実践済み!既卒になったら始める正しい就活のやり方と順番

「新卒を逃して既卒になったけど何から始めればいいのか分からない…」

「ハローワークに通ってみたけどイマイチ…」

「“未経験者大歓迎”の求人に応募しているのに全敗なんだけど…」

 

既卒者はただでさえ1人孤独で就活をしていて辛いのに、さらにうまく行かないとなると、もうどうしていいのか分からなくなると思います。

 

ただ私が思うに、既卒者には既卒者なりの就活方法があります。私は第二新卒の立場で就活をしましたが、この方法は既卒者も実践できます。そして、十分正社員を狙うことが出来ると思っています。

新卒を逃した既卒でも就職できることを知ってほしい

 

そこでこのページでは、既卒者がどのような順序で就職活動をすればうまく行くのか説明していきます。簡単に言うと、私が実践した就職活動の方法の説明になるのですが、参考にできる部分もあると思うので読んでみてください。

Sponsored Link

ハローワークやジョブカフェは使わない

就職活動と言うと、すぐにハローワークやジョブカフェが思い浮かぶかと思います。実際私も利用しました。ですが、既卒の方はこれらを利用するべきではないと思っています。

 

なぜなら、私が利用した時は、職員の助言が「大丈夫!」「自分の興味の持てる仕事を探しましょう」のような精神論ばかりで、全く役に立たなかったからです。私が欲しかったのは自分に適した求人情報だったのに、何も紹介してくれませんでした。結局求人は自分1人でパソコンを使って探すだけ…。

 

これなら別にハローワークに行く必要もないです。1人で就活しているのと同じなのですから。そういったことから、特に具体的なアドバイスを必要としている既卒者は、使うべきではないと考えています。

応募型の求人サイトは使わない

応募型の求人サイトというのは、例えば「リクナビNEXT」や「マイナビ転職」などのことです。

 

こうしたサービスは、サイトから自分で求人を探して、自分で応募&会社にアポを取って、就活を進めていかなければなりません。これだったら新卒の時と何も変わりません。

 

既卒者は新卒と比べても不利な立場にあるのですから、新卒と同じような方法で就職活動をしてはいけないのです。

既卒専用の求人サイトを使う

既卒者が頼るべきサービスは既卒専用の求人サイトだと思います。そもそもあなたは既卒専用の求人サイトがあることを知っているでしょうか?

 

20代の若者向け求人サイト』のページでいくつか紹介しているのですが、こういったところに集まる求人は「既卒のような若い人材が欲しい」と思ってくれているものが大半なので、既卒者にとっては非常に就活がしやすいのです。

 

ちなみに私は『就職Shop』を使って優良中小企業に就職しました。ちなみに就職Shopは全国的に店舗があるので、多くの人が使いやすいと思います。

 

とにかく、自分に合ったサービスを使うことが先決。

あとは面接対策に集中する

既卒専用の求人サイトを利用すると専属アドバイザーさんがサポートしてくれるようになります。私が利用した時は、私の希望に沿った求人を紹介してくれましたし、企業との選考日程調整選考の合否の連絡選考のお断りまで全部専属アドバイザーさんが代理で行ってくれました。

 

本来ならやりたくないことをすべてアドバイザーさんが代わりにやってくれるので、こちらとしては面接対策に集中するだけになります。

 

ただ、ここが最も重要です。面接対策には自己紹介自己PR志望動機の作成その他面接官からの質問対策逆質問の用意などがあります。ここを抜かりなく対策できるかどうかで、スムーズに正社員になれるかが決まってくるのです。

 

対策については『就活・転職|面接を確実に上達させる方法』のページにまとめているので、それぞれのページを読んで勉強してみてください。

まとめ

では改めて上記の項目をまとめてみます。

 

【既卒になったら始める正しい就活のやり方と順番】

  1. ハローワークやジョブカフェは使わない
  2. 応募型の求人サイトは使わない
  3. 既卒専用の求人サイトを使う
  4. あとは面接対策に集中する

 

必ずしもこれでうまく行くとは言えませんが、少なくとも私はこの方法で正社員になることが出来ました。無職の状態はとても辛いと思うので、少しでも早く気に入った企業を見つけ、就職できることを願っています。

【保存版】大きな差がつく求人サイトの使い方とは?

リクナビNEXTで希望の企業像を絞る

「どんな企業に就職したいですか?」

この質問に答えられないようなら、リクナビを使って興味ある業界の求人を片っ端から見ていきましょう。

「○○に貢献したい」「週休2日制は譲れない」などのように、具体的な希望を言えるようになって、初めて理想的な企業への就職が近づきます。

無知は罪なり!

>>リクナビNEXT<<

ミイダスで自分の市場価値を客観視する

仕事の経験が全くない人が大手企業の選考ばかり受けて、無事に就職できるでしょうか?答えはNoです。

このように、自分の市場価値が客観的に理解できてない人は、永遠に的外れな企業に応募し続けることになり、やがて就活意欲がそがれてしまいます。

ミイダスには200万人以上のデータ、7万人以上の転職事例があります。自分と似た立場の人を見つけ、客観的に自分の価値を判定してみましょう。

「どんな企業にチャレンジできるのか?」「どの程度の年収が見込めるのか」など、目安が分かります。

>>MIIDAS(ミイダス)<<

就職Shopで希望を伝え、求人を紹介してもらう

就職Shopは、リクナビでお馴染みの大手人材紹介会社「リクルートキャリア」による若者向け転職エージェントです。

18~29歳までしか利用できませんが、その分、若者を採用したがっている求人にアプローチすることが可能です。

すべての求人の企業が訪問取材済み、利用も完全無料。求人なくして就活は成り立たないので、まずはどんな求人があるのか紹介してもらいましょう。

>>就職Shop<<

第二新卒エージェントneoも並行して利用

第二新卒エージェントneoは、第二新卒以外にも、社会人経験のない既卒、フリーター、ニート、大学中退、高卒など、18~28歳の若者が利用可能です。

最大2時間の初回面談ではキャリアプランなどを練ってくれ、1人10時間の手厚いサポートで内定までをアシストしてくれます。

複数の人材紹介会社でサポートを受けることによって、多角的に求人を紹介してもらえ、可能性が広がり、より希望に近い求人を探すことができます。

納得のいく就職活動をするためにも、人材紹介会社は2~3社は利用するようにしましょう。

>>【第二新卒エージェントneo】<<

関東の求人に強いハタラクティブも利用する

もし関東で求人を探そうと考えているのなら、ハタラクティブも使ってみましょう。

ハタラクティブは関東周辺の求人を主に扱っています。逆に地方の求人は少ないので、利用が向いていない人もいます。

ニート、高卒の支援実績も多いので、自分にPRポイントがなく、自信がない人でも頼ることができます。

まずは気軽に、面談だけでもしてみましょう。

>>ハタラクティブ<<

 

1つの求人サイトだけで就職活動をすると、必ず偏りが出てきてしまいます。自分の将来のためにも、便利なサービスは複数利用していきましょう。

既卒
Sponsored Link
転職のお兄さんをフォローする
就活ガッツ