空白期間があるフリーターは無事に就職できるのか?

「空白期間は就活に不利だ!」

「ブランクがあると転職できない」

 

巷では、こういったことがよく言われています。

 

確かに、多くの面接官は空白期間を嫌います。なぜなら、働いていない期間が長い人ほど働く意欲がないと判断せざるを得ないからです。

 

もし、あなたが面接官で、以下の2人のうちどちらかを採用するなら、どちらを選びますか?

 

  • 8年間コンビニでアルバイトを続けている29歳フリーター
  • 以前はコンビニで働いていたが、3年間ブランクのある26歳フリーター

 

できれば年齢の若い人を採用したいところですが、8年間コンビニを続けている29歳フリーターのほうが働く意欲があり、積極的に働いてくれそうな印象を受けます。

 

じゃあブランクのあるフリーターは就職できないのか…

 

いいえ、そんなことはありません。ブランクがあるなら、その不利な状況をカバーできるだけの対策を行えばいいのです。例えば、「空白期間のある理由を前向きな内容にする」など、簡単な方法で大きな効果を得ることができます。

 

そこで今回は、空白期間に悩んでいるフリーターさんでも、有利に就職活動を進められる方法を紹介していきたいと思います。小技や便利なサービスも紹介していくので、これを読んで理想の正社員を目指していきましょう。

Sponsored Link

空白期間は履歴書でバレる

企業のほとんどの選考では、事前に書類を提出します。それは例えば、履歴書や職務経歴書、エントリーシートなどです。

 

こういったものは正直に書く必要があるため、見れば一目瞭然であなたの経歴がバレてしまいます。

 

だから、もし空白期間があるのなら、しっかり面接対策をしなければなりません。

面接でブランクについて聞かれたら?

面接では、絶対にブランクについて聞かれます。僕も転職活動をしていた頃は、どの企業からも必ず聞かれていました。

 

ですが、話す内容を「前向き」なものにしていたため、難なく乗り越えることができていました。

 

例えばこうです。

 

回答例:

「私がこの期間に働いていなかったのは、自分が何のために仕事をするのか意味を見いだせなかったからです。しかし、以前ニュースで○○ような仕事が○○に貢献しているのを知り、○○について興味を持つようになりました。それから○○について勉強していくにつれ、○○ということを知りました。こうした経験が、○○が出来る仕事を志すきっかけとなりました

 

コツは、ネガティブな内容を最小限に抑えること

 

空白期間の説明は簡単に終わらせるべきです。なぜなら、こういった後ろ向きでネガティブな内容は人を不快にさせるからです。また、ネガティブな話はすればするほど、あなたの人格もネガティブなものだと判断されやすくなってしまいます。

 

だから途中から「しかし」を用いて、働く意欲を前面に押し出していきます。

 

僕はこの手法を使うことで、面接の通過率が格段に上がりました。

嘘をついて墓穴を掘らないために

集団面接でこんな人がいました。

 

「この空白期間で資格の勉強をしていました!」

 

勉強をするのはいいことですが、なんとこの方は資格の勉強をしていただけであって、資格は取得していませんでした。要するに結果が出ていなかったのです。

 

空白期間に何か全力で取り組んでいることがあって、実際に成果が出ていれば、それをアピールしてもいいでしょう。

 

しかし、具体的な成果も出ていないのに「頑張っていた!」とアピールしても逆効果です。結局この人は面接官から鋭く突っ込まれ、評価を大きく下げていました。

 

「空白期間で何か努力していればいいだろう」のように安易に考えてはいけません。中途半端な発言は、かえって自分の首を絞めることになります。注意しましょう。

空白期間についてアドバイスをもらう

空白期間に不安があるなら、就活サイトを利用し、積極的にアドバイスをもらいましょう。

 

フリーターが正社員になるための求人の探し方と使うべき就職サイト5選』のページで紹介しているサービスを利用すれば、アドバイザーが一緒にアピールポイントについて考えてくれたり空白期間について助言してくれます模擬面接なども実施してくれるので、不安を解消した状態で、自信を持って面接に臨めます。

 

僕が以前、次の就職先に困った時も、アドバイザーが自分の要望に沿った正社員求人を探してくれ、非常に助かった経験があります。

 

1人でも積極的に選考にチャレンジしていける人はいいですが、少しでも不安があるなら就活サイトを利用して、サポートしてもらいましょう。

フリーターが正社員になるための求人の探し方と使うべき就職サイト5選

【保存版】大きな差がつく求人サイトの使い方とは?

リクナビNEXTで希望の企業像を絞る

「どんな企業に就職したいですか?」

この質問に答えられないようなら、リクナビを使って興味ある業界の求人を片っ端から見ていきましょう。

「○○に貢献したい」「週休2日制は譲れない」などのように、具体的な希望を言えるようになって、初めて理想的な企業への就職が近づきます。

無知は罪なり!

>>リクナビNEXT<<

ミイダスで自分の市場価値を客観視する

仕事の経験が全くない人が大手企業の選考ばかり受けて、無事に就職できるでしょうか?答えはNoです。

このように、自分の市場価値が客観的に理解できてない人は、永遠に的外れな企業に応募し続けることになり、やがて就活意欲がそがれてしまいます。

ミイダスには200万人以上のデータ、7万人以上の転職事例があります。自分と似た立場の人を見つけ、客観的に自分の価値を判定してみましょう。

「どんな企業にチャレンジできるのか?」「どの程度の年収が見込めるのか」など、目安が分かります。

>>MIIDAS(ミイダス)<<

就職Shopで希望を伝え、求人を紹介してもらう

就職Shopは、リクナビでお馴染みの大手人材紹介会社「リクルートキャリア」による若者向け転職エージェントです。

18~29歳までしか利用できませんが、その分、若者を採用したがっている求人にアプローチすることが可能です。

すべての求人の企業が訪問取材済み、利用も完全無料。求人なくして就活は成り立たないので、まずはどんな求人があるのか紹介してもらいましょう。

>>就職Shop<<

第二新卒エージェントneoも並行して利用

第二新卒エージェントneoは、第二新卒以外にも、社会人経験のない既卒、フリーター、ニート、大学中退、高卒など、18~28歳の若者が利用可能です。

最大2時間の初回面談ではキャリアプランなどを練ってくれ、1人10時間の手厚いサポートで内定までをアシストしてくれます。

複数の人材紹介会社でサポートを受けることによって、多角的に求人を紹介してもらえ、可能性が広がり、より希望に近い求人を探すことができます。

納得のいく就職活動をするためにも、人材紹介会社は2~3社は利用するようにしましょう。

>>【第二新卒エージェントneo】<<

関東の求人に強いハタラクティブも利用する

もし関東で求人を探そうと考えているのなら、ハタラクティブも使ってみましょう。

ハタラクティブは関東周辺の求人を主に扱っています。逆に地方の求人は少ないので、利用が向いていない人もいます。

ニート、高卒の支援実績も多いので、自分にPRポイントがなく、自信がない人でも頼ることができます。

まずは気軽に、面談だけでもしてみましょう。

>>ハタラクティブ<<

 

1つの求人サイトだけで就職活動をすると、必ず偏りが出てきてしまいます。自分の将来のためにも、便利なサービスは複数利用していきましょう。

フリーター
Sponsored Link
転職のお兄さんをフォローする
就活ガッツ