第二新卒が中小企業も転職先の選択肢に入れるべき理由

第二新卒になってしまうと、「もう大手は目指さずに中小一本に絞るか…」「中小企業って実際どうなんだろ…?」のようなことを考えるようになると思います。というより、そう考えざるを得ません。なぜなら、第二新卒はすぐに会社を辞めた根性ナシだと思われており、大手企業からは見向きもされないからです。

 

しかし、私は第二新卒を経験してみて、第二新卒はそこまで不利な立場ではないと感じています。私が転職活動をしていた時はよく、「第二新卒は中小企業にしか行けないんでしょ?」と言われていましたが、実際は「第二新卒は簡単に中小企業に行ける」のです。

 

そこで今回は、第二新卒は中小企業をどう捉えるべきか、中小企業は第二新卒をどのように思っているのかを説明していきたいと思います。これを読めば中小企業を毛嫌いしている人でも、考えが変わったり、今後転職活動する上での視野が広がるでしょう。

Sponsored Link

世間の中小企業のイメージ

世間一般的には、中小企業に対して以下のようなイメージがあると思います。

安定していない

「中小企業」という言葉を聞くと、「いつ潰れてもおかしくない」「業績が安定していない」などといったイメージを持たれることも少なくありません。

 

私も、中小企業について知る前は上記のように考えていました。だから「中小ではなく大手に転職したい」と思っていました。

給料は低いが残業は多い

中小企業には事業をギリギリの状態で回しているイメージがあります。そのため、給料も低いだろうし、残業も多くなるんじゃないかと思われる傾向にあります。

 

私は転職前から「将来はマイホームが欲しい」「お金が貯まったら車を買いたい」と考えていたので、給料は転職先を決める上で重要な要素です。また、休日だって人並みに欲しいと思うのは当たり前なこと。

 

そういったことから、中小企業は私の希望を叶えることは出来ないと考えていました。

福利厚生が悪い

大手企業の求人ばかりを見ていると、「住宅手当て」や「リゾート施設社員割引」などの福利厚生が目に付き、これが当たり前だと思うようになってしまいます。

 

すると、途端に中小企業の福利厚生では満足できなくなってしまいます。また、私が中小企業への転職を決意した時も、両親は「退職金制度はあるの?」などと聞いてきました。やはり世間からすると、中小企業というだけで不安がよぎるようです。

第二新卒は中小企業から需要がある

ここまでは中小企業に対する嫌なイメージについて書いてきましたが、現実はちょっと違います。

長く生き残っている中小企業も多い

私が第二新卒として転職活動をしていた時は、意外にも長年業績が安定している企業の求人をたくさん見つけることが出来ました。

 

例えば、

  • 取引先が固定されていて創業70年の会社
  • 地元に根付いて高い技術力で大手企業と取引している会社
  • いくつもの特許・賞を取得してライバル会社と差別化を図っている会社

などです。

 

大手企業ほど事業を多角的に展開していないし、全国に規模を拡大してはいないけれど、安定した業績を上げている中小企業は案外多いです。

 

そのため、給料も悪くなく、残業もブラック企業みたいにあるわけではありません。福利厚生だって「リゾート施設社員割引」のような高望みをしなければ最低限の保障を受けることは可能なのです。

中小企業は第二新卒を欲しがっている

中小企業が抱える問題の1つに、「人材不足」があります。

 

中小企業は、いくら業績が良くても知名度が低いため、全く人材が集まりません。新卒はほとんど選考を受けに来ませんし、来てくれて内定を渡したとしても、その後で内定辞退をされることも多いのです。

 

だから中小企業は、若く、内定を出したらすぐに入社してくれる第二新卒を仲間として受け入れたいと思っています。中小企業からすれば、新卒よりも第二新卒のような人材に採用のターゲットを絞ったほうが効率が良いのです。

第二新卒が最速最短で正社員になるための方法

第二新卒の私が狙いを中小企業にしてみた感想

転職活動を始めたばかりの頃は、出来れば大手企業に行きたいと思っていました。しかし、人材紹介会社の『就職Shop』を通じて多くの中小企業の求人を見ていく中で、中小企業にも魅力的な会社があるのだと知ることが出来ました。

 

もちろんいい会社ばかりではありませんが、中小企業を視野に入れることで選択肢が広がりましたし、転職に対して少し希望を持つことも出来ました。

まとめ

ここまで書いてきたことを改めてまとめてみます。

 

【第二新卒が中小企業も選択肢に入れるべき理由】

  • 業績が安定している企業は思っているより多いから
  • 人材不足気味の中小企業は積極的に第二新卒を欲してるから

 

中小企業に対してマイナスなイメージを持っているのなら、まずは中小企業をよく知ることから始めてみてください。また、私のように『20代の若者向け求人サイト』で紹介している人材紹介会社を使うと、専属アドバイザーさんが求人を出している会社の社風などを教えてくれるので、ハズレの会社を選んでしまう確率は下がると思います。

【保存版】大きな差がつく求人サイトの使い方とは?

リクナビNEXTで希望の企業像を絞る

「どんな企業に就職したいですか?」

この質問に答えられないようなら、リクナビを使って興味ある業界の求人を片っ端から見ていきましょう。

「○○に貢献したい」「週休2日制は譲れない」などのように、具体的な希望を言えるようになって、初めて理想的な企業への就職が近づきます。

無知は罪なり!

>>リクナビNEXT<<

ミイダスで自分の市場価値を客観視する

仕事の経験が全くない人が大手企業の選考ばかり受けて、無事に就職できるでしょうか?答えはNoです。

このように、自分の市場価値が客観的に理解できてない人は、永遠に的外れな企業に応募し続けることになり、やがて就活意欲がそがれてしまいます。

ミイダスには200万人以上のデータ、7万人以上の転職事例があります。自分と似た立場の人を見つけ、客観的に自分の価値を判定してみましょう。

「どんな企業にチャレンジできるのか?」「どの程度の年収が見込めるのか」など、目安が分かります。

>>MIIDAS(ミイダス)<<

就職Shopで希望を伝え、求人を紹介してもらう

就職Shopは、リクナビでお馴染みの大手人材紹介会社「リクルートキャリア」による若者向け転職エージェントです。

18~29歳までしか利用できませんが、その分、若者を採用したがっている求人にアプローチすることが可能です。

すべての求人の企業が訪問取材済み、利用も完全無料。求人なくして就活は成り立たないので、まずはどんな求人があるのか紹介してもらいましょう。

>>就職Shop<<

第二新卒エージェントneoも並行して利用

第二新卒エージェントneoは、第二新卒以外にも、社会人経験のない既卒、フリーター、ニート、大学中退、高卒など、18~28歳の若者が利用可能です。

最大2時間の初回面談ではキャリアプランなどを練ってくれ、1人10時間の手厚いサポートで内定までをアシストしてくれます。

複数の人材紹介会社でサポートを受けることによって、多角的に求人を紹介してもらえ、可能性が広がり、より希望に近い求人を探すことができます。

納得のいく就職活動をするためにも、人材紹介会社は2~3社は利用するようにしましょう。

>>【第二新卒エージェントneo】<<

関東の求人に強いハタラクティブも利用する

もし関東で求人を探そうと考えているのなら、ハタラクティブも使ってみましょう。

ハタラクティブは関東周辺の求人を主に扱っています。逆に地方の求人は少ないので、利用が向いていない人もいます。

ニート、高卒の支援実績も多いので、自分にPRポイントがなく、自信がない人でも頼ることができます。

まずは気軽に、面談だけでもしてみましょう。

>>ハタラクティブ<<

 

1つの求人サイトだけで就職活動をすると、必ず偏りが出てきてしまいます。自分の将来のためにも、便利なサービスは複数利用していきましょう。

第二新卒
Sponsored Link
転職のお兄さんをフォローする
就活ガッツ