人生に絶望を感じている20代フリーターが知っておくべき4つのこと

「このままフリーターをしていたら破滅するんじゃないだろうか…」

 

なんとなくで20代を過ごしてきたフリーターの中には、将来を不安視している人も多いのではないでしょうか?

 

今はプライベートを大切にする価値観の若者が増え、フリーターで生計を立てている人も数多くいます。しかし、現実的に考えると、フリーターの生涯年収は5,000万円と言われています。2~3億円の正社員と比べると雲泥の差です。

 

さらに、不景気になれば真っ先にクビを切られるのはアルバイトです。福利厚生も最小限しか受けられず、地位は不安定…。

 

もし、フリーターであることに絶望を感じているのなら、正社員を目指すことを視野に入れるべきです。もし「今さら正社員として働く自信はないよ…」と思っているのなら、それは大きな勘違いです。

 

そこで今回は、絶望を感じているからこそ、フリーターが正社員を目指すべき5つの知識を紹介していきたいと思います。ぜひ参考にしてみてください。

Sponsored Link

1. 20代に「もう遅い」はない

20代後半にもなると、

  • 「今から正社員になるのは難しいのでは?」
  • 「社会経験がないとキツそう…」
  • 「何か資格があったほうがいいんじゃないか」

と弱気になってしまう人がいます。

 

確かに、新卒から順調に働いている正社員と比較すると、今から挽回するのは難しいように思えます。

 

しかし、人材不足に陥っている企業からすると、20代の人材は喉から手が出るほど欲しい存在なのです。

 

現在は少子高齢化に伴い、人材確保が厳しい状況になっています。2018年は後継者難で破綻する企業が多かったのですが、ほかにも求人難で破綻に追い込まれている企業が増えてきています

 

だから、正社員になりたいなら20代のうちにガンガン正社員を目指したほうがいいです。

2. 周りの20代の友人は転職しまくっている

今の世の中、「1つの企業で働き続ける」というのは少し古いです。

 

それを象徴するかのように、私の周りの友人も転職している人がとても多いです。公務員から公務員に転職する人もいれば、全くプログラミングの知識がないのにIT企業に転職した人もいます。前職の知識が全く役に立たない設計の職種に就いた人も。

 

転職すると、だいたい前職の知識は役に立ちません。話を聞くととても難しそうですが、一から勉強し、少しずつ仕事を覚えていっているようです。

 

では、こういった人たちが転職することと、フリーターが正社員になること、どう違うでしょうか?何も違いはありません。フリーターは何も遠慮せずに正社員登用にチャレンジしてOKなのです。

3. フリーターだからこそ優良企業を目指せる

フリーターということは、何かしらアルバイトをしているかと思います。

 

このように、働いている経験があれば、比較的簡単に正社員になることができます。

 

企業の多くは働く意欲のある者を求めています。

 

あなたが面接官なら、どちらを選ぶでしょうか?

  • 4年間アルバイトを続けている28歳フリーター
  • 2年間無職の25歳ニート

しっかり働いてくれそうなのは、4年間アルバイトを続けているフリーターです。

 

バイトだとしても、実績があれば就職に強いのです。

4. キャリアアップを真剣に考えられる

「ピンチはチャンス!」

 

こんな言葉がありますよね。

 

「このままだと自分の人生、絶望しか感じない…」

こう考えられる人だからこそ、将来について真剣に考えることができます

 

世の中、なんとなくで働いている人は多いです。例えば、私の友人に「昇進はしたくない、今のまま平社員が楽でいい」と言っている人がいます。このような人はいつまでも成長が見込めません。

 

今こそ、転職エージェントなどを利用し、しっかりキャリアプランを練りましょう。

【保存版】大きな差がつく求人サイトの使い方とは?

リクナビNEXTで希望の企業像を絞る

「どんな企業に就職したいですか?」

この質問に答えられないようなら、リクナビを使って興味ある業界の求人を片っ端から見ていきましょう。

「○○に貢献したい」「週休2日制は譲れない」などのように、具体的な希望を言えるようになって、初めて理想的な企業への就職が近づきます。

無知は罪なり!

>>リクナビNEXT<<

ミイダスで自分の市場価値を客観視する

仕事の経験が全くない人が大手企業の選考ばかり受けて、無事に就職できるでしょうか?答えはNoです。

このように、自分の市場価値が客観的に理解できてない人は、永遠に的外れな企業に応募し続けることになり、やがて就活意欲がそがれてしまいます。

ミイダスには200万人以上のデータ、7万人以上の転職事例があります。自分と似た立場の人を見つけ、客観的に自分の価値を判定してみましょう。

「どんな企業にチャレンジできるのか?」「どの程度の年収が見込めるのか」など、目安が分かります。

>>MIIDAS(ミイダス)<<

就職Shopで希望を伝え、求人を紹介してもらう

就職Shopは、リクナビでお馴染みの大手人材紹介会社「リクルートキャリア」による若者向け転職エージェントです。

18~29歳までしか利用できませんが、その分、若者を採用したがっている求人にアプローチすることが可能です。

すべての求人の企業が訪問取材済み、利用も完全無料。求人なくして就活は成り立たないので、まずはどんな求人があるのか紹介してもらいましょう。

>>就職Shop<<

第二新卒エージェントneoも並行して利用

第二新卒エージェントneoは、第二新卒以外にも、社会人経験のない既卒、フリーター、ニート、大学中退、高卒など、18~28歳の若者が利用可能です。

最大2時間の初回面談ではキャリアプランなどを練ってくれ、1人10時間の手厚いサポートで内定までをアシストしてくれます。

複数の人材紹介会社でサポートを受けることによって、多角的に求人を紹介してもらえ、可能性が広がり、より希望に近い求人を探すことができます。

納得のいく就職活動をするためにも、人材紹介会社は2~3社は利用するようにしましょう。

>>【第二新卒エージェントneo】<<

関東の求人に強いハタラクティブも利用する

もし関東で求人を探そうと考えているのなら、ハタラクティブも使ってみましょう。

ハタラクティブは関東周辺の求人を主に扱っています。逆に地方の求人は少ないので、利用が向いていない人もいます。

ニート、高卒の支援実績も多いので、自分にPRポイントがなく、自信がない人でも頼ることができます。

まずは気軽に、面談だけでもしてみましょう。

>>ハタラクティブ<<

 

1つの求人サイトだけで就職活動をすると、必ず偏りが出てきてしまいます。自分の将来のためにも、便利なサービスは複数利用していきましょう。

フリーター
Sponsored Link
転職のお兄さんをフォローする
就活ガッツ