36歳男性|DODAで派遣アルバイトから建築土木現場管理職へ転職

派遣アルバイトは保険等の保障が全くなく、肉体労働ばかりだったので、年を取るにつれて疲れが溜まる状態になってきました。そこで、少なくとも保障と休日のある職業へ就くことを考え、アルバイトから正社員になるために就職活動を開始しました。

Sponsored Link

DODAを使った理由

DODAを利用した理由は、案件の紹介はしてくれるけど、電話等積極性がなく、余計な時間を取られずに自由な時間に自分で案件を探すことができたためです。年齢も年齢なので、転職は失敗したくありませんでしたし、自分でしっかり見定めて転職先を決めたいと思っていました。

 

転職先が決まるまでの期間は2週間ほどで、その間に3社受けました。

 

そして、派遣アルバイトから建築土木現場管理職へ転職することが出来ました。

DODAのメリット

DODAを使っていて良かったことは、先程も行った通り、電話等無駄な時間を取られることがなかったことです。他にも、案件紹介を新着でメールで知らせてくれますし、隙間時間で紹介ページを確認でき、自分の探している案件を探すことができました。

 

勧誘などの電話でのやり取りがなく、追われる感覚がなく、ゆとりある就活ができました。

DODAのデメリット

特に大きなデメリットを感じたことはありませんが、強いて言うなら、私が希望する条件に関連する案件でも、新着があるとメールで送られてくるので、くどいなと思うことがありました。

 

また、DODAには切迫感がないので、気を引き締めて就活をしないとだらだらと転職活動期間が伸びてしまう可能性があります。自主性が大切です。

転職を成功させるコツは?

今までに取得した資格を有効に使える案件を選びました。そのほうが、スムーズに転職先に受け入れてもらえると思っていましたし、仕事をするにも、全く無知なものを始めるよりは、ある程度知識のある仕事をしたほうが活躍できると思いました。

 

それと、自分が選考を受ける企業については、ブラック企業ではないか事前に会社事情の口コミサイトを閲覧していました。

⇒『10万件の企業口コミ。キャリコネ転職サービス

転職できた感想

これまではその日を生きるために派遣アルバイトをしていた感じでしたが、定職に就いたことで安定した収入で生活できるようになりました。実は今でも借金を抱えているのですが、返済できるだけは月稼ぐことができています。

 

また、将来のことを考える時間・余裕ができるようになってきました。良いのか悪いのか分かりませんが、毎日同じサイクルで職場と家と行き来するだけの生活になりました。

 

【吉田犬助の一言コラム】

派遣アルバイトは本当に大変だと思います。私も公務員を辞めてから、少しの間派遣アルバイト(ランスタッド)に登録してやっていました。

 

最も大変だったのは、イベント会場の撤去作業。複数人でテントを支えながら撤去していったり、パイプ椅子・机・丸太などをひたすら運んでいきます。どんどん疲労が溜まってくると、握力などが衰えて重いものを運ぶのが困難になっていきます。こうした力作業はずっと続けるのは難しいものがあるでしょう。

 

ただ、この方は資格を持っていたこともあり、施工管理の職にたった2週間で就くことが出来ています。私が転職をした時はアドバイザーに「早い人で3週間程度で転職先が決まるよ」と言われていましたから、相当早いことが分かります。優秀です。

 

また、転職先を決める時も適当に決めるのではなく、口コミサイトを活用しながらでしたので、自分1人でも十分、優良企業を見つける力があったようですね。

 

このように、転職に有利な資格を持っていて、転職先を自分で見つける力のある人は、DODAのような求人数の多い転職サイトは向いているのだなと感じました。

【保存版】大きな差がつく求人サイトの使い方とは?

リクナビNEXTで希望の企業像を絞る

「どんな企業に就職したいですか?」

この質問に答えられないようなら、リクナビを使って興味ある業界の求人を片っ端から見ていきましょう。

「○○に貢献したい」「週休2日制は譲れない」などのように、具体的な希望を言えるようになって、初めて理想的な企業への就職が近づきます。

無知は罪なり!

>>リクナビNEXT<<

ミイダスで自分の市場価値を客観視する

仕事の経験が全くない人が大手企業の選考ばかり受けて、無事に就職できるでしょうか?答えはNoです。

このように、自分の市場価値が客観的に理解できてない人は、永遠に的外れな企業に応募し続けることになり、やがて就活意欲がそがれてしまいます。

ミイダスには200万人以上のデータ、7万人以上の転職事例があります。自分と似た立場の人を見つけ、客観的に自分の価値を判定してみましょう。

「どんな企業にチャレンジできるのか?」「どの程度の年収が見込めるのか」など、目安が分かります。

>>MIIDAS(ミイダス)<<

就職Shopで希望を伝え、求人を紹介してもらう

就職Shopは、リクナビでお馴染みの大手人材紹介会社「リクルートキャリア」による若者向け転職エージェントです。

18~29歳までしか利用できませんが、その分、若者を採用したがっている求人にアプローチすることが可能です。

すべての求人の企業が訪問取材済み、利用も完全無料。求人なくして就活は成り立たないので、まずはどんな求人があるのか紹介してもらいましょう。

>>就職Shop<<

第二新卒エージェントneoも並行して利用

第二新卒エージェントneoは、第二新卒以外にも、社会人経験のない既卒、フリーター、ニート、大学中退、高卒など、18~28歳の若者が利用可能です。

最大2時間の初回面談ではキャリアプランなどを練ってくれ、1人10時間の手厚いサポートで内定までをアシストしてくれます。

複数の人材紹介会社でサポートを受けることによって、多角的に求人を紹介してもらえ、可能性が広がり、より希望に近い求人を探すことができます。

納得のいく就職活動をするためにも、人材紹介会社は2~3社は利用するようにしましょう。

>>【第二新卒エージェントneo】<<

関東の求人に強いハタラクティブも利用する

もし関東で求人を探そうと考えているのなら、ハタラクティブも使ってみましょう。

ハタラクティブは関東周辺の求人を主に扱っています。逆に地方の求人は少ないので、利用が向いていない人もいます。

ニート、高卒の支援実績も多いので、自分にPRポイントがなく、自信がない人でも頼ることができます。

まずは気軽に、面談だけでもしてみましょう。

>>ハタラクティブ<<

 

1つの求人サイトだけで就職活動をすると、必ず偏りが出てきてしまいます。自分の将来のためにも、便利なサービスは複数利用していきましょう。

転職の体験談DODA
Sponsored Link
転職のお兄さんをフォローする
就活ガッツ