厳しい?既卒から正社員になるのは決して無理ではない理由

既卒の状態で就職活動をしていると、予想以上に厳しい現実を味わうことになると思います。例えば、「社会人経験がないから」と門前払いを受けたり、ハローワークに行ってもいい求人を見つけられなかったり。

 

そして、うまくいかない状況が続くと自信も消失し、「一生就職できないんじゃ…」「このままフリーターになるしかないの…?」と弱気になってしまいます。私が一時期無職だった時もそうでした。周りの友達は正社員として働いているのに、「自分だけ情けない…」「もうこれ以上親に迷惑はかけたくない…」と考えていました。

 

しかし、再就職した今考えると、既卒でも全く諦める必要がないということを知りました。何が言いたいかというと、既卒でも簡単に正社員になることが出来るということです。

 

そこでこのページでは、既卒が正社員になることは無理ではない理由を紹介していきたいと思います。もし今あなたが既卒者で、どうすればいいのか分からず壁にぶち当たっている状態ならば、参考にしてみてください。

Sponsored Link

既卒者は若いから貴重な人材

多くの既卒者がいくら就職活動しても失敗してしまうのは、既卒者を欲していない企業にばかり応募しているからです。例えば、人気のある大手企業やほとんど人材を採らない独立行政法人、社会人経験のある人材しか採用しない企業など。

 

これでは就職成功率は限りなくゼロに近いまま。

 

大抵の既卒者は漠然と就職活動をしがちです。なんとなく求人を探して、募集しているから応募する。そして落ちる。落ちた原因が分からずに悩んでしまう…。これの繰り返しです。

 

そのため、既卒者は既卒者を欲している企業に応募する必要があります。この基本的なことを意識すれば一気に内定獲得率は上がるでしょう。

 

もともと既卒という若い人材は、多く企業から求められる存在です。若いから柔らかい頭で仕事をどんどん吸収できますし、将来性があるので期待が持てます。

 

ではいったい、どんな企業から既卒者は求められているのでしょうか?

 

それは、中小企業です。

 

多くの中小企業は新卒に興味を持ってもらえませんし、また、いざ新卒に内定を渡しても内定辞退される始末です。このように、毎年採用に苦戦していることはあなたも聞いたことがあると思います。そして、いくら業績が良くても人材が増えなければ事業規模を拡大することは出来ませんから、やはり人材不足というのは深刻な問題です。

 

だから既卒の需要が高まっているのです。既卒者であればすでに学校を卒業していることもあって、内定を出してあげればすぐに入社させることも出来ますし、企業にとってもいいこと尽くめです。

 

では、既卒を求めている中小企業はどのように見つければいいのでしょうか?その答えは、既卒専用の求人サイトを利用することです。

既卒専用の求人サイトで正社員を目指す

既卒が企業を探す手段はいろいろとあります。リクナビNEXTのような検索型求人サイトを利用したり、ハローワークを使ったり、ジョブカフェで相談してみたり。しかし、私が再就職する時に最も役に立ったのが、20代の若者向け求人サイトを利用することでした。

 

私の場合は第二新卒・既卒・フリーター・ニートなどが使える就職Shopを使いましたが、ここで扱っている求人はすべて正社員です。そして、私が特に「いいな」と思った部分は、紹介してくれる企業はすべて最低限の福利厚生を備えているところと、求人すべての企業に訪問調査を行っているところです。

 

だから違法労働をさせるようなブラック企業を回避することが出来るので安心できました。ただ、大手企業の求人はないので、高望みする人は絶対に使うべきではないと思いますが。

まとめ

現在は本当に便利なサービスが増えたと思います。既卒者専用の人材紹介会社がメジャーになったのはここ5年くらいじゃないでしょうか?

 

最後にまとめると、人材不足の中小企業がある限り、既卒者の需要は途絶えることはありません。だから絶対に正社員になることを諦めないでください。万が一妥協して派遣社員や契約社員になったら、十分な社会保障が受けられず後悔すると思います。

【保存版】大きな差がつく求人サイトの使い方とは?

リクナビNEXTで希望の企業像を絞る

「どんな企業に就職したいですか?」

この質問に答えられないようなら、リクナビを使って興味ある業界の求人を片っ端から見ていきましょう。

「○○に貢献したい」「週休2日制は譲れない」などのように、具体的な希望を言えるようになって、初めて理想的な企業への就職が近づきます。

無知は罪なり!

>>リクナビNEXT<<

ミイダスで自分の市場価値を客観視する

仕事の経験が全くない人が大手企業の選考ばかり受けて、無事に就職できるでしょうか?答えはNoです。

このように、自分の市場価値が客観的に理解できてない人は、永遠に的外れな企業に応募し続けることになり、やがて就活意欲がそがれてしまいます。

ミイダスには200万人以上のデータ、7万人以上の転職事例があります。自分と似た立場の人を見つけ、客観的に自分の価値を判定してみましょう。

「どんな企業にチャレンジできるのか?」「どの程度の年収が見込めるのか」など、目安が分かります。

>>MIIDAS(ミイダス)<<

就職Shopで希望を伝え、求人を紹介してもらう

就職Shopは、リクナビでお馴染みの大手人材紹介会社「リクルートキャリア」による若者向け転職エージェントです。

18~29歳までしか利用できませんが、その分、若者を採用したがっている求人にアプローチすることが可能です。

すべての求人の企業が訪問取材済み、利用も完全無料。求人なくして就活は成り立たないので、まずはどんな求人があるのか紹介してもらいましょう。

>>就職Shop<<

第二新卒エージェントneoも並行して利用

第二新卒エージェントneoは、第二新卒以外にも、社会人経験のない既卒、フリーター、ニート、大学中退、高卒など、18~28歳の若者が利用可能です。

最大2時間の初回面談ではキャリアプランなどを練ってくれ、1人10時間の手厚いサポートで内定までをアシストしてくれます。

複数の人材紹介会社でサポートを受けることによって、多角的に求人を紹介してもらえ、可能性が広がり、より希望に近い求人を探すことができます。

納得のいく就職活動をするためにも、人材紹介会社は2~3社は利用するようにしましょう。

>>【第二新卒エージェントneo】<<

関東の求人に強いハタラクティブも利用する

もし関東で求人を探そうと考えているのなら、ハタラクティブも使ってみましょう。

ハタラクティブは関東周辺の求人を主に扱っています。逆に地方の求人は少ないので、利用が向いていない人もいます。

ニート、高卒の支援実績も多いので、自分にPRポイントがなく、自信がない人でも頼ることができます。

まずは気軽に、面談だけでもしてみましょう。

>>ハタラクティブ<<

 

1つの求人サイトだけで就職活動をすると、必ず偏りが出てきてしまいます。自分の将来のためにも、便利なサービスは複数利用していきましょう。

既卒
Sponsored Link
転職のお兄さんをフォローする
就活ガッツ