既卒が優良中小企業の求人を見つけて採用される方法

既卒でも優良中小企業に就職することは可能です。なぜなら、職歴に傷がついた第二新卒の私でさえも、転職することが出来たからです。

 

しかもその転職先というのは、私の第一志望の会社であり、また、誰もが知っている大手の子会社です。

 

そこで今回は、私の経験を交えながら、既卒でも優良中小企業に就職できる方法や注意点について紹介していきます。

Sponsored Link

優良中小企業の求人に出会うまでの経緯

詳しくは『プロフィール』に書いてありますが、私は新卒で公務員になった後、たった4ヶ月で辞めています。4ヶ月では十分な社会人経験を積んだとは判断されませんので、いわゆる職歴に傷がついた状態です。

 

とはいっても、このまま無職を続けるわけにもいかなかったので、民間企業への転職を決めてからは、リクナビNEXTに登録してどんな求人があるのか確認したり、ハローワークに行ってみたりしていました。

 

ですが、なかなか第二新卒や既卒を受け入れてくれる求人は見当たりませんでした。大抵の企業は社会人経験が3年以上の人材や、新卒、即戦力になるような資格所有者を欲しています。実際リクナビNEXTで気になる企業に応募をした時も、1ヶ月後に返ってきた答えは「ノー」でした。この時は選考にすら進めないことに絶望を味わいました。

 

そして、「中型・大型免許の資格でも取ってトラックの運転手を目指そうかな…」と思っていた頃、たまたまインターネットで見つけたのが「就職Shop」という既卒・第二新卒向けの人材紹介会社でした。

既卒が優良中小企業に採用されるために

就職Shop」を使ってみて分かったことですが、驚くことに世の中には既卒や第二新卒を積極的に採用したいと思っている企業があるのです。それも、ブラック企業ではなくて優良中小企業が、です。

 

なぜなら、中小企業は新卒を採用することが出来ずに慢性的な人材不足に陥っているからです。

 

新卒はいくつもの企業の選考を受けますが、その中には中小企業も含まれます。しかし、いくら優良な中小企業だとしても、新卒のほとんどが大手志望であるために、たとえ内定を渡しても後から内定辞退されてしまうケースが多いのです。

 

そのため、人手不足の中小企業は新卒よりも、既卒や第二新卒のようなすぐに入社できる人材を好む傾向にあります。

 

実際、私が『20代の若者向け求人サイト』にあるような人材紹介会社を利用した時も、創業70年を超える会社の求人や、従業員は200人未満でも全国展開している会社の求人がいくつもありました。

 

こうした経験から、既卒が就職活動をするのであれば、既卒向けの求人情報をたくさん持っている人材紹介会社に頼るのが一番いいと思っています。

優良中小企業を探す時の注意点

より良い求人を探すために気を付けてほしいことがあります。それは、求人の文面だけで判断をしないことです。

 

これはどこの求人にも言えることですが、ハローワークの求人も人材紹介会社の求人も基本的に悪いことは書いてありません。例えば、怒号が飛び交うような職場であれば「元気な職場」「活気のある職場」と書きます。何事もポジティブに変換されています。

 

なので、求人を判断する時は文面のほかに、実際に人材紹介会社の専属アドバイザーさんに社風や社員の雰囲気を質問してみてください。

 

私の場合は、専属アドバイザーさんから「落ち着いた社員が多かったよ」と聞いて、選考を受けることを決めたこともありました。

 

会社というのは仕事のほかに人間関係も重要な要素なので、こうしたリサーチは大事だと感じています。是非、積極的に質問するように心掛けてください。

まとめ

既卒は就職が厳しいと思われがちですが、見方を変えれば案外就職しやすかったりします。

 

大切なことは、“既卒”という人材を求めている会社と多く出会うことと、質問による積極的なリサーチです。

 

これらのテクニックを活用して、少しでも働きやすい職場を見つけられるようにしましょう。

【保存版】大きな差がつく求人サイトの使い方とは?

リクナビNEXTで希望の企業像を絞る

「どんな企業に就職したいですか?」

この質問に答えられないようなら、リクナビを使って興味ある業界の求人を片っ端から見ていきましょう。

「○○に貢献したい」「週休2日制は譲れない」などのように、具体的な希望を言えるようになって、初めて理想的な企業への就職が近づきます。

無知は罪なり!

>>リクナビNEXT<<

ミイダスで自分の市場価値を客観視する

仕事の経験が全くない人が大手企業の選考ばかり受けて、無事に就職できるでしょうか?答えはNoです。

このように、自分の市場価値が客観的に理解できてない人は、永遠に的外れな企業に応募し続けることになり、やがて就活意欲がそがれてしまいます。

ミイダスには200万人以上のデータ、7万人以上の転職事例があります。自分と似た立場の人を見つけ、客観的に自分の価値を判定してみましょう。

「どんな企業にチャレンジできるのか?」「どの程度の年収が見込めるのか」など、目安が分かります。

>>MIIDAS(ミイダス)<<

就職Shopで希望を伝え、求人を紹介してもらう

就職Shopは、リクナビでお馴染みの大手人材紹介会社「リクルートキャリア」による若者向け転職エージェントです。

18~29歳までしか利用できませんが、その分、若者を採用したがっている求人にアプローチすることが可能です。

すべての求人の企業が訪問取材済み、利用も完全無料。求人なくして就活は成り立たないので、まずはどんな求人があるのか紹介してもらいましょう。

>>就職Shop<<

第二新卒エージェントneoも並行して利用

第二新卒エージェントneoは、第二新卒以外にも、社会人経験のない既卒、フリーター、ニート、大学中退、高卒など、18~28歳の若者が利用可能です。

最大2時間の初回面談ではキャリアプランなどを練ってくれ、1人10時間の手厚いサポートで内定までをアシストしてくれます。

複数の人材紹介会社でサポートを受けることによって、多角的に求人を紹介してもらえ、可能性が広がり、より希望に近い求人を探すことができます。

納得のいく就職活動をするためにも、人材紹介会社は2~3社は利用するようにしましょう。

>>【第二新卒エージェントneo】<<

関東の求人に強いハタラクティブも利用する

もし関東で求人を探そうと考えているのなら、ハタラクティブも使ってみましょう。

ハタラクティブは関東周辺の求人を主に扱っています。逆に地方の求人は少ないので、利用が向いていない人もいます。

ニート、高卒の支援実績も多いので、自分にPRポイントがなく、自信がない人でも頼ることができます。

まずは気軽に、面談だけでもしてみましょう。

>>ハタラクティブ<<

 

1つの求人サイトだけで就職活動をすると、必ず偏りが出てきてしまいます。自分の将来のためにも、便利なサービスは複数利用していきましょう。

既卒
Sponsored Link
転職のお兄さんをフォローする
就活ガッツ