私が第二新卒だった時の面接の服装を紹介!

第二新卒となって、面接をする時に迷うのが服装です。新卒のようにリクルートスーツでもいいのか、夏は暑苦しいからクールビズにしたほうがいいのか、ビジネスバッグは必要か、Yシャツなどんなものが良いのか等々。

 

また、企業によっては「服装自由」としているところもありますから、ますます服装に悩んでしまいます。

 

以前、『ことごとく就活の面接で落ちる人の6つの原因』のページでも書きましたが、面接は第一印象がとても重要です。スタートで悪い印象が付いてしまうと、その後にも影響します。

 

そこでこのページでは、第二新卒が面接でどんな服装をすればいいのか紹介していきたいと思います。私が第二新卒だった時の話ですからきっと参考になるでしょう。

Sponsored Link

第二新卒にふさわしい服装とは?

私が第二新卒として転職活動していた時は、決まってスーツを着ていました。

 

それも、高校の卒業式のために買ったスーツです。わざわざ新卒の就活の時にはリクルートスーツなどは買わず、あるもので済ませていたのです。

 

ちなみに、この時のスーツの色は黒に近いグレーです。↓

就活ガッツ第二新卒の時の服装スーツ

リクルートスーツはいいのか悪いのか

たまに、「第二新卒はリクルートスーツなど着てはいけない!」と言う人がいるそうですが、私はそうは思いません。リクルートスーツだって立派なスーツです。

 

そもそも、リクルートスーツと会社員が着ているビジネススーツは何が違うのでしょうか?

 

スーツなら、ストライプの入っているような派手なものでなければ、十分面接で使えます。具体的には黒や紺、暗いグレーでしょうか。このあたりの色のものなら全く問題ありません。

ビジネスバッグは必要か

ビジネスバッグはあったほうがいいでしょう。なぜなら、ビジネスバッグがないと悪い意味で目立つからです。

 

本来、転職活動をしている人ならば、筆記用具や手帳、書類などを持っているはずです。また、もしかしたら面接後に企業から何か書類を手渡されるかもしれません。そうした時にビジネスバッグがないと不便です。

 

実際、私が転職活動をしていた時に、手ぶらで面接を受けに来ている人は1人もいませんでした。

 

ビジネスバッグは5,000円以下の薄いものでも良いので、用意するようにしましょう。

夏はクールビズにしたほうがいいのか

いくら夏が暑くとも、面接のような公式の場では長袖のYシャツにジャケットを着るべきです。それが相手に失礼のない姿です。特に営業職のようなきっちりした職種はなおさらです。

 

もちろん、家を出てからずっと着ていなくても良いです。面接をする会社までは、スーツを片手にシャツを腕まくりして向かえば良いでしょう。

 

ただ例外もあります。前もって企業から「クールビズOK」「服装自由」と言われていれば、涼しい格好で面接を受けてもいいと思います。例えば、公務員のようにクールビズを推奨しているところは半袖のYシャツでも問題ないでしょう。

(私は公務員の集団面接で半袖Yシャツを着て臨みましたが、それでも通りました)

Yシャツはどんなものがいいのか

Yシャツはシンプルに白のものから、柄あり、襟にボタンが付いているものまで様々です。

 

これについては、どれを選んでも問題ないと思っています。前の会社で何年か働いていた人なら柄のあるYシャツを着ている人もいたでしょうし、私のように数ヶ月しか働かなかった人は無地の白シャツしか持ってない人もいます。

 

私の場合は無地の白シャツで、襟にボタンがないものを着て面接を受けていましたが、合否への影響は何も感じませんでした。

「服装自由」の意味とは

企業によっては、面接時の服装を「服装自由」としているところもあります。これを聞くと「自由ってことは私服でもいいの?」と考えてしまう人もいそうですが、そうではありません。

 

「服装自由」の意味は、“あくまでビジネスの場であることを考慮し、常識の範囲内で服装自由”なのです。

 

もし私服でもいいのであれば、「服装自由」ではなく「私服OK」と伝えてくるでしょう。

 

間違っても、私服で面接に向かわないようにしましょう。

まとめ

私が転職活動をしていた時は、民間企業の場合、無難なスーツ(ジャケットあり)に、長袖の白いYシャツ、紺色の落ち着いたネクタイ、5,000円程度のビジネスバッグで統一していました。

 

他の転職活動をしている人を見ても、Yシャツにちょっと柄の入った人もいましたが、全体的には服装に大差ありませんでした。

 

新たにスーツを買うとしても、大型ショッピングモールに入っているお店のもの(イオンなど)で十分間に合います。

【保存版】大きな差がつく求人サイトの使い方とは?

リクナビNEXTで希望の企業像を絞る

「どんな企業に就職したいですか?」

この質問に答えられないようなら、リクナビを使って興味ある業界の求人を片っ端から見ていきましょう。

「○○に貢献したい」「週休2日制は譲れない」などのように、具体的な希望を言えるようになって、初めて理想的な企業への就職が近づきます。

無知は罪なり!

>>リクナビNEXT<<

ミイダスで自分の市場価値を客観視する

仕事の経験が全くない人が大手企業の選考ばかり受けて、無事に就職できるでしょうか?答えはNoです。

このように、自分の市場価値が客観的に理解できてない人は、永遠に的外れな企業に応募し続けることになり、やがて就活意欲がそがれてしまいます。

ミイダスには200万人以上のデータ、7万人以上の転職事例があります。自分と似た立場の人を見つけ、客観的に自分の価値を判定してみましょう。

「どんな企業にチャレンジできるのか?」「どの程度の年収が見込めるのか」など、目安が分かります。

>>MIIDAS(ミイダス)<<

就職Shopで希望を伝え、求人を紹介してもらう

就職Shopは、リクナビでお馴染みの大手人材紹介会社「リクルートキャリア」による若者向け転職エージェントです。

18~29歳までしか利用できませんが、その分、若者を採用したがっている求人にアプローチすることが可能です。

すべての求人の企業が訪問取材済み、利用も完全無料。求人なくして就活は成り立たないので、まずはどんな求人があるのか紹介してもらいましょう。

>>就職Shop<<

第二新卒エージェントneoも並行して利用

第二新卒エージェントneoは、第二新卒以外にも、社会人経験のない既卒、フリーター、ニート、大学中退、高卒など、18~28歳の若者が利用可能です。

最大2時間の初回面談ではキャリアプランなどを練ってくれ、1人10時間の手厚いサポートで内定までをアシストしてくれます。

複数の人材紹介会社でサポートを受けることによって、多角的に求人を紹介してもらえ、可能性が広がり、より希望に近い求人を探すことができます。

納得のいく就職活動をするためにも、人材紹介会社は2~3社は利用するようにしましょう。

>>【第二新卒エージェントneo】<<

関東の求人に強いハタラクティブも利用する

もし関東で求人を探そうと考えているのなら、ハタラクティブも使ってみましょう。

ハタラクティブは関東周辺の求人を主に扱っています。逆に地方の求人は少ないので、利用が向いていない人もいます。

ニート、高卒の支援実績も多いので、自分にPRポイントがなく、自信がない人でも頼ることができます。

まずは気軽に、面談だけでもしてみましょう。

>>ハタラクティブ<<

 

1つの求人サイトだけで就職活動をすると、必ず偏りが出てきてしまいます。自分の将来のためにも、便利なサービスは複数利用していきましょう。

第二新卒
Sponsored Link
転職のお兄さんをフォローする
就活ガッツ