Fラン大学卒の既卒者でも逆転して就職する他力本願的な方法

Fラン大学を卒業してなお、就職も出来ていないとなるとかなり絶望的です。そもそもFラン大学にいる時点で大した勉強もしておらず、自分でもレベルが低いと感づいているのではないでしょうか?

 

そのような人は、まともに就活をしても、他の求職者と比べられて不利になります。また、自分の力で就活することも出来ないので、いくら履歴書を書いても書類選考に通ることはありません。さらに、世の中は残酷で、未だに学歴で人を判断する風潮があります。

 

Fラン大学卒の既卒にとって、正社員の壁は非常に高いのです。

 

そこでこのページでは、学歴の低い既卒でも、正社員になれる他力本願的な方法を紹介していきたいと思います。ただし、ある程度の妥協も必要になるので、ここを我慢できるかどうかにかかっています。以下の内容を読んで、実行に移すか判断しましょう。

Sponsored Link

サポート付き求人サイトで他力本願

就職活動の方法は色々あります。厚生労働省が運営しているハローワークに行ったり、経済産業省が運営している若者向けのジョブカフェに行ったり。

 

しかし、こうした国が運営するサービスは私はおすすめしません。私は一度再就職のためにハローワークに行ったことがありますが、職員からは具体的な就活対策を何も教えてもらえず、求人情報を探すのも、備え付けのパソコンが古すぎてとても使いづらかったのを覚えています。

 

それならば、民間が運営している就活サイトを使ったほうが絶対良いです。また、今は既卒専用のサポート付き求人サイトがあるので、Fラン大学卒の既卒はこれを使うべき。

 

私の場合は最初の仕事を4ヶ月で辞めて、第二新卒として『20代の若者向け求人サイト』で紹介している求人サイトを使ったのですが、専属アドバイザーさんが提出書類作成のアドバイスから面接の練習、企業とのやり取り(選考の日程決め)まで代行して行ってくれました。

 

Fラン大学卒が逆転するなら、1人で就活してあらぬ方向に進むよりも、専属アドバイザーさんの適切なサポートを受けながら就活をしたほうが確実だと思います。

 

ただし、最初にも言ったように、ある程度の妥協も必要です。

中小企業に妥協する必要がある

まさかとは思いますが、「大手企業に行きたい」なんて思っていないですよね。普通の人でも難しい大手を、Fラン大学卒の既卒が望んではいけません。少なくとも今の状況では。

 

Fラン大学卒の既卒者が目指すのはずばり、中小企業です。

 

中小企業の正社員に狙いを定めるのです。ただし、ブラック企業ではありません。中小企業の中でも、最低限の福利厚生を整えた中小企業を選ぶようにしましょう。

 

世の中には優良企業なのに、人材不足に陥っている中小企業がたくさんあります。そういった企業であれば、既卒者を雇ってくれます。というより、常日頃から既卒者が欲しいと思っています。

 

そして、そのような求人を探すためにも『20代の若者向け求人サイト』を使うようにするのです。ここで紹介している就活サイトは、人材を使い捨てにするようなブラック企業、福利厚生が全くない企業の紹介はしていません。これは私が実際に利用しても納得できました。紹介してくれる求人の福利厚生を見るとどれも、社会保障(厚生年金、健康保険)・労災保険・雇用保険・退職金制度はほぼ確実に揃っていました。

 

Fラン大学卒の既卒はハッキリ言って大手は無理です。しかし、優良中小企業を探して就職することは可能です。

まとめ

Fラン大学の人って何十社も落ちている状況でも「零細企業(中小企業)は嫌だ」「でもブラックは嫌だ」と考えるのでしょうか?

 

ただただイメージだけで中小企業を毛嫌いしているのなら、一生正社員になることは出来ないと思います。世の中の正社員の6割は中小企業で働いているのを知っていますか?それだけ、日本の社会は中小企業で支えられているのです。

 

そして何度も言いますが、優良中小企業は存在します。あとはそれをあなたが見つけられるかどうかにかかっているのです。

【保存版】大きな差がつく求人サイトの使い方とは?

リクナビNEXTで希望の企業像を絞る

「どんな企業に就職したいですか?」

この質問に答えられないようなら、リクナビを使って興味ある業界の求人を片っ端から見ていきましょう。

「○○に貢献したい」「週休2日制は譲れない」などのように、具体的な希望を言えるようになって、初めて理想的な企業への就職が近づきます。

無知は罪なり!

>>リクナビNEXT<<

ミイダスで自分の市場価値を客観視する

仕事の経験が全くない人が大手企業の選考ばかり受けて、無事に就職できるでしょうか?答えはNoです。

このように、自分の市場価値が客観的に理解できてない人は、永遠に的外れな企業に応募し続けることになり、やがて就活意欲がそがれてしまいます。

ミイダスには200万人以上のデータ、7万人以上の転職事例があります。自分と似た立場の人を見つけ、客観的に自分の価値を判定してみましょう。

「どんな企業にチャレンジできるのか?」「どの程度の年収が見込めるのか」など、目安が分かります。

>>MIIDAS(ミイダス)<<

就職Shopで希望を伝え、求人を紹介してもらう

就職Shopは、リクナビでお馴染みの大手人材紹介会社「リクルートキャリア」による若者向け転職エージェントです。

18~29歳までしか利用できませんが、その分、若者を採用したがっている求人にアプローチすることが可能です。

すべての求人の企業が訪問取材済み、利用も完全無料。求人なくして就活は成り立たないので、まずはどんな求人があるのか紹介してもらいましょう。

>>就職Shop<<

第二新卒エージェントneoも並行して利用

第二新卒エージェントneoは、第二新卒以外にも、社会人経験のない既卒、フリーター、ニート、大学中退、高卒など、18~28歳の若者が利用可能です。

最大2時間の初回面談ではキャリアプランなどを練ってくれ、1人10時間の手厚いサポートで内定までをアシストしてくれます。

複数の人材紹介会社でサポートを受けることによって、多角的に求人を紹介してもらえ、可能性が広がり、より希望に近い求人を探すことができます。

納得のいく就職活動をするためにも、人材紹介会社は2~3社は利用するようにしましょう。

>>【第二新卒エージェントneo】<<

関東の求人に強いハタラクティブも利用する

もし関東で求人を探そうと考えているのなら、ハタラクティブも使ってみましょう。

ハタラクティブは関東周辺の求人を主に扱っています。逆に地方の求人は少ないので、利用が向いていない人もいます。

ニート、高卒の支援実績も多いので、自分にPRポイントがなく、自信がない人でも頼ることができます。

まずは気軽に、面談だけでもしてみましょう。

>>ハタラクティブ<<

 

1つの求人サイトだけで就職活動をすると、必ず偏りが出てきてしまいます。自分の将来のためにも、便利なサービスは複数利用していきましょう。

既卒
Sponsored Link
転職のお兄さんをフォローする
就活ガッツ