具体例アリ!空白期間があるフリーターは面接でこう言えばいい

「面接で空白期間のことをどう説明すればいいの?」

 

こうした悩みを持っている人は多いと思います。

 

なぜなら、面接ではほぼ100%空白期間のことを聞かれるからです。もし聞かれて「この期間は何もしていませんでした…」などと答えてしまえば、その選考を通過することはできないでしょう。

 

でも大丈夫です。空白期間の答え方にはちょっとしたコツがあり、それに注意さえすれば有利に面接をこなすことができます。

 

このページでは、空白期間があって悩んでいるフリーターのために、具体的な答え方を紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

Sponsored Link

空白期間の答え方と具体例

どんな仕事がしたいか分からなかった編

自分が本当にしたい仕事は何なのか、迷っている人は多いと思います。そんな人はこう答えてみましょう。

 

回答例:

「私がこの期間に働いていなかったのは、本当に興味のある仕事が何なのか、自分の中で答えが出せていなかったからです。しかし、以前新聞で○○が○○に貢献していることを知り、○○について興味を持つようになりました。さらに「○○」という本に○○ということが書かれておりました。私も○○を通して○○に貢献したいと思い、御社を志望しました。

 

よく、「面接では聞かれたこと以外答えるな」と言われますが、「ブランク期間は何をしていましたか?」のようなネガティブ質問に対しては例外です。必ずポジティブな返しで終わらせるようにしましょう。

仕事をする意味が見いだせなかった編

「仕事なんてしたくない」「どうして仕事をしないといけないのか」という疑問を抱いているフリーターさん向けです。

 

回答例:

「私がこの期間に働いていなかったのは、自分が何のために仕事をするのか意味を見いだせなかったからです。しかし、以前ニュースで○○ような仕事が○○に貢献しているのを知り、○○について興味を持つようになりました。それから○○について勉強していくにつれ、○○ということを知りました。こうした経験が、○○の仕事を志すきっかけとなりました

 

正直に答えつつ、後半は労働意欲を前面に推し出す回答になっています。

面接官はネガティブな内容を聞きたいわけではない

面接は、何でもバカ正直に答えればいいというものではありません。

 

心理カウンセリングとは違うのです。

 

企業がわざわざあなたを面接する理由は、採用したい人材かどうかを判断するため。だからこそ、1つ1つの質問に対する答えがアピールになっていないといけません。

 

「空白期間を聞かれるのは嫌だなぁ」ではなく、「空白期間について聞かれてもアピールしてやる!」という気持ちで臨みましょう。

必ず模擬面接で練習する

たとえ面接質問の答えを用意していても、それを自信を持って伝えることができなければ内定を獲得することはできません。面接は一発勝負であることを忘れてはいけないのです。

 

そのため、就活サイトなどを活用し、事前に模擬面接をしておきましょう。

 

例えば私は、模擬面接をした際にアドバイザーから「人間味がない」と言われました。笑顔が少なく、淡々と答えているだけ。熱い気持ちが伝わってこないと指摘されたのです。

 

最初に指摘された時は少しショックでしたが、この欠点は絶対に直さないといけないなと思いました。その後の面接では笑顔を増やすようにし、話す内容も抑揚をつけて相手に思いをぶつけるようにしました。するとたった1ヶ月で内定を獲得することができました。

 

フリーターが正社員になるための求人の探し方と使うべき就職サイト5選』で紹介している就活サイトは、適切なアドバイスで不安を解消してくれるので、ぜひ利用してみましょう。

【保存版】大きな差がつく求人サイトの使い方とは?

リクナビNEXTで希望の企業像を絞る

「どんな企業に就職したいですか?」

この質問に答えられないようなら、リクナビを使って興味ある業界の求人を片っ端から見ていきましょう。

「○○に貢献したい」「週休2日制は譲れない」などのように、具体的な希望を言えるようになって、初めて理想的な企業への就職が近づきます。

無知は罪なり!

>>リクナビNEXT<<

ミイダスで自分の市場価値を客観視する

仕事の経験が全くない人が大手企業の選考ばかり受けて、無事に就職できるでしょうか?答えはNoです。

このように、自分の市場価値が客観的に理解できてない人は、永遠に的外れな企業に応募し続けることになり、やがて就活意欲がそがれてしまいます。

ミイダスには200万人以上のデータ、7万人以上の転職事例があります。自分と似た立場の人を見つけ、客観的に自分の価値を判定してみましょう。

「どんな企業にチャレンジできるのか?」「どの程度の年収が見込めるのか」など、目安が分かります。

>>MIIDAS(ミイダス)<<

就職Shopで希望を伝え、求人を紹介してもらう

就職Shopは、リクナビでお馴染みの大手人材紹介会社「リクルートキャリア」による若者向け転職エージェントです。

18~29歳までしか利用できませんが、その分、若者を採用したがっている求人にアプローチすることが可能です。

すべての求人の企業が訪問取材済み、利用も完全無料。求人なくして就活は成り立たないので、まずはどんな求人があるのか紹介してもらいましょう。

>>就職Shop<<

第二新卒エージェントneoも並行して利用

第二新卒エージェントneoは、第二新卒以外にも、社会人経験のない既卒、フリーター、ニート、大学中退、高卒など、18~28歳の若者が利用可能です。

最大2時間の初回面談ではキャリアプランなどを練ってくれ、1人10時間の手厚いサポートで内定までをアシストしてくれます。

複数の人材紹介会社でサポートを受けることによって、多角的に求人を紹介してもらえ、可能性が広がり、より希望に近い求人を探すことができます。

納得のいく就職活動をするためにも、人材紹介会社は2~3社は利用するようにしましょう。

>>【第二新卒エージェントneo】<<

関東の求人に強いハタラクティブも利用する

もし関東で求人を探そうと考えているのなら、ハタラクティブも使ってみましょう。

ハタラクティブは関東周辺の求人を主に扱っています。逆に地方の求人は少ないので、利用が向いていない人もいます。

ニート、高卒の支援実績も多いので、自分にPRポイントがなく、自信がない人でも頼ることができます。

まずは気軽に、面談だけでもしてみましょう。

>>ハタラクティブ<<

 

1つの求人サイトだけで就職活動をすると、必ず偏りが出てきてしまいます。自分の将来のためにも、便利なサービスは複数利用していきましょう。

フリーター
Sponsored Link
転職のお兄さんをフォローする
就活ガッツ