うつ病の引きこもり既卒はどのように就職すればいいのか?

私の人生は、大学を卒業して就職するまで順調でした。公務員に内定が決まった時は、自分が定年退職するまで順風満帆な生活が送れると信じていました。しかし、人生はそんなに甘くありませんでした。

 

就職した職場では上司と折りが合わず4ヶ月で退職…。詳しくは『プロフィール』のページを参考。ほとんど抑うつ状態で退職したので、無職になってからしばらくは無気力で何もする気が起きませんでした。

 

さて、大学を卒業したけど、引きこもりがちでうつ病のような状況にある人というのは、何か挫折を経験したからだと思っています。例えば、一念発起して公務員試験を受けたが落ちてしまったり、何らかのストレスで家から出れなくなってしまったり。

 

ただ、そうしたネガティブな状態をずっと続けていると、さらにマイナス思考に傾いてしまうと思います。私もそうでした。「周りの友人は正社員として順調に働いているのに、自分だけ情けない…」「これ以上親不孝は嫌だ…」「親から「早く就職しろ」と圧力をかけられて辛い…」などと考えて落ち込んでいました。

 

しかし、本当にうつ病であるならいきなり働き始めるのは困難です。もし精神状態が回復しないまま就職してしまうと、さらに自信を喪失し、また引きこもりに逆戻りしてしまう可能性があります。

 

そこでここでは、自信を無くしていた私がどのようにして就職するまでに至ったかを紹介していきます。今悩んでいる人に少しでも参考になればと思います。

Sponsored Link

時間があるなら心療内科を受けてみては?

もしあなた自身にうつ病の疑いがあるなら、一度近くの心療内科を受診してみてはいかがでしょうか?

 

私は一度だけ心療内科へ通ったことがあります。最初は行きたくなかった(自分がうつ病だなんて認めたくなかった)のですが、友人のススメで行ってみることにしたのです。料金は数千円でしたし、自分の状態を客観的に見てもらうことは重要だと思います。

 

インターネットで「(自分の市区町村) 心療内科」と検索すればいくつかクリニックが見つかるので、今の状況を打開するためにも行くかどうか考えてみてください。

自分のペースでアルバイトを始める

ネガティブな状態ではいきなり働き始めるのは難しいと思います。なので私の場合はまず単発のアルバイトを始めました。少しずつ外の環境に慣れようと考えたのです。自信のない状態でいきなり就活をしても失敗すると思っていましたし。

 

単発なら自分の好きな時に働けますから気持ち的にも余裕が生まれますよ。ちなみに、私はランスタッドに登録して1日の単発バイトをしていました。仕事は手芸店(ユザワヤ)の品出しとか、イベントの片づけとか。実際にやってみると同じ年齢くらいの人と話をしたり40歳くらいのフリーターの人に会ったり、気分転換になりました。

本格的に将来の方向性を模索する

ある程度外で働くことに慣れてきたら、本格的に自分の将来について考え、行動してみましょう。公務員試験を受けてみようと考えているならそれでいいですし、正社員を目指すならその方向で進んでみます。

 

私が就職活動を始める時は、若者向けの人材紹介会社『就職Shop』を利用しました。新卒の時だったら周りに友達がいるから心細くないと思うのですが、既卒となると就活は孤独との闘いです。だから、専属アドバイザーさんが内定を獲得するまでサポートしてくれる民間のサービスを使っていました。

 

ハローワークなどもありますが、こういったところの求人には「未経験者大歓迎」「未来の幹部候補生募集」のような甘い言葉が乱立していて、ホワイト企業とブラック企業を見極めるのが非常に困難なのでメインとして使うことはありませんでした。

まとめ

結果的に私は正社員としての道を歩み始めました。いきなり就職するのは無理でしたが、段階を踏むことで着実にステップアップしていったのです。

 

最初は自分のペースで少しずつ進めばいいと思います。というより、絶対焦ってはいけません。焦って適当に就職しても、すぐに辞めてさらに自信を無くしてしまう可能性があります。自分の健康(精神状態)を第一に考え、出来そうなことから始めてみましょう。

【保存版】大きな差がつく求人サイトの使い方とは?

リクナビNEXTで希望の企業像を絞る

「どんな企業に就職したいですか?」

この質問に答えられないようなら、リクナビを使って興味ある業界の求人を片っ端から見ていきましょう。

「○○に貢献したい」「週休2日制は譲れない」などのように、具体的な希望を言えるようになって、初めて理想的な企業への就職が近づきます。

無知は罪なり!

>>リクナビNEXT<<

ミイダスで自分の市場価値を客観視する

仕事の経験が全くない人が大手企業の選考ばかり受けて、無事に就職できるでしょうか?答えはNoです。

このように、自分の市場価値が客観的に理解できてない人は、永遠に的外れな企業に応募し続けることになり、やがて就活意欲がそがれてしまいます。

ミイダスには200万人以上のデータ、7万人以上の転職事例があります。自分と似た立場の人を見つけ、客観的に自分の価値を判定してみましょう。

「どんな企業にチャレンジできるのか?」「どの程度の年収が見込めるのか」など、目安が分かります。

>>MIIDAS(ミイダス)<<

就職Shopで希望を伝え、求人を紹介してもらう

就職Shopは、リクナビでお馴染みの大手人材紹介会社「リクルートキャリア」による若者向け転職エージェントです。

18~29歳までしか利用できませんが、その分、若者を採用したがっている求人にアプローチすることが可能です。

すべての求人の企業が訪問取材済み、利用も完全無料。求人なくして就活は成り立たないので、まずはどんな求人があるのか紹介してもらいましょう。

>>就職Shop<<

第二新卒エージェントneoも並行して利用

第二新卒エージェントneoは、第二新卒以外にも、社会人経験のない既卒、フリーター、ニート、大学中退、高卒など、18~28歳の若者が利用可能です。

最大2時間の初回面談ではキャリアプランなどを練ってくれ、1人10時間の手厚いサポートで内定までをアシストしてくれます。

複数の人材紹介会社でサポートを受けることによって、多角的に求人を紹介してもらえ、可能性が広がり、より希望に近い求人を探すことができます。

納得のいく就職活動をするためにも、人材紹介会社は2~3社は利用するようにしましょう。

>>【第二新卒エージェントneo】<<

関東の求人に強いハタラクティブも利用する

もし関東で求人を探そうと考えているのなら、ハタラクティブも使ってみましょう。

ハタラクティブは関東周辺の求人を主に扱っています。逆に地方の求人は少ないので、利用が向いていない人もいます。

ニート、高卒の支援実績も多いので、自分にPRポイントがなく、自信がない人でも頼ることができます。

まずは気軽に、面談だけでもしてみましょう。

>>ハタラクティブ<<

 

1つの求人サイトだけで就職活動をすると、必ず偏りが出てきてしまいます。自分の将来のためにも、便利なサービスは複数利用していきましょう。

既卒
Sponsored Link
転職のお兄さんをフォローする
就活ガッツ