未経験でもいける!20代のフリーターにおすすめの仕事・職種とは?

「フリーターでも難なくこなせる仕事は?」

「フリーターでもできる将来性の高い仕事は?」

「若いうちにどんな仕事をやっておいたほうがいいの?」

 

何年もアルバイトをしてきたフリーターでも、正社員になることへの不安を持っています。というのも、正社員はフリーターと違って、責任の重さや仕事内容の難しさが異なるからです。

 

だからこそ「フリーターにオススメの仕事は何?」と考えてしまいます。

 

そこで今回は、改めて職種を一覧にして、フリーターにおすすめの仕事・職種を考えていきたいと思います。職に悩んでいる人は参考にしてみてください。

Sponsored Link

自分が興味のある職種を選んでみよう

まずはフリーターどうこうより、自分が興味のある職種をいくつか選んでみましょう。

 

仕事の職種一覧
  • 営業職(どの業界にもある)
  • 企画・管理(商品企画やマーケティングなど。ある程度勤務経験のある人が就くことが多い)
  • 事務(アシスタント業務)
  • 販売(店舗販売や受付販売)
  • サービス(ホテルや運輸、コールセンター、講師、エンターテイメントなど)
  • 専門職(コンサルタント、弁護士・税理士など資格系)
  • 金融系専門職(トレーダーやファンドマネージャー、エコノミスト、監査など実力の世界)
  • 公務員(国家公務員、地方公務員など、試験に合格することで就職できる)
  • 技術職(設計、解析、整備士、建築系など)
  • IT系技術職(エンジニア、プログラマーなど)

 

現実的に考えると、特殊な経験・資格がなくてもできる営業職事務販売サービスの中から選ぶことになります。

 

また、企業によっては研修がしっかりしているところもあるので、そういった場合は技術職IT技術職で採用されることもあります。

営業職

営業にもB to C、B to Bがあります。個人のお客さんが相手か、企業(法人)が相手か、です。

 

商品、サービスも企業によってさまざま。

 

フリーターさんの中には「営業職はやりたくないなぁ」と考えている人もいるかもしれませんが、実はそんなに深刻に考えなくても大丈夫。B to Bであれば既存顧客がすでにあって、ルート営業をするだけのものもありますから。

 

「営業だから…」と敬遠するのはもったいない。その企業がどんな商品・サービスを売っているのかを見て、「この商品(サービス)をもっと社会に広めたい」と思えたなら、積極的に営業職にチャレンジしましょう。

事務職

事務職は女性が多い印象ですが、発注など管理系は男性も行っていたりします。

 

総合職ではなく、一般職で採用された場合、総合職よりも給与が少ないことがあります。

 

アシスタント系の仕事です。

販売

販売は、店舗販売や受付販売など。

 

携帯ショップの受付、店舗でのお客さんの対応など種類は多く、営業の役割を果たしていることも多いです。

サービス

旅行手配員やツアーコンダクター、美容師、美容関連(エステ、マッサージ)、宿泊施設の管理、運輸ドライバー、倉庫管理スタッフ、清掃、警備、監視、保守、コーディネーター、プランナーなどいろいろ。

 

ガンガン営業していくのが苦手な人は、サービス系の職種の中から、自分の強みを生かせる仕事を探し出すといいかもしれません。

 

もし求人を探すのなら、いくつかの求人を駆使して網羅的に探していったほうが、自分に合った仕事が見つかりやすいです。

求人探しならこちらフリーターが正社員になるための求人の探し方と使うべき就職サイト5選

場合によっては技術職も

通常、技術職は大学などで専門的に勉強をしていないと就職できません。設計やプログラミングは何年か勉強し、仕事で使えるレベルの知識がないとできませんから。

 

ただ、企業によっては研修を用意し、未経験でもOKなところがあります。専門知識を持っていると次回転職することがあった時により良い仕事にありつけるので、将来的なことを考えてこういった職種を選ぶのもいいでしょう。

 

日本はプログラミングができる人材が少ないのに、世界的に企業のIT化が急速に進んでいます。もし、プログラマーになりたいと思ったら、GEEK JOBのように、勉強しながら転職先が探せる求人サービスもあります。

フリーターにおすすめな仕事・職種まとめ

正社員を目指しているフリーターさんは、まずは営業職事務職販売サービスから探してみるといいと思います。また、技術職も未経験OKなら積極的に求人を探してみましょう。

 

そして、企業によって取り扱っているものが異なるので、自分が何に興味を持っているかを判断していきましょう。

【保存版】大きな差がつく求人サイトの使い方とは?

リクナビNEXTで希望の企業像を絞る

「どんな企業に就職したいですか?」

この質問に答えられないようなら、リクナビを使って興味ある業界の求人を片っ端から見ていきましょう。

「○○に貢献したい」「週休2日制は譲れない」などのように、具体的な希望を言えるようになって、初めて理想的な企業への就職が近づきます。

無知は罪なり!

>>リクナビNEXT<<

ミイダスで自分の市場価値を客観視する

仕事の経験が全くない人が大手企業の選考ばかり受けて、無事に就職できるでしょうか?答えはNoです。

このように、自分の市場価値が客観的に理解できてない人は、永遠に的外れな企業に応募し続けることになり、やがて就活意欲がそがれてしまいます。

ミイダスには200万人以上のデータ、7万人以上の転職事例があります。自分と似た立場の人を見つけ、客観的に自分の価値を判定してみましょう。

「どんな企業にチャレンジできるのか?」「どの程度の年収が見込めるのか」など、目安が分かります。

>>MIIDAS(ミイダス)<<

就職Shopで希望を伝え、求人を紹介してもらう

就職Shopは、リクナビでお馴染みの大手人材紹介会社「リクルートキャリア」による若者向け転職エージェントです。

18~29歳までしか利用できませんが、その分、若者を採用したがっている求人にアプローチすることが可能です。

すべての求人の企業が訪問取材済み、利用も完全無料。求人なくして就活は成り立たないので、まずはどんな求人があるのか紹介してもらいましょう。

>>就職Shop<<

第二新卒エージェントneoも並行して利用

第二新卒エージェントneoは、第二新卒以外にも、社会人経験のない既卒、フリーター、ニート、大学中退、高卒など、18~28歳の若者が利用可能です。

最大2時間の初回面談ではキャリアプランなどを練ってくれ、1人10時間の手厚いサポートで内定までをアシストしてくれます。

複数の人材紹介会社でサポートを受けることによって、多角的に求人を紹介してもらえ、可能性が広がり、より希望に近い求人を探すことができます。

納得のいく就職活動をするためにも、人材紹介会社は2~3社は利用するようにしましょう。

>>【第二新卒エージェントneo】<<

関東の求人に強いハタラクティブも利用する

もし関東で求人を探そうと考えているのなら、ハタラクティブも使ってみましょう。

ハタラクティブは関東周辺の求人を主に扱っています。逆に地方の求人は少ないので、利用が向いていない人もいます。

ニート、高卒の支援実績も多いので、自分にPRポイントがなく、自信がない人でも頼ることができます。

まずは気軽に、面談だけでもしてみましょう。

>>ハタラクティブ<<

 

1つの求人サイトだけで就職活動をすると、必ず偏りが出てきてしまいます。自分の将来のためにも、便利なサービスは複数利用していきましょう。

フリーター
Sponsored Link
転職のお兄さんをフォローする
就活ガッツ