何歳までを「第二新卒」と呼ぶのか?

新卒で就職した数年で会社を辞めてしまうと、「第二新卒」と呼ばれるようになることはあなたも知っていると思います。しかし、その定義はあいまいで、年齢的には何歳までを「第二新卒」と呼ぶのか、分からない人も多いのではないでしょうか?

 

私のように4ヶ月ほどで退職してしまった人なんかは無条件で第二新卒だと分かりますが、初めて就職した会社を2~3年で退職したような人は、迷うところです。

 

そこで、このページでは第二新卒と呼ばれる年齢はいつまでなのか、定義をしっかりと確認していきたいと思います。さらに、私が第二新卒だった時に感じた「第二新卒の印象」と、第二新卒か否かによって転職活動はどう変わるのか、についても言及していきます。

 

第二新卒についてまだよく分かっていない人なら、最後まで読めば今後の転職活動の方向性を見いだせるようになると思います。是非参考にしてみてください。

Sponsored Link

第二新卒は何歳までか?

まず初めに、第二新卒の定義について確認してみます。

 

【第二新卒とは?】

大学などを卒業してから企業へ就職したものの、3年以内に退職した、または転職を希望する求職者を指すと言われている。

もともとは社会人経験、就業経験を持っている25歳位までの求職者を指すことが一般的であったが、最近では社会人経験、就業経験のない25歳位までの求職者を含むケースも一部で見受けられる。

 

第二新卒|コトバンク

 

実は第二新卒には明確な定義があるわけではありません。そのため、第二新卒の受け取り方は企業・求人サイトによって多少異なります。ですが、基本的には上に書いてあるような内容の人材を「第二新卒」と呼ぶようになりました。

 

簡単にまとめると、第二新卒とは大学を卒業してから3年以内の者(就業経験有)であり、年齢で言うならば25歳以下の者です。

 

すると、大学院を卒業してから3年以内の者はどうなるのでしょうか?年齢で言えば27歳以下ということになりますが、私の経験からすると、27歳で第二新卒と呼ぶのは少し違和感があります。

 

もともと第二新卒という言葉には、若さの意が込められているので、27歳で第二新卒と言うのは無理があるように感じます。あくまで主観ですが。とにかく、第二新卒には確固たる定義が存在しているわけではないので、断定は出来ないのです。

第二新卒の転職活動の方向性

もしあなたが第二新卒に当てはまっているのなら、是非私の転職体験談を読んでみてください。非常に長いですが、その当時の様子を『プロフィール』のページに細かく書き記しています。

 

また、第二新卒になってしまうと、新卒の時と比べて転職が多少しづらくなります。その理由は、早い段階で会社を辞めているからです。悲しいことですが、数ヶ月~数年で会社を辞めてしまった人は面接官から「何か問題があるのでは?」「また会社をすぐに辞めてしまうのでは?」と疑われてしまいます。面接官を納得させられるだけの退職理由があればいいのですが、そんな人はなかなかいません。

第二新卒の面接における退職理由7つの例文

 

そのため、第二新卒が転職活動をする時は優良な中小企業を狙っていくのが定石です。私が転職活動をする時もそうでしたが、『20代の若者向け求人サイト』で紹介している求人サイト(就職Shop)を利用して企業を探していました。

 

第二新卒は自分が置かれている状況を理解し、その状況下で最も自分のためになる方向性を見つけて就活を行ってください。

第二新卒者が転職に失敗する残念な特徴5パターン

第二新卒ではない時の転職活動の方向性

もし、大学を卒業してから3年以内の者(就業経験有)25歳以下の者の条件に当てはまらなかった場合でも、29歳以下であれば『20代の若者向け求人サイト』で紹介している転職サイトを使うことは可能です。

 

しかし、すでに30歳以上の人は、リクナビネクストやDODA、エン転職のような一般者向けの求人サイトを使って転職活動をするか、ハローワークなどの就職支援サービスを利用するしかありません。

まとめ

ここまで読んで頂ければ、第二新卒のイメージや、これから進むべき方向性が見えてきたと思います。

 

そして最後に伝えたいこと、それは、若さは転職に強いということです。若ければそれだけで企業からの需要があります。私も当時23歳だったこともあって、求人サイトを使い始めてからたった1ヶ月で内定をもらっています。

 

若さは武器になることを忘れずに、なるべく早く転職活動を開始しましょう。

【保存版】大きな差がつく求人サイトの使い方とは?

リクナビNEXTで希望の企業像を絞る

「どんな企業に就職したいですか?」

この質問に答えられないようなら、リクナビを使って興味ある業界の求人を片っ端から見ていきましょう。

「○○に貢献したい」「週休2日制は譲れない」などのように、具体的な希望を言えるようになって、初めて理想的な企業への就職が近づきます。

無知は罪なり!

>>リクナビNEXT<<

ミイダスで自分の市場価値を客観視する

仕事の経験が全くない人が大手企業の選考ばかり受けて、無事に就職できるでしょうか?答えはNoです。

このように、自分の市場価値が客観的に理解できてない人は、永遠に的外れな企業に応募し続けることになり、やがて就活意欲がそがれてしまいます。

ミイダスには200万人以上のデータ、7万人以上の転職事例があります。自分と似た立場の人を見つけ、客観的に自分の価値を判定してみましょう。

「どんな企業にチャレンジできるのか?」「どの程度の年収が見込めるのか」など、目安が分かります。

>>MIIDAS(ミイダス)<<

就職Shopで希望を伝え、求人を紹介してもらう

就職Shopは、リクナビでお馴染みの大手人材紹介会社「リクルートキャリア」による若者向け転職エージェントです。

18~29歳までしか利用できませんが、その分、若者を採用したがっている求人にアプローチすることが可能です。

すべての求人の企業が訪問取材済み、利用も完全無料。求人なくして就活は成り立たないので、まずはどんな求人があるのか紹介してもらいましょう。

>>就職Shop<<

第二新卒エージェントneoも並行して利用

第二新卒エージェントneoは、第二新卒以外にも、社会人経験のない既卒、フリーター、ニート、大学中退、高卒など、18~28歳の若者が利用可能です。

最大2時間の初回面談ではキャリアプランなどを練ってくれ、1人10時間の手厚いサポートで内定までをアシストしてくれます。

複数の人材紹介会社でサポートを受けることによって、多角的に求人を紹介してもらえ、可能性が広がり、より希望に近い求人を探すことができます。

納得のいく就職活動をするためにも、人材紹介会社は2~3社は利用するようにしましょう。

>>【第二新卒エージェントneo】<<

関東の求人に強いハタラクティブも利用する

もし関東で求人を探そうと考えているのなら、ハタラクティブも使ってみましょう。

ハタラクティブは関東周辺の求人を主に扱っています。逆に地方の求人は少ないので、利用が向いていない人もいます。

ニート、高卒の支援実績も多いので、自分にPRポイントがなく、自信がない人でも頼ることができます。

まずは気軽に、面談だけでもしてみましょう。

>>ハタラクティブ<<

 

1つの求人サイトだけで就職活動をすると、必ず偏りが出てきてしまいます。自分の将来のためにも、便利なサービスは複数利用していきましょう。

第二新卒
Sponsored Link
転職のお兄さんをフォローする
就活ガッツ