ニートはいきなり大手企業に就職することは出来ない

ニートを長年やっていると、「もう大手企業に就職することは出来ないんじゃないか…」と諦めムードに陥ってしまうものですが、この感覚はあまり間違っていません。

 

確かに、ニート歴が長い人は大手企業から相手にされることはほとんどないと思っています。ただ、ずっと大手とは縁遠いのかというと、そうでもないのです。

 

そこで今回は、ニートと大手企業との関係と、ニートでも大手企業への就職チャンスはあることについて書いていきたいと思います。

Sponsored Link

ニートはいきなり大手企業に就職することは出来ない

ニートといっても、以前どこかの企業に勤めていて、アピール材料(職歴など)のある人は大手でも通用するかもしれません。

 

しかし、まともに社会人を経験していない人や、これまでアルバイトくらいしかしたことのないようなニートは、第一印象からして良くありません。

 

さらに、大手企業は多くの人材が面接を受けに来るので、よっぽど即戦力がない限りニートが採用される可能性は低いのです。

 

実際、ほとんど職歴のない私が転職活動をした時も、人材紹介会社の専属アドバイザーさんから「大手の求人はないよ」と言われていました。やはりトップクラスの企業を狙うにはそれなりにスキルがないと無理そうでした。

ニートが大手を狙うなら段階を踏むべき

どうしても大手企業に入社したいと考えているなら、まずはニートでも受け入れてくれるそこそこの企業を見つけて入社し、確実に経験を積むべきです。

 

中には「一度就職してしまったら、もう一生そこで働き続けることになるのでは…」と不安になる人もいますが、世の中には転職する人は数多くいます。

 

こう言い切れるのは、私の転職先に勤めている人の90%がよそからの転職者だったからです。この事実を知った時は、「こんなに転職する人っているんだ」と驚いたものです。

 

しかし、逆に希望も持つことが出来るようになりました。もし勤めている職場に納得が行かなければ、また転職してもいいんだと思えるようになったのです。そう思えば気持ちが楽になりますし、ビジネススキルを習得するために今を全力で頑張ろうとも思えました。

 

こうしたことから、現在は能力のないニートでも、まず働ける職場で着実に実績を作ることで、のちのち大手企業への転職を目指すことも出来ると言えるのです。

ニートが正社員に復帰する時の会社選びが重要になる

段階を踏めばニートでも大手企業に就職できる可能性はありますが、その過程がとても重要です。しっかりとした中小企業で実績を作れなければ将来的に転職は難しくなります。

 

特に、会社選びを間違えてしまってブラック企業に就職してしまえば、過酷な労働が待っていますし、すぐに辞めるにしても職歴に傷がついてしまうことに変わりはありません。

 

そこでニートがこれから就活を始める時には、自分一人で判断しないことが重要です。

 

どういうことかというと、自分だけで企業を決めて、自分だけで選考・面接の対策をするのではなく人材紹介会社のアドバイザーさんやハローワークの従業員にアドバイスを求めるということです。

 

例えば、「就職Shop」など20代向け求人サイトを利用すると、専属のアドバイザーさんが最初から最後まで無料でサポートしてくれますが、このように第三者と2人3脚しながら就職活動をすることで自分に合った企業が見つかりやすいですし、負担も減ります。

 

また、私の場合だと、アドバイザーさんとの模擬面接で自分の弱点(人間味がない)に気付くことが出来たのでとても良かったと思っています。

 

そのため『20代の若者向け求人サイト』で紹介しているような、すでにあるサービスを積極的に利用していくことが成功への近道だと思っています。

まとめ

現在ニートをしていて、自分で能力が低いと自覚しているのであれば、素直に既存の人材紹介会社サービスを利用していくべきです。

 

そして、着実にビジネススキルを身に着け、有利に社会の中で立ち振る舞えるように成長していきましょう。

【保存版】大きな差がつく求人サイトの使い方とは?

リクナビNEXTで希望の企業像を絞る

「どんな企業に就職したいですか?」

この質問に答えられないようなら、リクナビを使って興味ある業界の求人を片っ端から見ていきましょう。

「○○に貢献したい」「週休2日制は譲れない」などのように、具体的な希望を言えるようになって、初めて理想的な企業への就職が近づきます。

無知は罪なり!

>>リクナビNEXT<<

ミイダスで自分の市場価値を客観視する

仕事の経験が全くない人が大手企業の選考ばかり受けて、無事に就職できるでしょうか?答えはNoです。

このように、自分の市場価値が客観的に理解できてない人は、永遠に的外れな企業に応募し続けることになり、やがて就活意欲がそがれてしまいます。

ミイダスには200万人以上のデータ、7万人以上の転職事例があります。自分と似た立場の人を見つけ、客観的に自分の価値を判定してみましょう。

「どんな企業にチャレンジできるのか?」「どの程度の年収が見込めるのか」など、目安が分かります。

>>MIIDAS(ミイダス)<<

就職Shopで希望を伝え、求人を紹介してもらう

就職Shopは、リクナビでお馴染みの大手人材紹介会社「リクルートキャリア」による若者向け転職エージェントです。

18~29歳までしか利用できませんが、その分、若者を採用したがっている求人にアプローチすることが可能です。

すべての求人の企業が訪問取材済み、利用も完全無料。求人なくして就活は成り立たないので、まずはどんな求人があるのか紹介してもらいましょう。

>>就職Shop<<

第二新卒エージェントneoも並行して利用

第二新卒エージェントneoは、第二新卒以外にも、社会人経験のない既卒、フリーター、ニート、大学中退、高卒など、18~28歳の若者が利用可能です。

最大2時間の初回面談ではキャリアプランなどを練ってくれ、1人10時間の手厚いサポートで内定までをアシストしてくれます。

複数の人材紹介会社でサポートを受けることによって、多角的に求人を紹介してもらえ、可能性が広がり、より希望に近い求人を探すことができます。

納得のいく就職活動をするためにも、人材紹介会社は2~3社は利用するようにしましょう。

>>【第二新卒エージェントneo】<<

関東の求人に強いハタラクティブも利用する

もし関東で求人を探そうと考えているのなら、ハタラクティブも使ってみましょう。

ハタラクティブは関東周辺の求人を主に扱っています。逆に地方の求人は少ないので、利用が向いていない人もいます。

ニート、高卒の支援実績も多いので、自分にPRポイントがなく、自信がない人でも頼ることができます。

まずは気軽に、面談だけでもしてみましょう。

>>ハタラクティブ<<

 

1つの求人サイトだけで就職活動をすると、必ず偏りが出てきてしまいます。自分の将来のためにも、便利なサービスは複数利用していきましょう。

ニート
Sponsored Link
転職のお兄さんをフォローする
就活ガッツ