を手書きにしていた理由を2つ紹介していきます。どちらで書こうか悩んでいる人は是非参考にしてみてください。

Sponsored Link

履歴書は手書きかパソコン作成か

手書きのメリット・デメリット

メリット

履歴書を手書きで書くメリットとしては、自分の字で自分をアピール出来るところです。自分の手で文章を書くということは、それだけで面接官には丁寧に書いているのか適当に書いているのかが一目で判断されます。

 

例えば、文字の大きさや間隔に統一感があれば、それだけ集中して作成したことが明らかです。逆に、走り書きであったり、誤字脱字が多ければ見直しなどをしないいい加減な人物だということが判明します。

 

また、手書きで履歴書を書く行為は時間と手間暇がかかるため、面接官によっては誠意が伝わると私は思っています。

デメリット

手書きで履歴書を作成するとなると、丁寧に文字を書いていかなければならないので非常に時間がかかります。また、修正液・修正テープは使えないため1文字もミスは許されません。万が一ミスをしてしまった場合は一から書き直さなければならず、一時的に絶望感を味わいます。

 

また、どう頑張っても読みにくい下手な文字しか書けない人は、読み手(面接官)を手こずらせてしまうために評価が下がってしまう可能性があります。気を付けなければならないことが多くあるのです。

パソコン作成のメリット・デメリット

メリット

パソコンで履歴書を作成する最大のメリットはその手軽さにあります。パソコン上にフォーマットを用意し、そこに文章を打っていけば良いだけですからね。万が一誤字脱字が見つかっても、その場で修正することが出来るので安心です。

 

また、作成した履歴書はデータとしてパソコン上に保存することが出来、他企業の選考を受けようと履歴書を作成する時は、保存されている文章を使い回すことも可能です。

 

また、いくら手書きで文字が下手な人でもパソコン上では関係なく、効率的に履歴書が出来上がるのです。

 

さらに、履歴書をパソコン作成することで、パソコンを使えることを暗にアピールすることも出来ます。そのため、パソコンを多用するような職種の選考を受けているのであれば手書きの人よりも有利に働く可能性があります。

デメリット

面接官の中には、パソコンで履歴書を作成することを快く思っていない人もいます。その理由は人間味が感じられないからです。

 

パソコンで履歴書を作ってしまうと、すべての文字が機械的で個性が伝わってきません。対して手書きであれば、どんな文字を書くのか、どんな性格の人間なのか想像することが出来ます。もちろん文章の内容が一番重要なことは言うまでもありませんが、こういった考えを持つ面接官もいるので頭に入れておきましょう。

第二新卒な私が手書きを選んだ2つの理由

手書きとパソコン作成にはそれぞれメリットがありますが、最終的に私が第二新卒として転職活動をしていた頃は、手書きを選択していました。その理由は主に2つあります。

企業に対する思い入れが強くなる

履歴書を手書きで書くというのは、とても時間がかかり、「間違えてはいけない」というプレッシャーもあって大変です。しかし、その分企業に対して思い入れが強くなることも確か。

 

私が履歴書を書く時はかなり集中して書いていたため、「これだけ時間をかけたのだから面接を突破したい」という気持ちが強くなっていきました。無駄なことと思う人もいるでしょうが、私はこうして自分のモチベーションを上げていました。

 

履歴書を時間をかけて作成すれば、それだけ選考を控える企業を適当には受けられなくなり、準備も念入りに行うようになります。これは好循環ですね。これがパソコン作成であれば、「企業の選考に落ちても、またすぐに履歴書を作成して次に行けばいい」と軽く考えていたかもしれませんから。

誠意を伝えることが出来る

履歴書を手書きで書く時は、自己PR欄や志望動機欄が8割以上は埋まるように記入していました。私は、自分の手で丁寧な文字をそれぞれの欄にしっかり書き込んでいくことで、面接官に少しでも本気度・誠意が伝われば良いと思っていたのです。

 

手書きで誠意が伝わるかどうかは実際のところ分かりませんが、多くの文字を丁寧に書いていれば作成に時間がかかっていることは誰でも分かります。手間暇をかけているということを少しでも面接官に示すために、私は手書きを選んでいたのです。

まとめ

私は、企業に対する思い入れを強くするため・面接官に誠意を伝えるために手書きを選んでいました。ただ、手書きでも誠意が伝わらない面接官はいますし、IT関係・パソコン関係の企業を受けるのであれば、履歴書はパソコン作成のほうが好まれると思っています。

 

また、結局は手書きかパソコン作成かではなく、履歴書に記入する内容が何より重要であり、その出来が内定に直結します。よって、しっかりと面接官にアピールするために自己PRや志望動機を作り込む必要があるのです。

 

自己PRを作りたい人は『就活の面接でかなり使える自己PRの具体的な作り方』を参考。志望動機を練りたい人は『面接で使える!志望動機を絞り出すための多角的企業研究』で詳しく解説しているので読んでみてください。

【保存版】大きな差がつく求人サイトの使い方とは?

リクナビNEXTで希望の企業像を絞る

「どんな企業に就職したいですか?」

この質問に答えられないようなら、リクナビを使って興味ある業界の求人を片っ端から見ていきましょう。

「○○に貢献したい」「週休2日制は譲れない」などのように、具体的な希望を言えるようになって、初めて理想的な企業への就職が近づきます。

無知は罪なり!

>>リクナビNEXT<<

ミイダスで自分の市場価値を客観視する

仕事の経験が全くない人が大手企業の選考ばかり受けて、無事に就職できるでしょうか?答えはNoです。

このように、自分の市場価値が客観的に理解できてない人は、永遠に的外れな企業に応募し続けることになり、やがて就活意欲がそがれてしまいます。

ミイダスには200万人以上のデータ、7万人以上の転職事例があります。自分と似た立場の人を見つけ、客観的に自分の価値を判定してみましょう。

「どんな企業にチャレンジできるのか?」「どの程度の年収が見込めるのか」など、目安が分かります。

>>MIIDAS(ミイダス)<<

就職Shopで希望を伝え、求人を紹介してもらう

就職Shopは、リクナビでお馴染みの大手人材紹介会社「リクルートキャリア」による若者向け転職エージェントです。

18~29歳までしか利用できませんが、その分、若者を採用したがっている求人にアプローチすることが可能です。

すべての求人の企業が訪問取材済み、利用も完全無料。求人なくして就活は成り立たないので、まずはどんな求人があるのか紹介してもらいましょう。

>>就職Shop<<

第二新卒エージェントneoも並行して利用

第二新卒エージェントneoは、第二新卒以外にも、社会人経験のない既卒、フリーター、ニート、大学中退、高卒など、18~28歳の若者が利用可能です。

最大2時間の初回面談ではキャリアプランなどを練ってくれ、1人10時間の手厚いサポートで内定までをアシストしてくれます。

複数の人材紹介会社でサポートを受けることによって、多角的に求人を紹介してもらえ、可能性が広がり、より希望に近い求人を探すことができます。

納得のいく就職活動をするためにも、人材紹介会社は2~3社は利用するようにしましょう。

>>【第二新卒エージェントneo】<<

関東の求人に強いハタラクティブも利用する

もし関東で求人を探そうと考えているのなら、ハタラクティブも使ってみましょう。

ハタラクティブは関東周辺の求人を主に扱っています。逆に地方の求人は少ないので、利用が向いていない人もいます。

ニート、高卒の支援実績も多いので、自分にPRポイントがなく、自信がない人でも頼ることができます。

まずは気軽に、面談だけでもしてみましょう。

>>ハタラクティブ<<

 

1つの求人サイトだけで就職活動をすると、必ず偏りが出てきてしまいます。自分の将来のためにも、便利なサービスは複数利用していきましょう。

履歴書の書き方
Sponsored Link
転職のお兄さんをフォローする
就活ガッツ