職歴なしのフリーターでもハローワークは使えるのか?

就職活動を支援してくれる施設の1つとして思い浮かぶのが、ハローワークだと思います。ハローワークは誰もが無料で利用できる国の機関ですし、年齢制限もないので気軽に使いやすいです。

 

私も以前転職活動する時に利用したことがあります。

 

ですが、ハローワークは本当に万人に使いやすいものなのでしょうか?職歴がないような、一般的に就職に不利だと言われている人も無事正社員になることは可能なのでしょうか?

 

今回はハローワークや求人サイトの利用経験がある私が、職歴なしのフリーターがハローワークを使うとどんなことが起こりうるのか解説していきたいと思います。現時点でハローワークを使うことに対して何か不安に思っているのなら参考にしてみてください。

Sponsored Link

職歴なしのフリーターでもハローワークは使える

私が以前ハローワークを訪れた時は、かなり若い人も何人か利用していました。また、ハローワークには「職業訓練」という無料で専門的なビジネススキルを身に着けられるサービスもあります。さらに、求人情報を見てみると、「初心者OK」のものも多数見つかります。

 

こうしたことから、たとえ職歴のない人でもハローワークは十分使える施設となっているのです。

職歴なしとハローワークの現実

ただ、いくら職歴のない人がハローワークを使えるからといって、優良な企業に正社員として入社できるかどうかは別の話です。

 

昔夕方のニュースを見ていたら、ハローワークを使って就職活動をしている20代前半の男性の話が特集されていました。この人は最初に入った会社を早い段階で辞めてしまい、転職するためにハローワークを使っていました。

 

しかし、実際に入った会社の仕事は求人に掲載されていた内容とは全く違い、すぐに退社する結果となっていました。ハローワークでは企業が無料で求人情報を公開することができるため、ブラック企業も紛れていて、知らず知らずのうちに入社してしまう可能性もあるのです。

 

また、ハローワークの従業員も失業者数を減らさなければならないから、どんどん人を転職させなければならない…、いちいち1つ1つの企業を確認する時間も人手もない…、という悲しい状況に陥っているそうです。

 

そうなると、受け入れてくれる企業が少ない(選択肢が少ない)職歴なしの人は、ハローワークだけで就活を続けるのは厳しいものがあるのかもしれません。

職歴なしでも20代なら希望がある

ハローワークが厳しいからといって、簡単に諦める必要はありません。もしあなたが職歴なしのフリーターでも、まだ20代と若いならば、有利に就活を進められる求人サイトがあります。

 

それが、『20代の若者向け求人サイト』のページで紹介しているような人材紹介会社です。

 

例えば、私が利用した「就職Shop」という求人サイトは、既卒(大学を卒業してから定職に就かなかったフリーター)・第二新卒(社会人経験はあるが早い段階で職を辞めた人)を専門的に支援するサービスを行っています。

 

一見、ハローワークと違いがないようにも思えますが、内定までサポートしてくれる専属アドバイザーさんが付いてくれること最低限の福利厚生が整っていない会社の求人はないこと求人はどれも若者を採用する気のある企業ばかりであること、など明らかに若者に特化しています。

 

私が利用した時は専属アドバイザーさんが模擬面接など面接の練習をしてくれて、事前に自分の弱点を知ることが出来たので、本番ではより良いアピールをすることが出来ました。

 

しかもこれらの人材紹介会社は企業からお金をもらうことで利益を得ているので、私たち求職者は完全無料ですべてのサービスを利用することが出来ます。ここはかなり嬉しい点でした。

まとめ

職歴のないフリーターでもハローワークは使うことが出来ます。職業訓練をすれば実務経験を積むこともできますし、何の資格を持っていない人でも正社員を目指すことは可能です。

 

しかし、やはりいくら職業訓練をしても実際に企業に就職し、そこで実践を積まなければ本当の自分の財産にはなりませんから、まずは自分が本当に打ち込める会社を見つけられなければ意味がないのです。

 

そういった意味で、ハローワーク以外にも求人サイトを利用すれば、自分の立場に適した会社を多く見つけることが出来て、選択肢が広がるので、より自分が納得できる会社探しが実現するのです。

 

職歴がなくても就職活動をすることは大いに出来ますので、まずは利用できるサービス(ハローワークや求人サイト)を積極的に使っていき、可能性を広げていきましょう。

【保存版】大きな差がつく求人サイトの使い方とは?

リクナビNEXTで希望の企業像を絞る

「どんな企業に就職したいですか?」

この質問に答えられないようなら、リクナビを使って興味ある業界の求人を片っ端から見ていきましょう。

「○○に貢献したい」「週休2日制は譲れない」などのように、具体的な希望を言えるようになって、初めて理想的な企業への就職が近づきます。

無知は罪なり!

>>リクナビNEXT<<

ミイダスで自分の市場価値を客観視する

仕事の経験が全くない人が大手企業の選考ばかり受けて、無事に就職できるでしょうか?答えはNoです。

このように、自分の市場価値が客観的に理解できてない人は、永遠に的外れな企業に応募し続けることになり、やがて就活意欲がそがれてしまいます。

ミイダスには200万人以上のデータ、7万人以上の転職事例があります。自分と似た立場の人を見つけ、客観的に自分の価値を判定してみましょう。

「どんな企業にチャレンジできるのか?」「どの程度の年収が見込めるのか」など、目安が分かります。

>>MIIDAS(ミイダス)<<

就職Shopで希望を伝え、求人を紹介してもらう

就職Shopは、リクナビでお馴染みの大手人材紹介会社「リクルートキャリア」による若者向け転職エージェントです。

18~29歳までしか利用できませんが、その分、若者を採用したがっている求人にアプローチすることが可能です。

すべての求人の企業が訪問取材済み、利用も完全無料。求人なくして就活は成り立たないので、まずはどんな求人があるのか紹介してもらいましょう。

>>就職Shop<<

第二新卒エージェントneoも並行して利用

第二新卒エージェントneoは、第二新卒以外にも、社会人経験のない既卒、フリーター、ニート、大学中退、高卒など、18~28歳の若者が利用可能です。

最大2時間の初回面談ではキャリアプランなどを練ってくれ、1人10時間の手厚いサポートで内定までをアシストしてくれます。

複数の人材紹介会社でサポートを受けることによって、多角的に求人を紹介してもらえ、可能性が広がり、より希望に近い求人を探すことができます。

納得のいく就職活動をするためにも、人材紹介会社は2~3社は利用するようにしましょう。

>>【第二新卒エージェントneo】<<

関東の求人に強いハタラクティブも利用する

もし関東で求人を探そうと考えているのなら、ハタラクティブも使ってみましょう。

ハタラクティブは関東周辺の求人を主に扱っています。逆に地方の求人は少ないので、利用が向いていない人もいます。

ニート、高卒の支援実績も多いので、自分にPRポイントがなく、自信がない人でも頼ることができます。

まずは気軽に、面談だけでもしてみましょう。

>>ハタラクティブ<<

 

1つの求人サイトだけで就職活動をすると、必ず偏りが出てきてしまいます。自分の将来のためにも、便利なサービスは複数利用していきましょう。

フリーター
Sponsored Link
転職のお兄さんをフォローする
就活ガッツ